2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 PSG-Bordeaux

Paris SG 1 - 0 FC Girondins de Bordeaux

1-0: オアロ(52e)



売り出し中のオアロにリーグアン初得点を献上し、PSGにやられてしまいました。
動画で見る限り、余計な得点を与えてしまった感じですね。
ミスを認めているシャルメもそうですが、ディアワラもどうにかならなかったのかなぁ。スタメンCBはエンリケ-ディアワラだったけど、ブランにとってプラニュスはやっぱり3番手なのでしょうか?もっと使って欲しいです。
試合後ブラン、ル・グアン両監督ともに”ボルドーが勝利に値する試合だった。”と語っており、内容そのものは悪くなかったようですね。
今後に期待しましょう。

シャルメ
“どのチームもゴール前40メートルで待ってくる。パリはホームだったのに引いてきた。自分たちも同じようにプレーしていたら0-0だっただろう。試合に勝つためにゲームをつくろうとしたけど、自分のミスで負けてしまい、いい教訓になった。これからも簡単に勝てる試合はないだろう。”

ローラン・ブラン
“今夜は勝ち点がとれずがっかりしている。この負けは深刻なものではない。内容では勝っていた相手に負けてしまった。前線でのコンビネーションがいまいちだった。決定的なチャンスは多くなかったが、PSGより危険な場面を多くつくった。PSGは我々に比べ、よりリアリストだったし、失点はセットプレーからだった。最低でもドローで負けに値しない試合だった。ボールは支配したが、スコアにあらわさなければいけない。今夜たった1つのネガティヴな点がスコアだった。シンプルに試合をすれば、もっと勝てるだろう。”

ボルドー(採点はL'EQUIPE)
16. U.Rame (c.) 6
6. F.Jurietti 6
    →26. G.Obertan (71e)
14. S.Diawara 5
21. M.Chalme 5
3. Henrique 6
4. A.Diarra 7
   →28. B.Tremoulinas (86e)
5. Fernando 6
8. Y.Gourcuff 6
17. G.Wendel 5
7. Y.Gouffran 4
    →11. D.Bellion (71e)
9. F.Cavenaghi 5

PSG
1. M.Landreau 7
15. Z.Camara 6
22. S.Armand 7
2. Ceara 6
3. M.Sakho 7
7. L.Giuly 6
    →12. F.Pancrate (84e)
25. J.Rothen 5
    →23. J.Clement (90e)
4. C.Makelele (c.) 5
10. S.Sessegnon 6
    →27. Y.Sankhare (78e)
20. C.Chantome 6
9. G.Hoarau 7


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

試合ははっきり言ってボルドーのワンサイドでした。ただグフランをウィングではなくトップで使ったため
か、サイドからの仕掛けが左に偏りすぎで(右にはフェルナンド)がっちり引ききったパリDFをこじ開ける
には少し単調だったかなという感じです

パリはたしか枠内シュートが2本・・・
ランドローも良かったみたいですね。

内容は悪くなかったようなので(それで負けてしまったのは悔しいのですが)、次に期待します。

>カギコメントさん
いつもありがとうございます
ボルドー戦以外の情報でもいただけるとうれしいです。

>リヨン侍さん
そうですか、ボルドーのワンサイドでしたか。
情報ありがとうございます。
やはりグフランはトップ起用で4-1-3-2の布陣だったのですね。
開幕戦も同じだったのでしょう。
これから変えてくるかもしれませんね。

>rockyさん
ブラン監督のコメントどおりの試合だったのですね。
今後も攻撃的な試合運びをするでしょうから、カウンターでの失点が怖いですね。

今季もアウェーで結構勝ってくれるのではないかと期待してます。

どうも、ご無沙汰しております。
遅ればせながらPSG-ボルドーを見ました。

感想としては……上の方やブラン監督とは全く違ってアレなのですが、それほどパリが押されていたとは思いません。前からしっかりと寄せて、ボルドーが前線に繋げずにもたついたところを良く奪っていたと思います。
特にボルドーの立ち上がりの弱さは上手く突いていて、開始25分くらいはむしろパリのワンサイドでした。
あと、得点はセットプレーではなくて流れの中でした。

まあ、モナコ戦のパリは、ボールは奪えない、寄せが甘い、前線、サイド、ボランチの連携なし、全体は下がりすぎる、パスは繋げない、とあまりにも酷くて「今年もダメかなあ…」と感じていたので、「何だ、お前らちゃんと出来るじゃん!」と思ったのもあるのかもしれません(笑

ただ、ボルドーは決して良くなかったと思います。
昨年のようなカベナギを基点とした流れるようなスペースの相互利用がなく、攻撃が単調で、前に進んでも「崩される!」と思った連携はほとんどありませんでした。
カベナギ、ヴェンデウは身体が重く、グフランは悪い時のベリオンのように連携に入っていけません。そのため全体的にサイド攻撃の繋ぎが遅くて選択肢が少ないです。
身体が軽いディアワラ、フェルナンドあたりの攻撃参加は怖かったですが…
ディアワラは攻撃では結構良かったので、それほど責めないであげてください(笑

ただ、パリは最終ラインのミスが多い、全体が下がりすぎてミドルに弱い、バイタルエリアの守備連携ミスが多いという弱点は最近普遍的に抱えていますから、それで何度もやられた印象はありますね。
そのあたりで、どちらが勝っていてもおかしくはなかった試合だ、と感じました。

>123さん
返事がおくれすみません。
貴重な観戦レポートありがとうございます。

モナコ戦のPSGを観て「あれ?」と思っていたのですが、2戦目にしてかなり改善してきたのですね。
ケジュマンもレンタルで獲得しましたし、ますます恐ろしい存在です。
CBの補強もあるのでしょうか?

ボルドーはフェルナンドが好調、カベナギはフィジカルがまだベストでないとの報道でしたがその通りだったのですね。
グフランが力を出せていないというのが気がかりですが、トップ起用でなくサイド起用で解消してくれるのではと期待してます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/213-7fd4a8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。