2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約延長を望むフェルナンド・カベナギ

日本代表、残念でしたが力を出しきりましたね。
W杯前は全く期待してませんでしたが、こんなに熱くさせてもらえるとは思ってませんでした。
選手・監督には感謝したいです。

さて、練習が再開しいろんなコメントが出てきそうなボルドーの面々。
早速カベナギのインタビューがL'EQUIPEに掲載されました。


“フェルナンド・カベナギ、昨季は難しいシーズンでしたね。新しいシーズンにむけて待ちきれないのではないですか?“
やる気に満ちあふれている。新しいシーズン、新しい歴史のはじまりだ。もう過ぎ去ったことは考えていない。監督は1トップを採用したし、それは受け入れなければならない。来季は以前のようにたくさんのゴールを決めたいと思っている。

“あなたは出場機会を求めてましたよね?“
確かにそうだ。しかしそれは僕だけの問題ではない。これからは以前のように多くの出場機会があることを願っている。アルゼンチンでのバカンス中も個人トレーナーとトレーニングを積んできた。フットボーラーのキャリアは10~12年しかないから、常に100%の準備をしないといけない。

“クラブはあなたを必要としているか分かりますか?“
それはすぐ分かるだろう。監督とミシェル・パヴォンと話をするつもりだ。クラブ幹部とも契約延長の話をするつもりだよ。クラブが僕を必要としていないのなら、もちろん延長はしないよ。でもどうやら僕に残ってもらいたいみたいだし、僕もそのつもりだよ。

“新監督就任は結局のところいいニュースということですね…”
そうだね。争うスタメンのポジションが1つある。昨季はマルアンが全試合に出場していてスタメンが取れなかった。ジャン・ティガナは僕に「攻撃的なサッカーをしたい」と言っていたし、そういう言葉を聞くのは常にうれしいしやる気が出る。

“ボルドーでのリベンジのような印象を持っていますか?“
全くない。フットボールではいい時期もそうでない時期もあることはよく分かっているし、ボルドーでの成績に自信を持っている。

“ボルドーは契約延長を望んでいましたが、残り1年しか契約が残っていません。今までの状況から延長をためらっていたのですか?“
そのとおりだ。状況がどのようになるのか分からなかった。ここに残りたい気持ちは強かったけど、プレーするため監督が自分を信頼してくれるのか知る必要があった。ボルドーでの生活はすばらしものだ。でも最も大事なのはフットボールだ。ボルドーにはバカンスでなくフットのために残りたい。代理人が一ヶ月後にクラブ幹部と会いに来る予定だ。プレシーズンマッチでどうなるかで今後を考えていくよ。

“マルアン・シャマクのように1年後自由契約になることは考えていないのですか?“
そんな単純な問題ではないんだ。マルアンはちょっと特別なケースだった。これから会長とも話す機会があると思う。僕は本当にここを出たくないんだ。新しい監督でゼロからの出発。これを僕は望んでいた。

“ローラン・ブランが残っていたら、状況は難しかったですね?“
確かにローラン・ブランが残っていたら移籍せざるを得なかっただろう。ここ最近は信頼を失っていたからね。5試合に1試合の出場でベストのプレーをするのは簡単ではないんだ。


常にボルドーを気に入っていると発言してくれるカベナギ。
契約延長するかどうかは、ティガナの構想、そしてカベナギ自身のパフォーマンス次第です。
ヴァカンス中からトレーニングをしてきているようですし、怪我の無い今季はコンディションは過去最高と思っていいでしょう。
ティガナ監督にはぜひともカベナギを有効に使ってもらいたいですね。
輝けカベナギ! 今季は得点王だ!!



スポンサーサイト

ジャン・ティガナ "勝つのが大好き"

まずはティガナ新監督のインタビューを

“いよいよ再開ですね。“
そうだ。練習再開だ。フランスでは久々の練習になるよ。今までは外国で監督してたから2,3人の通訳に囲まれてたけど、今回はみんながフランス語を話すからいいね。

“ロッカールームでは選手達に何を話しましたか?“
まずはトリオー会長から話があった。私が1981年にジロンダンの1員になったころの話をした。多くの選手はまだ生まれていないころの話だよ。この歴史の話がちょっと長くてね(笑)。その後私はあまり話をしなかったよ。本当に議論をするのは合宿がはじまってからだ。最初に要求したのは時間を守ることだ。今朝、すでに何人かが遅れてきたのにはちょっとびっくりしたよ。だがそれを正していかなければならないし、それが礼儀というものだ。チームでは常に誰かを待っていることが多いからね。

