2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFA Cup 決勝T1回戦 Anderlecht - Bordeaux

Anderlecht 2 - 1 Bordeaux
負けました。
主力を温存している上にアウェーでこのスコアなら決して悪くはありませんが、ちょっと嫌な負け方です。(ハイライトしか見てません)
後半ロスタイムの失点というのはあまりなかったんですけどね。
あぁぁディアワラ・・・テレビで”大失態”なんて言われてますよ!!!

ローラン・ブラン
“試合展開をみると、最後の数分間で集中力が切れたことが残念だ。同点にされ、さらに勝ち越されてしまった。これは後悔すべきことだ。でもまだ負けたわけではない、2試合で多くゴールを奪えば勝ちなんだ。次戦のホームでいい試合ができることを望んでいる。
今日の試合の前半はまったくだめだった。ハーフタイムに選手達にハッパをかけたので後半は少しよくなった。強さにおいてかなりのクオリティーを持つ相手にフィジカル的に圧倒されていた。アンデルレヒトを過小評価していたわけではない”

アリエル・ヤコブ(アンデルレヒト監督)
“満足しているし誇りには思うが、勝利に酔いしれてはいない。これでやっと五分五分だ。不当な失点の後、われわれはすばらしい精神力を発揮した。とても疑わしいPKで多少混乱したが、徹底抗戦主義で戻って来れた。うちのDF(Juhaz)はボールに向かってタックルしている・・・主審は多くの間違った判断をした。我々にあたえられるべきPKはとらなかったし、おかしな笛がたくさんあった。疑問を抱いている。”

相手の監督さんのコメント、なんか女々しいですね。
第2戦は来週の木曜日です。ディアラが出場停止になってしまったのでさらに苦しい布陣で望むことになりそうですが、3-0くらいで蹴散らして欲しいです。
Allez Bordeaux!!!

Anderlecht 2 - 1 Bordeaux

Les buts;
0-1: Jussie (68e, pen)
1-1: Polak (79e)
2-1: Mpenza (94e)

Titulaire;
Rame - Charme, Diawara, Henrique, Jurietti - Alonso, Ducasse, Diarra, Obertan - Chamakh, Jussie

Remplacements;
60e: Chamakh→Cavenaghi
61e: Alonso→Wendel
81e: Jussie→Micoud





ところで今日はバレンタインですね。
こちらでは男性が女性に花を買ってあげるみたいです。
「郷に入っては郷に従え」ってことで花を買いましたが、おじさんもおじいさんも花を買いに来てましたよ。

UEFA Cup GL第5節 パニオニオス・アテネ vs ボルドー

Panionios Athene 2 - 3 Bordeaux


将来のボルドーを担ってくれるであろう若手がたくさん出場した試合だったのですが、残念ながらみていません。ハイライトだけです。
試合のほうは0-2からの劇的な逆転勝利だったのですが、嬉しいことにカベナギが全得点に絡みました。
1点目のシュートも2点目のトレムリナスとのワンツーも見事です。

心配なことに"お父さん"ことジェマリが前半20分にふくらはぎの負傷で退場しました。
担架に乗ったジェマリが頭を抱えていたのをみると、どうやら軽傷ではなさそうな雰囲気です。
アキレス腱の怪我から復帰したばかりだったのに・・・残念です。

これでグループリーグ4戦全勝の快挙です。
21日の組み合わせ抽選が楽しみですね。
Allez Bordeaux!!


Panionios Athene 2 - 3 FC Girondins de Bordeaux

Les buts;
1-0: Djebbour (7e, pen)
2-0: Makos (20e)
2-1: Cavenaghi (40e)
2-2: Tremoulinas (75e)
2-3: Moinbe (87e)

Titulaires;
Valverde - Bregerie, Jemmali(Cap), Ecuele-Manga, Marange - Obertan, Ducasse, Lavie, Tremoulinas - Jussie, Cavenaghi

Remplacements;
19e: Jemmali→Traore
58e: Jussie→Perea
82e: Tremoulinas→Moinbe

UEFA Cup GL第2節 オーストリア・ウィーン vs ボルドー



得意の逆転勝ち!
というより不用意に点を与えているだけなのかもしれません。
また前半早々にセットプレーから失点しましたが、相手の枠内シュートはこれだけでした。
相手は現在オーストリアリーグでトップを走っているチームですが、試合は終始ボルドーペースだったようです。
(今回も経過はラジオで確認してました。)

ボルドーの得点はミクーの絶妙なパスから今季好調のシャマクが胸でワントラップしてシュート。
そして試合終了間際にヴェンデルがPKを得て、これを自ら決め逆転。
これでグループリーグ2連勝、勝ち抜けはほぼ確定でしょう。
ちなみにミクーはこの試合、英語でいうところの"beautiful job"だったそうです。

気になるのはスタメン、4-2-3-1でシャマクの1トップ、ミクーのトップ下です。
期待していたカベナギは出場機会なし。
これで日曜日のレンヌ戦でスタメン外れるようだと・・・心配です。
Rame - Charme, Diawara, Planus, Tremoulinas - Ducasse, Fernando - Obertan, Micoud, Wendel - Chamakh

Austria Vienne 1 - 2 FC Girondins de Bordeaux

Les Buts
1-0; Kuljic (5e)
1-1; Chamakh (45e)
1-2; Wendel (88e, sp)

Remplacement
76e: Obertan→Bellion

UEFA Cup 1回戦突破

Bordeaux 1 - 1 Tampere


Bordeaux 1-1 tampere


タンペレ戦 ホーム

46' プラニュス→ディアワラ
67' ディアラ→ミクー
75' カベナギ→アロンソ

若手中心で望んだタンペレ戦ですが、ミスが多くブラン監督を満足させる内容ではなかったようです。
まあそれでも1回戦勝ち抜けが決まったわけだし、よしとしましょう。
シャマクのゴールもなかなかでしたが、今回もオベルタンは活躍したようです。
得点には絡みませんでしたが、相手監督をして"驚くべき選手"と言わしめました。

さて、日曜日はいよいよリヨン戦です。
タンペレ戦でベンチ入りしなかった6人、途中出場のミクー、ディアワラ、そしてプラニュス、ディアラでスタメンはほぼ決まりでしょうか。
前節のPSG戦と同じ布陣で望むことになりそうです。

PSG戦アウェースタメン


ホームでのミクートップ下は今季初です。
徐々に調子を上げていますし、やってくれるでしょう!
バックスタンドのチケットがとれたので気合い入れて応援してきます!

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。