2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン終了、そして...

リーグ最終節ランス戦は前半6分のシアニ1発退場(ちょっと厳しい判定ではあったが…)が響いて3-4で敗戦。
2010年のボルドーを象徴するような試合になってしまいました。
シアニは勝利した前節ソショー戦でも最終ラインでボールを奪われるなど(カラッソがビッグセーブで事なきを得た)、後半戦は信じられないミスを連発してしまいました。相対的ににメトロノーム役を果たしたプラニュスの評価が上がった感があります。(プラニュス、フランス代表おめでとう!)

前半戦は独走状態でしたが、終わってみればまさかの6位。
後半戦の立ち上がりが悪かったうえ、悪天候による2度の試合延期、CL前のオセール戦の延期(この時期に2試合連続延期になってしまいました)、リーグカップ決勝による試合延期で、後半は殺人的なスケジュールとなってしまいました。選手層の薄いボルドーにこれを乗りきる力はなく、当然のように怪我人が続出、しかもディアラ、プラニュス、グルキュフ、カラッソなどキープレーヤーが続々と離脱し3月以降はベストメンバーが組まれることは一度もありませんでした。シャルメ、トレムリナスの両SBは大きな怪我はなかったものの、ジュリエッティ、プラセンテをほぼ戦力外扱いしたことで疲労が蓄積し、やはりパフォーマンスは落ちていくばかりでした。

今季のボルドーは昨季のCL敗退をふまえ、守備を強く意識した戦術に変更しました。
ほぼ1トップに固定して中盤を厚くし、高いポゼッションを維持しながらボールを奪われたら全力でプレッシングをかけていくサッカーです。前半はこれが見事にはまり、CLではリーグ5勝1分けで勝ち点16という偉業を成し遂げました。一方で得点パターンはセンタリングからのシャマクのヘッド、セットプレーとバリエーションは減り、昨季より得点能力は落ちてしまう結果となりました。
過密日程、怪我人、疲労、ブランの去就の不安など、いろんな要素が重なった後半戦には守備が崩壊し、建て直すことができないままシーズン終了を迎えてしまいました。

来季のヨーロッパリーグさえ逃したボルドーは、早々にブランの辞任が決定しました。
ボルドーには来季CL、ブランという魅力がなくなってしまいました。シャマクの後釜に噂されたオアロ、ブリアンといった選手達も恐らく来てくれないでしょうし、有力選手の流出も避けられないでしょう。
少なくともディアラは厳しいでしょうね。28歳という年齢のこともあるしCL出場できるチームへの移籍は致し方ないでしょう。マルセイユ移籍の噂もありましたがどうやら国外移籍が有力のようです。
グルキュフに関してはもう少しボルドーでプレーしてもらいたいですね。ボルドーにいてもフランス代表の座はほぼ確約されています。リヨンのオラス会長が獲得に興味を示しましたが、つい最近あきらめる宣言(もともと獲れる財力はなかった?)をしたところです。ミラン移籍で一度失敗してますしまだ23歳。比較されるジダンのように国内でもっと実績を残してからビッグクラブ移籍でいいのではないでしょうか?
CLの活躍で注目を浴びているトレムリナスですが、現時点では移籍に積極的ではないようです。
なるべく多くの選手が残ってくれればいいのですが…

ブラン監督の後釜には、トラパットーニなんて噂まで飛び出すなどいろいろな名前が浮上しています。
個人的にはサイクルの終焉を迎えるにあたりチームを1から再建すべく、次期監督には長期就任を見据えた人選をしてもらいたいです。そういう意味では70を超えたおじいちゃん監督でなく、ある程度若い人がいいですね。
ゲレツさんもいいですが、かなり高いサラリーを望んでいるらしいという事と、上り調子のマルセイユ監督の座を捨ててあっさり高給の中東のクラブに移ってしまっているのがちょっと不安です。
いま有力視されているのはジャン・ティガナさん。よく知りませんが、9年間ボルドーでプレーした経験があり、リヨン、モナコ、フルハムなどで監督経験があるようです。
PSGでダメだったポール・ルグエンさんもこのタイミングからなら結果を出してくれるかも。
とにかく早く監督を決めないと、戦力補強もできませんからね。来季にむけて少なくともCF、両SBのバックアッパーの獲得は必要です。これから移籍する選手の後釜も探さなければなりません。

とりとめもなく書いてしまいました。
これから移籍報道にやきもきする時期が続くでしょうが、どうにか来季にむけていいチームをつくってもらいたいですね。
Allez Bordeaux!!!
スポンサーサイト

コメント

ジャン・ティガナ監督は、モナコを優勝に導いた方みたいですね。
どんな監督かさっぱり
個人的にトラパットーニのボルドーを見たいです。
FGB.netで名前見た時驚きました。

選手としてはボルドーのレジェンドと言っていい人で、ブラジルの黄金のカルテットに対抗できると言われたフランス四銃士の1人です。当然84年EUROのレギュラーです。

監督としての采配を実際に見た事はないのですが、去年にはPSGの監督候補になり、今年はドメネクの後任として名前を見ました。どのクラブを率いてもそれなりに結果を出していますが、パリもEDFも名前が出た時の地元ファンの反応が芳しくないので人格的に好かれない要素があるのかもしれません。

>"匿名"さん
監督はフェルナンデスの名前も再浮上(多分ないと思うけど)しているし、ゾラという名前も出てきています。
しばらく決まりそうにないです。
まだキャンプ再開まで時間もあるのでそれほど急いでいないのでしょうか。

>リヨン侍さん
ティガナはボルドーにとってはなじみのある方のようですね。
監督としてもそれなりの成績を残しているので悪くないとは思いますが、さあどうなるか?

>ランス戦
後ろにベストメンバーが帰ってきたので、守備から崩れることはないだろうと思ってましたが・・・開始早々(泣)

来シーズンは国内のみとなりましたが、
・もともと選手層が薄いですし、むしろプラス
・主力選手が残るのか疑わしいですが、シャマフ以外は契約が残っているので移籍したとしても移籍金は入ります。大物の加入は難しいと思いますが、まあなんとかなるんじゃないか
と、ポジティブに考えてみました(笑)。

ブラン辞任、シャマフのアーセナル移籍が決まりました。
ボルドーも新監督(まだ未定)のもとで新しいスタートになります。とりあえず夏の移籍市場は話題に事欠かないでしょう(笑)。

>ジャン・ティガナ
監督としての能力は高いと思います(モナコ時代、まだ若いアンリ、トレゼゲを積極的に起用しリーグ優勝)。ただ以前フランス代表監督の候補に何度も挙がりながら選ばれなかったことについて「自分が黒人だから」と問題発言をしてしまったことがありました(うろ覚えです)。


kenさん、今シーズンもお疲れ様でした。みなさんも。

>rockyさん
確かに来季は完全にリーグ戦に集中できます。
シャマクの後釜の補強に成功すればまた上位に返り咲けるかもしれません。
当面の目標は次のシーズンのヨーロッパ行きですね。

ジャン・ティガナさん、監督としてもかなりいい実績をのこしていますね。
(フランス語版のウィキに結構詳しくかいてありました。)
現在フリーのようですし、就任濃厚のようです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/386-93f6c6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。