2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヴィッチ、5年契約!

savic

サヴィッチの獲得が正式に決まりました。5年契約で移籍金は推定100万ユーロです。
有望な若手選手の獲得にはいつもわくわくしますね。
ところでこの日(昨日)はツール・ド・フランスのゴールがボルドーだったので盛り上がったでしょうね。トム・クルーズやキャメロン・ディアスも来てたみたいです。彼も堪能したでしょうか?

では公式HP上に掲載されたインタビューをどうぞ。



トリオー会長:本日ボルドーと5年契約を結んだ選手をみなさんに紹介します。彼の名はヴジャディン・サヴィッチといいます。フットボールが好きな方はサヴィッチという名に聞き覚えがあるのではないでしょうか。我々と共にいる彼のパパは通訳もしてくれています。彼はレッドスター・ベルグラードで400試合以上プレーし、フランスではリールとカンヌで6シーズンを過ごしました。今日我々の仲間になった彼の息子はポリバレントなDFでいくつかのポジションをこなすことが出来ます。セルビアのすべての年代の代表に選ばれ、レッドスター・ベルグラードではトップチームで活躍しています。彼はずっと”チーム・ティガナ”にフォローされていました。本日こうやって紹介できることを光栄に思います。そして質問にお答えします。

Girondins.com:どうしてボルドーを選んだのですか?そしてあなたの希望は?

サヴィッチ:興味を示してくれたクラブはいくつかありました。特にマンチェスター・シティとニューキャッスルです。この冬にはニューキャッスルに招待されて3日間練習に参加しました。でもジロンダン・ド・ボルドーを選びました。フランスのフットボールをレスペクトしているからです。ボルドーというチームの価値や歴史を知っています。そしてジャン・ティガナも尊敬しています。彼は僕に自信を与えてくれました。フランスリーグで自分の能力を証明できることを願っています。

Girondins.com:ジャン、あなたをひきつけた彼の能力は何でしょう?

ジャン・ティガナ:私のチーム作りの特徴は、若い選手を獲得してチャンスを与えることです。彼は身長が194cmあり空中戦にはめっぽう強く、かなりの伸びしろがある素晴らしいディフェンダーです。私が彼をとても高いレベルまで連れて行ってあげられればいいと思っています。能力を持った若い選手達を出場させることはボルドーの将来にとって非常に重要なことです。彼はユース代表では常にキャプテンでしたし、レッドスター・ベルグラードの最後の試合でもキャプテンでした。彼はすぐにチームに溶け込めるということを証明しています。彼のポテンシャルを証明するためにも彼にはチャンスを与えます。

Girondins.com:身体はどのくらい出来ていますか?

サヴィッチ:6月21日に練習を再開しました。太腿の打撲で数日間休みましたが、今からパリ・トーナメント、リーグ再開時には十分な準備が出来ていると思います。

Girondins.com:明日のプレシーズンマッチでデビューさせますか?

ジャン・ティガナ:まだ来たばかりだからスタメンでは起用しません。長時間の移動であまり寝ていないようです。彼の体調にもよりますが、恐らく後半30分程度プレーさせるつもりです。パリ・トーナメントでもプレーするでしょう。

Girondins.com:サヴィッチの特性は?

ジャン・ティガナ:サイドバックよりもセンターバックの選手ですが、両方のポストをこなすことが出来ます。昨シーズン引退した選手の代わりの選手です。

トリオー会長:フランク・ジュリエッティ。名前を言うのもなんですが…

Girondins.com:最初の数試合、怪我人などでDF陣のやりくりが大変ですが、彼のデビューが予想されますか?

ジャン・ティガナ:そうですね。まだ15日間一緒に練習する時間がある。できるだけ早く彼には来て欲しかったんだ。

Girondins.com:どのくらい前から彼に目をつけていたのですか?

ジャン・ティガナ:結構前ですよ。(笑)

トリオー会長:彼のスカウト担当、リシャール・ベットーニがみつけました。彼はティガナのために良く働く人物で、特に若手を発掘してティガナに情報をもたらしてきました。

ジャン・ティガナ:彼はここでプラシルに再会しました。プラシルをモナコに連れてきましたが、それから会っていませんでした。彼はリーセ、ルイ・サアなど多くの若手をリクルートしてきた人物です。

Girondins.com:言葉の面では、サヴィッチはフランス語を全く話さないようですが…

ジャン・ティガナ:すぐに上達しますよ。彼の父が教えてくれるでしょう。息子と父の唯一の違いは、父がたくさんのゴールを決めてきたことに対して、息子はたくさんのゴールを防ぐためにすべてのことをしてくれることでしょう。

トリオー会長:言語のオリジンが一緒のセルティッチが助けてくれるでしょう。セルビア語も少し分かるようですし、通訳をしてくれると思います。

Girondins.com:サヴィッチはフランス国籍も持っているのですね。

トリオー会長:それも彼の特徴の一つで、彼はフランスの国籍も持っている。彼はベルグラード生まれですが、両親ともフランス国籍を持っていて彼も同様にフランス人です。

Girondins.com:個人的な最初の目標は何ですか?

サヴィッチ:まずハードワークすること、そしてレギュラーの座を掴むことです。レッドスター・ベルグラードには12年間いましたが、その間常にタイトル争いをしてきました。このことはジロンダン・ド・ボルドーにも通じるものがあると思います。僕の目標はこのチームで自分の居場所を見つけること、そして毎年ヨーロッパ・カップ、できればチャンピオンズリーグに出場することです。

スポンサーサイト

コメント

ボルドー良い補強したね。
プラニュス、シアニ、サネ、エンリケ、サヴィッチ
ラテラルとしての実力はどんなもんなのか?

フランスのパスを持っているのは大きいですね。しかも100万とはかなり安い。ロヴレーンは2試合A代表にいただけで950万もしたので……父親がプレーしていた83~89年はボルドーの文字通り黄金時代で、ティガナも中心選手としてボルドーを支えていたので、お互い面識があったのもこの移籍を容易にしたのでしょう。

出来れば今シーズンの対戦ではロヴレーンとサヴィッチがスタメンで対戦しているところを見てみたいです。そこにセルティッチ、ピャニッチも入れば旧ユーゴだらけに。

まさに大型新人!

即戦力としての期待というよりは未来への投資という意味合いのほうが大きいのでしょうかね。
でもサネが1年目で活躍しましたし、プラニュスとエンリケは怪我で欠場することが少なくないし・・・出場機会はあると思います、彼の持ち味を発揮して欲しいですね。
SBとしての適性はどれほどなんでしょうかね?新たなSBの補強は無いのでしょうか?

>Lyonさん
シャルメのバックアップがやっと決まってうれしいです。
両サイドできるような選手と狙うかと思ってましたが、CBと兼任の選手とは予想外です。

>リヨン侍さん
サヴィッチ本人も父のプレーしたフランスリーグでやりたかったのでしょうね。
ロヴレーンは950万ですか。A代表に選ばれると移籍金がハネ上がるのでしょうか。
しかし東欧系の若手は狙いどころかもしれませんね。

>rockyさん
サヴィッチがどれだけSBできるか分かりませんが、
ボルドーの経済状況から考えると新たなSBの補強はないでしょうね。
シャルメはカードが多いですし、彼の出場機会はかなりあると思うので即戦力としてもかなり期待されているのではないでしょうか。
昨季のサネ以上に活躍してほしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/405-ecd3059c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。