2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中に目がある男 ヨアン・グルキュフ




フランスのテレビ局canal+でのグルキュフのゴールの分析です。

シャルメがロングボールをシャマクにフィードした時にはトップ下の位置にいたグルキュフは、素早くFWの位置にポジションを移しエリア内に侵入。
ジュシエがクロスをあげる瞬間には最も高い位置どりをしています。
ボールを受けたときには直接シュートを打つには難しい体勢でシュートコースに3人のディフェンダーがおり、彼の視野の中で最も考えられる選択肢はすぐ後方にいたシャマクにパスを出すことでした。
その時グルキュフは背中側にあるスペースをつくことを選択、もちろん彼にはそのテクニックがあり右足でボールをコントロールし左足で決めました。
これが”グルキュフ風”ゴール。
彼は今シーズンすでにトゥールーズ戦、PSG戦で同じようなゴールを演出していました。

トゥールーズ戦ではグルキュフはボールを受けとる前に状況を把握しており、受けとったときにはライン上に5人のディフェンダーがいました。
自分の背中のスペースを利用せざるを得ない状況でしたが、彼はピッタリで正確なテクニックを持っていました。
PSG戦でも彼は背中に感覚を持っており、それが違いを生み出しています。

スポンサーサイト

コメント

やっぱり足元うまいですねぇ~
できれば来シーズン以降も残ってもらいたいんですが、なんかいろんな所からオファーが届いているようで。

>rockyさん
ル・アーヴル戦後、地元のロリアンで父親のクリスティアン・グルキュフとともに有名代理人と会っていたようですね。
彼を売りたがっていないミランには戻らずボルドーに完全移籍し、その後(場合によっては今年の夏)ビッグクラブへ移籍すると推測されています。
トリオー会長は「彼ほどの選手が代理人の興味を引くのは当然のこと。ボルドーにとって状況が変わったわけではない。」とコメントしています。
来シーズンもボルドーでプレーして欲しいですね。

プラニュスはいるけどエンリケの負傷はこの時期ちょっと痛いなあ
日程は上位で一番楽なのが救いですが

>リヨン侍さん
エンリケにはまたリーグ杯決勝でのゴールを期待していたのですが...
日程がそれほど厳しくないのでトラブルさえなければば乗り切れるとは思います。
もうこれ以上怪我人は出てもらって欲しくないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/280-6da60d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。