“選手達と個別に話をする予定ですか?“
それは今ではない。それは2次キャンプが終わってからだ。1次キャンプでは選手達をよく観察する。その後は大まかなチーム構想ができるので、それから細かい話をしていく。

“代表選手達の合流は?“
7月12日の朝だ。彼らがいいバカンスをおくって、心も体もリフレッシュして帰ってきてくれることを願っているよ。

“フランス代表に起こったことについてどう思いますか?“
多くのサポーターと一緒だ…我々は驚き、そして悲しんだ。チーム監督の立場からもコメントしないといけないだろう。私にとってこの一連の騒動はもう終わったことだ。今日、そして明日に集中しなければならない。フランス代表の次の試合はもう近づいている。8月には試合があるし、その後すぐにユーロの予選がはじまる。フランス代表にとって今、そして今後すべきことを考えなければならない。だから過去のことについてとやかく言うつもりはない。

“ジロンダンの移籍にあまり動きがありませんが…”
今ところ動きはないが、フランス国内でも動きが出ている。我々は残念ながらヨーロッパのカップ戦に参加出来ないので、資金面でも影響があるだろう。1人か2人の選手を獲得したいと思っているが、もしそれが出来なくてもこの素晴らしいチームで戦っていく。

“ヨアン・グルキュフの状況についてどう思いますか?“
私の見解は常に同じだ。契約解除に関する条項が存在し、もし誰かがそれだけの金額を払うのであれば、私の言うべき言葉はない。もしそうでなければ、何も不満はないよ。良い選手と一緒に働くのは常にうれしいものだ。

“アンケートによるとグルキュフはフランス代表の将来を担う選手という結果でしたが、それはボルドーにとっても同じですか?“
フランス代表の前に、彼にはジロンダン・ド・ボルドーを背負って立ってもらわなければならない。あなたたちが知っているとおり、所属クラブで輝いてこそフランス代表で活躍できるのだ。

チームについてどう考えていますか?“
私は新しい目でこのチームを見ることができる。全選手を見てからチーム作りをする。全く見ずに選手をふるい落とすことなどできない。全員でキャンプインする。若手の何人かはおそらくレンタルに出るか、あるいは移籍するだろう。だがとにかく全選手を見たいのだ。

“ミシェル・バヴォンと若手について話をしましたか?“
話はしたがミシェルとだけではない。みんなと話をした。だが、私は自分自身の意見を持ちたい。ミシェルやドミニク・ドロプシーなど、チームスタッフはそれぞれ意見を言ってくれた。最終的に判断を下すのは私だ。

“昨季のボルドーの試合はみましたか?“
たくさん見たよ。全試合ではないが多くの試合を見た。昨年と今年ですべてが変わっていた。昨季CLで活躍したチームでなく、2年前リーグ優勝を果たしたようなチームを作りたい。目標は今季何かを勝ちとることだ。

今シーズンの行程表のようなものがあるのですか?“
私の選手として監督としてのキャリアを見れば、私が勝つことが大好きだということが分かるだろう。最初のリヨン(2位)を除いて、全てのクラブで勝ってきた。モナコでもフルハムでもベシクタスでも。だからボルドーをこのまま放っておくことはできない。

“あなたのサッカー哲学は?“
美しいサッカーが好きだが、それぞれの選手が自分の役割をしっかりこなすことが大事だ。メッシでもいれば何の心配もないがね。攻撃的なサッカーをすることは重要だが、最も重要なことは勝つことだ。

“今日の選手達についてどう感じましたか?“
彼らはいい過ごし方をしてきたと思う。何人かの選手は太ってくるかと思っていたが、そうではなかった。それにはいい意味で驚いたよ。

“選手獲得が必要なポストはどこでしょうか?“
シャマクを失ったから、FWの補強は必要だろう。怪我人や出場停止などを考慮すると今のままではFWの数は足らない。これから移籍する選手もいるだろう。全てのポストに2人ずつの選手が必要だ。

“ブラジルでの滞在では、何か掘り出しモノは見つかりましたか?“
ちょっと遅すぎたようだ。私が目をつけた選手はみんな他チームとサインしていたよ。でもリクルート担当のジェローム・ボニッセルと一緒に行動できたことはよかった。彼の感性は重要だし、彼の仕事ぶりも興味深かった。



