2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFA Cup 1/16 final Bordeaux-Galatasaray




FC Girondins de Bordeaux 0 - 0 Galatasaray

審判
M.Circhetta : 5
Bordeaux
Ramé (cap) : 6
Jurietti : 5
Henrique : 5
So.Diawara : 5,5
Placente : 4
(Trémoulinas, 84eme)
A.Diarra : 5,5
Jussiê : 5
Y.Gourcuff : 4,5
Wendel : 5
(Fernando, 75eme)
Chamakh : 5
(Gouffran, 70eme)
Cavenaghi : 5
Galatasaray
De Sanctis : 6
Mehmet Topal: 5
Servet Cetin : 6,5
Fernando Meira : 6
Emre Asik : 5
Kewell : 5,5
(Sabri, 65eme)
Lincoln : 5,5
(Mehmet Güven, 86eme)
Ayhan Akman (cap): 6
Baris Ozbek
Arda Turan : 5,5
Baros : 5
(Nonda, 46eme : 5)
(Football365.frより)


ブラン監督は試合前、「リーグ戦を優先する。UEFA Cupには何人かの選手に出場機会を与える。」と語っておりましたが、開けてみるとプラセンテが先発している程度であとはほぼベストメンバーとなりました。(シャルメは警告累積のため出場停止)

昨季のガラタサライとの対戦では、中盤のポゼッションに苦労したのと相手に強力なFWがいなくて助かったと覚えています。
しかし今季は20試合で15ゴールと爆発しているという元リヨンのバロシュがいて、キューウェルも怪我から復帰してきました。

試合は前半20分くらいまでは完全なボルドーペース。
攻撃はシュートで終えることができ、シャマクのクロスバー直撃というシーンがありましたが、結局試合を通じて決定機はそれだけでした。
ガラタサライも左サイドを何度も攻略し、キューウェルに大チャンスが来ますがこれをラメが好セーブ。
ガラタサライの決定機もそれだけ。
当初は攻撃に人数を割いていたガラタサライですが前半途中から守備のペースをとりもどします(というか若干ひきこもり気味)。
前線ではバロシュにボールを集めますが、サポートがなくことごとく潰されてました。
中盤からの守備が機能しだしたガラタサライに対し、ボルドーも攻め手がなくなってきます。
今の4-4-2のシステムだとジュシエ、ヴェンデルが中にしぼり気味でボールをキープするので、両サイドバックの攻撃参加がとても重要になってくるのですが、プラセンテとジュリエッティだとちょっと厳しいですね。リーグ杯のパリ戦でも同じような感じでした。
ただ今回はヴェンデルが左に開いたり、シャマクが右サイドからセンタリングをしたりしてチャンスを作るシーンも見られました。

ホームで0-0という結果。
トルコのチームは熱狂的なサポーターの応援の元、ホームゲームで抜群の強さを発揮するので勝抜けはちょっと厳しくなってきました。
ただアウェーゴールを奪われていない分、まだまだ可能性はあると思います。

最近なかなか勝ちきれませんね。
グルキュフのコンディションが落ちているのが原因の一つかもしれません。
前半戦はどんなに囲まれても抜群のテクニックとボディバランスでボールキープしていましたが、バランスを乱してボールを失うことが何度かありました。
チャンスを決めきれないカベナギもこれで461分間ゴールがないそうです。
次節はアウェーでサンテティエンヌ戦。
快勝して心配を振り払って欲しい・・。



スポンサーサイト

コメント

ホームでスコアレスドローは、ちょっと厳しいですね。
最近攻撃陣に元気がありませんね、コンディションが良くないのでしょうか?(グルキュフあたりは相当疲れてるのかな)
次のアウェーをどういうメンバーで臨むかも気になります。

>不正パスポート問題
うろ覚えやこの問題にあまり詳しくないのですが・・・
昔の話ですがローマなどで活躍したアルゼンチンFWバルボが祖先がイタリア人ということでイタリア国籍を取得したことがあります。
EU外選手の登録は限られているため、南米の選手がEU内の国籍を持っているかどうかは重要ですからね、チームを作るうえでも。
ただ裏でこういったことがビジネスになっている、ということも悲しいですね。

話変わりますが、フランスがEURO2016の開催地に立候補するみたいですね。これを機に国内のスタジアムを新しくしたりするとか。ボルドーにも新スタジアムが?!

ウェンデウもジュシエも中に絞るだけでなく、明らかにグルキュフの後ろにポジションをとる3センターなので、4-1-3-2だった前半よりグルキュフにマークが集まりやすいのもグルキュフが精彩を欠く一因かなとは思います。素直にウェンデウ左グルキュフ右の4-4-2でもいいと思うのですが。

>rockyさん
コンディションは冬の中断前よりいいとヴェンデルは語っていますが、実際どうなのでしょう?
次のアウェーはやっぱりメンバーを落とさざるを得ないでしょうね。

これだけ多くのアルゼンチン選手が2重国籍を取得しているとうのは、やっぱり裏ビジネスの対象になっているのでしょう。
おっしゃるとおり悲しい話です。

新スタジアム建設の話はぼちぼち出ていますね。
すでに建設する候補地もあがっていますし。
もしEUROがフランスで開催されることになれば建て替える可能性大ですね。

>リヨン侍さん
確かにグルキュフにマークが集っている感じはありますね。
今のシステムは4-1-3-2より安定感があるので、個人的には気にいっているのですが。。
何かのきっかけで好転してくれると期待しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/270-fc82635b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。