2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFA Cup GL第4節 ボルドー vs ヘルシンボリ



Bordeaux 2 - 1 Helsingborgs
グループリーグ1位通過確定です!
これで最終節のパニオニオス戦を完全に消化試合にすることができました!

ラーション
ラーションと復帰したエンリケ
16歳以下は2ユーロ、トゥールーズ戦のチケットを持っていれば3ユーロ(ゴール裏は1ユーロ)と主催者側は頑張ったのですが観客は1万人弱・・でした。

ヘルシンボリ戦スタメン
トゥールーズ戦から大幅なターンオーバー


ここのところパッとしない内容が続いているジロンダン、今節は格下と思われるヘルシンボリ相手に圧倒的にポゼッションでは勝っていたのにもかかわらずミスを連発し、ヒヤヒヤの勝利となりました。
あまりネガティブな発言をすることのないブラン監督の試合直後のコメントがすべてを表しているのでまずはこちらから、
“結果については満足している。一方試合内容に関しては満足できるものではなかった。試合の立ち上がりについては全く問題はなかった。試合中盤からはもっとうまくプレーできたはずだ、ヘルシンボリにレッドカードが出たのだからね。思わしくないプレーがたくさんありすぎたと判断している。ボールを失い過ぎたし、もっと正確にプレーができたはずだ。今日試合に出なかった選手に自信をあたえるような試合だった・・・”
また"ニース戦でもこんな内容をしたら、我々には全くチャンスがない!"と選手達に伝えたらしく、今日はビデオをみんなで観て反省会をしているはずです。


トゥールーズ戦では大仕事をしたデュキャスは特に残念な内容でした。中盤の底で何度も不用意なミスでボールを失い、少なくとも2回は決定的なピンチを招いてしまいました。後半15分に早々にディアラと交代、観客からはブーイングをもらってしまいました。
ほかにもマランジュは2回、途中交代のディアラまで・・・そのたびにラメやプラニュスが助けてくれましたが。
相手の前線にラーションがいたのも大きかったのでしょうか。あの位置でプレーしているのにボールをとられなかったし、味方へのパスなど常にベストの選択ができる選手という印象を受けました。得点シーンも落ち着き払っていたし、さすがですね。

攻撃のほうは攻めこんだ後のラストパスでうまくいかなかったケースが多かったですが、2得点はなかなかいいゴールでした。
先制点はプラニュスのロングフィードをシャマクが上手に(!?)持込んでのシュート。
勝ち越し点は相手のレッドカードが出た直後、途中交代のアロンソからジュシエにきれいなスルーパスが通りました。

最後にヘルシンボリ側のコメントを
スチュアート・バクスター監督
"我々のフットボールが思い切ってできず残念だ。特に前半はチャレンジできなかった。後半は何度かチャンスがあったが、レッドカードですべてが変わってしまった。ボルドーのようなチームを相手にしているのにレッドカードをもらうべきでなかった。"
(もしかしてバクスター監督(元サンフレ)も入れ替え戦の結果を気にしてたりしないかな?頑張れサンフレッチェ!!!)
ヘンリク・ラーション
"この試合で違いをもたらしたのはレッドカードだった。ボルドーがボールを支配している展開で、我々も何度かチャンスを作ったが退場が試合を決めてしまった。ボルドー相手に10人ではきつすぎた。"


FC Girondins de Bordeaux 2 - 1 Helsingborgs IF
Les buts;
1-0: Chamakh (13e)
1-1: Larsson (18e)
2-1: Jussie (69e)

Remplacements;
60e: Ducasse→Diarra
61e: Tremoulinas→Alonso
74e: Chamakh→Cavenaghi
スポンサーサイト

コメント

内容は悪かったんですか、まあGLを突破できただけでもよしとするしか・・・
最終戦はどんなメンバー、システムで戦うのか興味ありますね。

ニース戦は今一度集中して臨んでもらいたいですね。ベリオンは古巣対決ですね。ラスランドは元気かな?

動画もアップしました

そうですね。
GLを3連勝で突破できたのでよかったです。
一位通過は何か特典がありますかね?

次のニース戦はベリオン、ラスランドの古巣対決です。
ラスランドは2試合連続ゴール中なので要注意ですね。
前節モナコ戦の後半ロスタイムの同点ゴールはファインゴールでした。

10人相手にミスしてチャンス作らせるなど、かなり危険でしたね・・・
ラメがエンリケのミスに激怒していたのが印象的です。
エンリケとラーションが軽く言い争っているシーンも何言ってるのか気になる所でした。
試合に関しては、プラニュスがロングフィードで試合を組み立ててましたね。
フランク・デ・ブールを思い出しました。
カベナギも3度も決定的チャンス作りましたね。シャマフ、ジュシエより存在感を見せたんではないでしょうか?

UEFA杯トーナメント、CLのグループリーグ3位チームが、どこになるのかも気になります。(スポルティング・リスボン、スラヴィア・プラハは決定)

Bordeaux、トーナメント出場おめでとう(^^)

※訂正
ラメがエンリケのミスに激怒していたのが印象的です。

ラメがディアラのミスに激怒していたのが印象的です。
(2人にプレスかけられボール奪われる)

>El Toritoさん
カベナギはゴール前でボールを持つと威力を発揮しますね。
ボルドーは"エリア内でカベナギにボールを持たせることができるか"というのが課題(目標)になってきそうです。(トゥールーズ戦ではゴール前でほとんどボールをもらえなかったので)

プラニュスはシャマクが出ている時にロングフィードを多く蹴る傾向があるような感じがします。
個人的にはポゼッションサッカーを目指してカベナギ、ベリオンを起用して欲しいですが、
守ってロングボールという形ならシャマクでしょうね。(ということはシャマクは守備要員?)
ニース戦の2トップがどうなるか注目です。

>Bordeauxさん
コメントありがとうございます。
やりました!


ヘルシンボリのバクスター監督が辞任したようです・・・

バクスター辞任!?

>rockyさん
UEFA Cupも国内リーグも問題ないはずなのに驚きです。
フットボール以外に何か問題を抱えていたのでしょうか?
来季は是非サンフレの監督に(←無理でしょうけど)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenmicoud.blog99.fc2.com/tb.php/124-dfdbab83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。