 レンタルした選手が全員帰ってきたのは、やはり自分の目で確認したかったということですね。まずは選手を全員見て、チーム構想を立てるようです。まだどんなコンセプトのチームを作りたいのか分かりませんが、とりあえずシステムに選手を当てはめるタイプの監督ではなさそうです。
 注目の補強に関しては1人か2人と言ってますね。FWと右SBくらいでしょうか。FWに関してはロイク・レミーを希望しているという報道が出ました。後はディア、ベナルファなど。スピード・決定力を兼備えた選手を欲しているようです。レミーが来てくれればうれしいですが、移籍金は1200~1400万ユーロ。とりあえず現時点では手が届きそうにないです。あと、ベナルファはキャラが悪いので勘弁。

練習再開

1111

2222

ジャン・ティガナ監督の元、最初の練習が行われました。
レンタル軍団が全員帰ってきていますね。ピエール・デュキャス、フロイド・アイテ、ポール・ラスン、ケヴィン・オランパ、マチュー・ソニエ、チェイク・ディアバテ(怪我)、そしてフロリアン・マランジュ。やはり、一度は全員見ておきたいのでしょう。
注目はマランジュ。ブラン体制では戦力外扱いでル・アーブル、ナンシーにレンタルで出ていますが、今季はトレムリナスのバックアップとして期待されているようです。かなり前からいる選手ですがまだ24歳。成長してくれてたらいいのですが…。
フランス代表組は7月12日からの合流になります。

シャマクの後釜は誰?

世間はワールドカップの話題で持ちきりですね。(日本やった!)
シャマクの後釜もワールドカップが終わらないと決まらないのでしょうか。
いろんな報道がありますが、現時点では本命が誰なのかまったく分かりません。とりあえず名前を列挙しときます。
ジニャックが移籍した場合、後釜としてベリオンがトゥールーズに行くという噂もありますね。もしそうなったらもう一人獲得するのかな?

ギョーム・オアロ(PSG):来てくれないでしょう。
ブランダオ(マルセイユ):いらん。トリオー会長が否定したから多分大丈夫。
ダニエル・リュボヤ(グルノーブル31歳):もっといらん
イシアール・ディア(ナンシー23歳):1000万ユーロ。ちょっと厳しいか。
ケヴィン・ガメイロ(ロリアン23歳):ロリアンが1500万ユーロと設定。無理。
マガイエ・グエイェ(ストラスプール19歳):昨季18ゴール。
ボボ(べシクタシュ25歳):ティガナの元でもプレー。最近話題にのぼっていない。
ラファエル(ヘルタ・ベルリン):かなり昔にでた噂。
ダゴベルト(サンパウロ27歳):ティガナの前でハットトリック。
アンドレ・フェリペ(サントス19歳):17歳でデビューし47試合で28ゴール。PSGやリヨンも注目している。
マリオ・マンズキッチ(ディナモ・ザグレブ24歳):ミシェル・パヴォン副監督のお気に入り。
デュメルシ・エムボカニ(スタンダール・リエージュ):代理人がボルドーとのコンタクトを認めたがASローマが本命とのこと。1200万ユーロ。

ナンシーにレンタルしてたチェイク・ディアバテ(23歳)が帰ってきますね。194cmの大型選手で足元もなかなか上手いようです。昨季は怪我に泣きましたが、その前はレンタル先のL2のアジャクシオで14ゴールを挙げて現地サポーターからの支持も厚く、”Diamant noir”(黒いダイアモンド)というニックネームを貰っていたそうです。彼が活躍してくれれば最高ですね。

ヴェンデルも残留希望

またまたうれしいニュース!
フェルナンドに引き続き、ヴェンデルも残留希望を表明しました。クラブもしっかり引きとめるべきでしょう。
フランス代表もあり得るんですね、知りませんでした。
ヴェンデルはさすがに今季はブラジルに帰ってゆっくりしているようですね。来季も期待しています。


“ヴェンデル、新監督ジャン・ティガナに対するあなたの意見は?“
間違いなく新しい方法論を持った監督だ。今はどのように試合をするのか分からないけど、ジャン・ティガナは所属したすべてのクラブで成功してきたし、偉大な選手だった。同じようなフィロソフィーで何か少しプラスして続けていけることを期待しているよ。

