2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま!

ただいま!
ボルドーに帰ってきました。

両親を車でフランスの田舎を引きずり回し、
ロカマドゥール


親をパリ行きのTGVに乗せた後はチュニジアに行ってました。
チュニジア1



さて、先々週の金曜日ボルドー空港に両親を迎えに行った時に話はさかのぼります。
荷物だけパリに取り残されるというトラブルに見舞われ、次の便を待っていた時のこと。
突然ヨメが「あのお兄さんカベナギに似てる!」と言い出しました。
確かにそのご家族ご一行様はスペイン語を話してはいましたがカベナギにしては顔の線が細いし、だいたい誰も騒いでない、ということでとりあえず却下。

ちなみにそのお兄さんはサンダルに白の短パン、紫のTシャツというラフな格好。
ちょっと気になるので足元を見てみると、
筋肉で盛上ったふくらはぎ、足の毛は処理してあって左足首にはミサンガ・・・もしかしてサッカー選手?
さらによく見ると(見すぎじゃー)、右前腕と右足にタトゥーがあります。

管理人「右手に十字架の入れ墨って?」
ヨメッコ「うん。写真で見たことある。」
管理人「何?今となりのお兄さんの話してんだけど・・」
ヨメッコ「えっ!!!!それって・・・やっぱりカベナギじゃーん!!!

まだ荷物が出てこないと心配する両親を完全に無視してもう大騒ぎです。
家族とのプライベートな団欒中(カベナギは迎えにきてたのかな?)だったし、もしかしてカベナギじゃないかも、と結局声はかけずじまいでした。
帰って写真を確認するとやっぱりありました・・・右手に十字架のタトゥー。
「(声をかけなかったので)一生後悔するかも。」とかいいながら、カベナギの大ファンになってしまいました。←かなり単純
スポンサーサイト

コメント

お久し振りで~す。
凄い、カベナギに空港で会ったなんて羨ましいですね~♪
自分なら必ず声かけてましたね(笑)

おかえりなさい。

あー、そういう気持ちってありますよねー。
私なんかサインもらっただけで惚れますしw
でもそういうプライベートで、しかも本人かどうかの確証がない場合って
何て声かけたらいいんでしょう?私だったら・・・

『サ、サ、サッカー選手ですか?』・・・・・・爆!


お帰りなさい

写真どちらも素敵ですね。2枚目の海、綺麗です・・・うらやましい
しかも空港でカベナギと遭遇するとは

>El Toritoさん
やっぱり声かけときゃよかったかなーー。
ちなみにカベナギは週末のモナコ戦でベンチ入り濃厚だそうです。
楽しみですね。

>まいさん
声かけてたとしたら
「カ、カ、カベナギさんですか?」・・・笑!

とてもリラックスして柔らかい表情してて、逆に声かけづらかったです。

>rockyさん
旅行するなら地中海沿いがおすすめです。
さすがにチュニジアはちょっとマニアックですが・・・。
海はきれいだし、メシもトマトとオリーブオイルが基本でうまいです。
チュニジア料理もだいたいトマト、オリーブオイル、香辛料で何食べてもおいしかったですよ。

>kenさん
声かけるべきでしたよ~(笑)
カベナギはリザーブで2ゴール決めたようですし、コンディションも良さそうですね。
カベナギ自身もコンディションは良いと発言していますし♪

自分は、8月半ばには復帰することを期待していたのですが、やはり長いシーズンを
考えるとゆっくり治す事がベストですね。UEFA杯もありますし

>El Toriroさん
おお、カベナギそんなに状態がいいんですか!!
今シーズンデビューが待ち遠しいですね。
次節、モナコ戦で是非見たい!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/76-5b737b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。