2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7節 Bordeaux-Rennes

6節を終えて5勝1敗。すばらしいスタートを切ったジロンダンですが、引き分けたマルセイユ以外は下位チームばかり。ニースから猛将アントネッティを迎えたレンヌとの対戦は、今季を占う試合と言ってもいいかもしれません。

昨季のレンヌは守備重視のチームだったと思います。直接対決(確かアウェー)では高速カウンターに苦しめられました。今季は攻守のバランスがとれたチームで昨季より攻撃的な印象です。日本との親善試合で中澤を子供扱いしたギャンやルマンにいたバングラなどアフリカ系の身体能力の高い選手が攻撃を担います。これでブリアンが帰ってきたらとんでもない破壊力を発揮しそうです。

ただ今節に関しては、守備固め&カウンターを徹底された方が嫌だったかなと。レベルの高い試合だったと評価する向きもありますが、しっかり繋いで攻めてこようとするのでボルドーとしてはやりやすかったのではないでしょうか。3トップには仕事をさせなかったDF陣も良かったですが、中盤でプレッシャーをかけれた分、いいパスがFWにはいりませんでした。

あとはグルキュフですね。ブラン監督も「グルキュフのチーム」という表現を嫌いますが、なんだかんだ言って結局ボルドーのサッカーが魅力的なのは彼のおかげですね。今回もゴール前の狭いスペースでシャマクとワンツーを続けて3回やってのけましたが(下の動画)、とても楽しそうです。これでシャマクが決めてれば最高でしたけどね。


トレムリナスの活躍も目立ちましたね。ヴェンデルのアシストをした場面もそうですが、いいタイミングで何度も攻撃参加していました。プラシルがセンター気味にポジションをとってヴェンデルが左サイドに寄っていたので、左からの攻撃が多かったような印象でした。

レンヌのドゥシェズはいいGKですね。壁にあたってコースが変わったヴェンデルのFKを止めたプレーは神懸かってました。他にも好セーブを連発してたので、無失点のカラッソより採点がいいのも納得です。

これでリーグ戦5試合連続無失点になりました。シアニの致命的なミスが失点に結びつかなかったり、マルセイユ戦では2度もバーに助けられたりなど運も味方につけています。チャンスは確実のモノにできていますし、何より怪我人がいない。今チーム状態は最高の状態に近いのではないでしょうか。この状態をいつまで続けられるか、いつかはやってくるスランプをどう乗りきるかというのが今後の見所になってきそうです。



Bordeaux 1 - 0 Rennes
Wendel (24eme)

Arbitre
M. Piccirillo : 5

Bordeaux
C.Carrasso : 5
Chalmé : 6
Ciani : 5
Planus : 7
Trémoulinas : 7
A.Diarra (cap) : 5
Plasil : 6 (Fernando, 60eme)
Wendel : 6 (Sertic, 67eme)
Gourcuff : 7 (Bellion, 78eme)
Gouffran : 5
Chamakh : 5

Rennes
Douchez : 7
Fanni : 5
Mangane : 5
Aubey : 5
Bocanegra : 6
M'Vila : 5
Lemoine : 5
S.Marveaux : 5 (Kembo, 58eme)
J.Leroy (cap) : 6 (M.Sow, 70eme)
Is.Bangoura : 3 (Danzé, 69eme)
Gyan : 5


スポンサーサイト

コメント

レンヌはファニ、バングラ、それに戻ってくればブリアンと右にタレントが集中しているのでそのアンバランスを今後どうするのかに注目しています。マンガヌも堅いですね。

終盤セルティッチが出ていたのが嬉しいです。今はまだ未熟ですけど華を感じるんですよ彼。

久々にボルドーの試合を生で見れました。
今のレンヌはルロワのチームですので、彼にボールを集めようとしますから、どうしてもショートパスの方が多くなりますね。
アントネッティはそんなに攻撃的な監督じゃないですが、ギー・ラコンブよりは多少リスクを容認する方なんで、よりバランス重視ですよね。
今季ラコンブがやってるモナコはロングボールばっかりです(笑

ボルドーはまだレンヌの守備が受身気味だったときに、バングラのマークのサボりを利用して取れたのが大きかったですね。確かその後ファンニに怒られてましたよね、バングラ。


>右にタレントが集中しているのでそのアンバランスを今後どうするのかに注目しています。

ああ、開幕時はそんな感じあったんですけど、アントネッティも気付いていたみたいです。
バックラインからの攻撃はファンニよりもボカネグラの方がやや多いですし、序盤ソウ+ギャン+バングラが今ひとつだったんで、今はマルヴォー弟(余談ですけど、モンペリエにいる兄貴の方よく走るいい選手ですね)が使われてますしね。
一昨日は代えられたときにアントネッティと握手を拒否して、「シルヴァン!シルヴァン!」って怒られてましたが(笑

なのでその点はもう対処をしたんじゃないかと思います。
開幕時はバングラとギャンが右あたりで動きが被って当人同士も困ってたみたいでしたけど、ここ数試合は連携を作ってくれるマルヴォーのお陰で悪くないです。
握手拒否事件で次節使われるかどうかは分かりませんけど(笑

ボルドーの話少なくてすみません・・・

>リヨン侍さん
セルティッチは本当に楽しみですよね。
ボールタッチもいいですし確かに華があります。
今回はジュシエが風邪で欠場だったのでチャンスがまわってきましたね。これからもチャンスを与えて欲しい選手です。

>123さん
レンヌ情報ありがとうございます。
稲本が移籍したので結構注目していました。

マルヴォーはアントネッティを無視してましたねー。
ただアントネッティが「シルヴァン、シルヴァン」と叫んでいた時の表情は、怒っているというよりオヤジが駄々っ子を諫めているような雰囲気を感じました。

グジョンセン、ピュイグルニエール、クタデュールとセンターラインを強化してネネも帰ってきたモナコも注目してたのですが、ロングボールばっかりですか。
去年はゴッソがいいなぁと思ってましたが今は控えなんですね。

試合後さっさと引き上げるマルヴォーをアントネッティが追いかけてましたね。
マルヴォーはこの試合までまともに見ていなかったですが、クロスの精度が……。

そう言えばプラシルって太腿大事にはならなかったんですかね。

>リヨン侍さん
プラシルは危険なタックルで太腿を削られてましたが大事に至らなかったようです。
翌日休んだのはフェルナンド、シアニ、グフランで、特にグフランは股関節痛でMRI検査を受けるようです。

レンヌは良い選手揃ってますよね。

ボルドーは開幕当初は点は取るけど失点もする、という感じだったんですけど最近は失点が無いですね。プラニュスやシアニ、キャラッソらの守備が安定しているんですかね。
グルキュフとシャマフの連携はすごいですね。

>rockyさん
リーグ5戦連続無失点はすごいです。
マルセイユ戦は確かに運に助けられた感がありますが、あまりチャンスをつくられていないです。中盤が安定しているぶん、変なボールのとられかたをしていないからでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/325-8ed20492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。