“昨季多くの選手が契約を延長しましたが、あなたはまだですよね…”
確かにそうだ。クラブ幹部と会うことができなかったけど、あと2年契約が残っている。チームは目標を達成できず、来季にヨーロッパで戦うことができないけれど、個人的には15ゴールと多くのアシストを決めることがでたしベストのシーズンを送ることができた。ボルドーに帰りしだいクラブ幹部に会って、来シーズン僕を必要としているのか知りたいし、知る必要がある。

“ボルドーから契約延長の話がなかったことにがっかりしていますか?”
クラブ幹部が自分とコンタクトをとらなかったことにちょっとびっくりしているよ。なるべく早く会いたいと思っている。がっかりはしてないけど、みんな契約延長したよね。28歳だし、次が最後の契約になると思う。

“あなたの望みは?”
もちろんボルドーと契約延長したいと思っているよ。たとえ来季ヨーロッパのカップ戦に出れなくてもこのクラブに残りたいんだ。もうここにきて4年経つけど、すばらしい時間を過ごしてきた。だけどすべての事はいろんな方向に進みうるからね。

“もしボルドーと契約できなかった場合を考えて、あなたはすでに他チームとコンタクトをとってますか?”
ワールドカップを控えているから移籍市場は今のところ静かだね。でも少しコンタクトはあるよ。バカンス前、代理人に僕の契約について他クラブから問い合わせがあったようだ。僕はとてもいいシーズンを送ったから、そういう動きはあるだろうね。ワールドカップ後に代理人と会って、一番いい決定をするよ。

“ジャン・ティガナの意見は大事ですか?”
もちろん。新しいコーチが僕の事をどう思っているのか、来季の戦力として考えてくれているのか知る必要がある。

“ブランの移籍についてどう思いますか?”
彼とともに成長できたからちょっと悲しいね。彼の指揮のもと41ゴールを決めることができたけど、このレベルまでこれたのは彼のおかげだよ。彼がボルドー時代と同じフィロソフィーでフランス代表で成功することを願っているよ。

“彼がフランス代表に呼んでくれるかも…”
(笑)フランス国籍を得るまであと1年あるよ。その後はフランスのために戦うのはちょっとした夢だから、彼が呼んでくれるじゃないかな?でも一年あればいろんな事が起こるだろうね。多分もうフランスにいないんじゃないかな(笑)。

フェルナンド残留へ

L’EQUIPEでのインタビュー。フェルナンド、堂々の残留宣言です。
トレムリナスも残ってくれそうだし、FWでいい補強ができれば来季も戦えそうです。


“フェルナンド、ジャン・ティガナが新監督に就任しました。どう思いますか?"
今バカンス中だし、娘も生まれたところでまだ彼のことはよく知らないんだ。練習再開まで考える時間はたくさんあると思う。でも違う方法論、違う哲学を持った新しい監督と新しい経験を積むのは楽しみだね。まだ彼とは話をしていないけど新しい発見ができると思うとわくわくしているよ。

“昨季契約を延長したばかりだけど、外国クラブ数チームがあなたの獲得に興味を示していますよね。今後についてどう考えていますか?“
契約を延長したばかりだし、来季に向けて動こうとは思っていないよ。それにオファーも来ているわけではない。6月28日からのボルドーの練習に参加するよ。残り4年の契約があるから来季も僕はボルドレだよ。

“ボルドーと長い契約を結んだのは、保険のようなもの?”
僕が5年ボルドーにいて、さらに4年の契約を結べたということは、クラブ幹部に信頼されていて彼らが僕の働きに満足しているということだろう。僕はしっかり準備して、いつもベストを尽くせるようにしないければいけない。ブラン監督時代には、フェルナンドには出場機会があまりないだろうという人もいたけど、結局もし怪我をしてなかったら最も多くプレーした選手の一人だったと思う。新しい監督になっても同じ事だろう。自分がスタメンをとるという野心を示すべく、ティガナのために努力は惜しまないつもりだよ。

“ローラン・ブランの移籍に関してどう思っていますか?”
自分にとってはこれは普通の事だと思っているよ。3年同じクラブを指揮して新しい挑戦を望んでいるのなら、それは当然だ。監督、そして選手の移動はフットボールの一部で今の自分にとっては関係ない。これはクラブ史の一部だよ。

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。