2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カベナギ特集 (Jour de foot)

カベナギファン必見!
フランスのテレビ局カナルプリュスの"Jour de foot"で放送された特集です。
それにしてもカベナギ、いい笑顔してますね。


(以下、カベナギのインタビュー部分だけですが翻訳です。)

信じられないよ。最初の6ヶ月間はスタメンが1度しかなかった。
それなのにサポーターは常に僕とともにいた。
彼らは僕を支えてくれたし、歌ってくれた。とても感謝している。

20歳までリーベル・プレートでプレーした。
すばらしい環境をもち、タイトルを勝ち取ることができるこんな大きなクラブでプレーするのが自分の夢だったんだ。
いまだに信じられないよ。

スパルタク・モスクワが最も早く、そして最も重要なオファー(1100万ドル)をくれたんだ。
僕はスパルタクを選んだ。なぜならこのクラブが僕をもっとも欲しがってくれたから。
最初の2年は多くの試合に出場した。
リーベルにいたころほどゴールを決めることができなかったとしても、うまくいっていた。
でも最後の6ヶ月、突然問題が出てきたんだ。
環境を変えることを本当に必要としていたし、スパルタクを出たかった。

2ヶ月のバカンスの間、全くトレーニングしてなかった。
3~4キロオーバーでボルドーに来たんだ。
1ヶ月間すばらしい準備をしたけど、それにもかかわらずプレーする機会がなかった。
どうしてか分からないよ。
そうやってボルドーでの適応の時間を過ごしたんだ。

今季デビュー戦のタンペレ戦は3-2で勝ち、僕は2点決めた。
このようにゴールを決めることが出来て自信になった。
プレーする準備が出来ていることを示したかったし、ボルドーのスタメンに名を連ね、ゴールする力があることを証明したかったんだ。

自分は、いやすべての選手やサポーターは、ショートパスを繋ぐチームを見るのが好きなんだ。
今年は同じフットボールの考えを持ち、パスを繋ぐサッカーを好む監督を持つチャンスを得た。
これは自分にとってとても重要なことなんだ。

“この歌大好きだよ。すごくいいね。Cavenaghi Oh~, Cavenaghi Oh~, こんな感じ(笑)”
スポンサーサイト

コメント

カベナギのインタビューを翻訳してくれてありがとうございます。
何を話しているのか理解できなかったので、感謝です。
今日は、ル・マン戦ですね。
じっくり試合を見たいと思います♪

>El Toritoさん
どういたしまして。
活字になってたのでどうにか翻訳できました。

今夜のルマン戦はおそらくベストメンバー組んでくるでしょうし、ホームでの試合なのでボルドーにとって良い試合になるでしょう!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/152-5fbb8d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。