2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16節 Bordeaux-PSG

やっと試合を観ました。
前記事のとおり今節の注目はディアラとグルキュフのダブルボランチ、そしてプラシルのトップ下です。
結論から言うとプラシルのトップ下は◎でした。”パス”だけで言うならグルキュフより上でしょう。パス出しのタイミングが早いので攻撃のリズムがワンテンポあがっているのではないかと思います。グルキュフの場合はラストパスというよりボールを預けて自分でもらいたがるタイプなのでちょっと性格が異なります。
今のプラシルはかなり調子もいいのではないでしょうか。ボールもなかなかとられないし、体のキレも出てきているような印象です。
グルキュフのボランチも可能性を感じさせますね。低い位置からのビルドアップともちろん攻撃にも参加します。今節の得点もすばらしい連携からでグルキュフ→プラシル→トレムリナス→プラシルのヘッド。ブランの思惑がズバリ当たったような得点でした。
ただ後半は少し運動量が落ちましたね。前半はしっかりスペースを消す動きをしていましたが、後半はちょっと守備をサボってました。副監督のガセと議論するシーンもみられましたし、まだポジション取りに迷いがあるのかもしれません。

PSGはオアロ不在で得点パターンが減っていたうえ、エルディングが負傷退場したのが痛すぎましたね。後半は中盤を押していたのはむしろPSGだったし、何度かサイドから崩されました。あれでオアロの高さがあったら間違いなくやられていたでしょう。PSGで印象的だったのはシャントームですね。多分右サイドだったんだと思いますが、運動量、パスワークともに脅威を感じました。


今までリーグ戦は4-1-3-2で戦ってきましたが、どうも4-2-3-1のほうが機能してきているような感じがします。なにより攻守のバランスがいいですね。CL2失点など守備面も評価が高いのも特徴です。
これからリヨン、モンペリエと上位陣にアウェーで連戦があるので、しばらくこのシステムで戦うことになりそうです。
その前にどうにかマッカビ戦でカベナギに結果を出してもらって2トップも機能させて欲しいですね。

最後にちょっと気になることが…
この時期に突然グルキュフのポジションを変えるのはちょっと不自然のような気がしてきました。
もしかしてフェルナンドのジェノア移籍の噂がかなり進んでいるんですかね?
グループ突破の立役者ともいえる活躍をしているだけに、シーズン途中の移籍だけは勘弁してもらいたいです。


BORDEAUX – PSG : 1-0
Plasil (22eme)

Arbitre
M.Ledentu : 6

Bordeaux
Carrasso : 6
Chalmé : 5
Ciani : 6
Planus : 7
Trémoulinas : 5
A.Diarra : 6
Plasil : 8
Sertic : 6
(Ab.Traoré, 66eme)
Gourcuff : 5
Gouffran : 6
(Jussiê, 66eme)
Chamakh : 5

PSG
Edel : 5
Ceara : 4
Sa.Traoré : 4
M.Sakho : 4
Armand : 5
Makelele (cap) : 4
(Jallet, 75eme)
Clément : 5
(Sankharé, 68eme)
Chantôme : 6
Sessegnon : 6
Luyindula : 6
Erding : non noté
(Maurice, 32eme : 5)

スポンサーサイト

コメント

グルキュフがやや下がり目の位置でプレーしていたとは!シャマフとグフランの2トップだと思ってました。
グルキュフが守備でもしっかり貢献できる-ただしディアラのような守備力に長けた選手とのコンビで-と前線を2トップとかにできますからね。プラシルが好調だということもあったんですかね。ただ戦術的なオプションが増えるのは良いことですね。
得点の流れはきれいでした。

今日はマッカビ戦ですね、本当に主力選手はお休み。選ばれたメンバー・・・どういう布陣で臨むのか、特にディフェンスライン(ジュリエッティがCB?)。

フェルナンドはおそらく移籍の可能性が高いと思います(イタリア方面)、冬なのか夏なのかはわかりませんけど。もし抜けるとしても代わりに誰か獲得するとは思いますが。

グルキュフのポジションを下げたのは単純にコンディションが万全でなくてプレッシャーの弱い位置で使ったんじゃないですかね。ブランは勝っている時はメンバーをいじらない人なのでプラシルのトップ下をもう暫く見極めようとしたのかもしれません。

グルキュフは特に後半は前で決定機に絡みたがっていましたね。個人的にはレンヌ時代の4-4-2の右MFでもきちんと仕事をすると思いますが、どうなんでしょう?

>rockyさん
グルキュフが下がり目でプレーできるとボルドーとしても戦略の幅がひろがりますね。
マッカビ戦はプラセンテがCBにはいりましたね。また記事に書きます。
フェルナンドはまだ公式オファーがあるわけではないようです。

>リヨン侍さん
やっぱりグルキュフのボランチ起用は負担軽減ですかね。
グルキュフは昨シーズンはじめに一度だけ4-4-2の左に入ったことがあります。
あまり機能しなくてやっぱり真ん中がいいという印象でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/340-f84daea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。