2010-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL決勝1回戦 Olympiakos-Bordeaux

アウェーでの勝利は大きいですね!
よかったです。

得点はまたもやセットプレーからでしたが、これも立派なボルドーのストロングポイントです。セットプレーなら格上相手でもチャンスがあるし、サプライズを起こせるかもしれませんよ!

今年に入ってほころびがちだった守備も今回は安定していたし、ボール奪取もかなりありました。決勝トーナメントのアウェー戦ということもあり、ブランの戦略も今までに比べるとかなり守備的でした。特に両サイドのプラシル、ヴェンデルがかなり守備を意識していたように思います。後半終了間際にセットプレーからのピンチがありましたが、瀬戸際でよく防ぎました。

サネの活躍も収穫ですね。今のボルドーのメンバーを考えるとCBでもMFでも使えるのはあまりに大きいです。ただ抜かれた時に後ろからファールで止めに行くことが多いので、それはちょっと冷や冷やものです。サネの場合は経験を積むしかないでしょうね。

攻撃のほうはかみあってなかったですね。今までのように攻撃に人数をかけていなかったのもあるけど、やっぱりグルキュフがいまいちでしたね。昨季のようにグルキュフに違いを作ってもらわないとこれから厳しい試合が続くと思います。

トレムリナスとシャルメはかなりケアされていて、サイドからのチャンスがあまり作れませんでした。研究されていたのでしょうね。速攻、中央突破力が強いチームではないので両サイドを封じられると厳しいものがありますが、第2 戦は相手も前に出てこざるを得ないのでまた違った戦いになるでしょう。

満足の行く内容とまではいきませんが、とにかくこの結果に満足!
ベスト8進出が見えてきました。


Olympiakos Piraeus v Bordeaux
peerzoner. -

OLYMPIAKOS - BORDEAUX : 0-1

But : Ciani (45eme+2) pour Bordeaux

Arbitre
M.Webb (ANG) : 7

Olympiakos
Nikopolidis (cap) : 5
Torosidis : 5
Av.Papadopoulos : 5
Mellberg : 7
Raul Bravo : 6
Maresca : 5
Ledesma : 6
(Zaïri, 64eme)
Stoltidis : 6
T.Lua Lua : 7
Mitroglou : 6
(Derbyshire, 77eme)
Datolo : 5

Bordeaux
C.Carrasso : 8
Chalmé : 5
Ciani : 7
Planus (cap) : 6
Trémoulinas : 6
Fernando : 5
Sané : 7
Plasil : 7
(Gouffran, 83eme)
Gourcuff : 6
Wendel : 5
(Jussiê, 83eme)
Chamakh : 5
スポンサーサイト

ヴェンデル、自らのキックを語る

最近得意のFKが炸裂しているヴェンデル。
ファンとしてはとても心強いものがあります。
地元紙Sud-Ouestのネット版に掲載されたインタビューからの抜粋を紹介します。


“フリーキッカー、それは生まれ持った才能なんだ。シーズン初めからFKで失敗し続けてきたけどトゥールーズ戦のゴールで自信を取り戻した。何かが僕を解放してくれた感じがする。FKを蹴る時はとても落ち着いている、PKを蹴る時もだ。以前は35mくらいのFKをよく決めていたけど、ペナルティエリア付近から蹴るのが好きだね。16mくらいのキックでは6,7人の壁が出来るけど、ちゃんと蹴れば入るんだ。自信と少しの正確さが必要だね。
最近の3本のFKの中だとロリアン戦のがお気に入りだ。エリアにすごく近かったからね。壁もジャンプするからボールを上げないといけなかった。ゴール隅にとんだし完璧だった。

蹴る瞬間は無になる。すべてを忘れようとしている。試合の事もサポーターもだ。まず枠に飛ばさないといけない。ゴールする時は蹴った瞬間に分かるんだ。完璧に蹴った時にはGKは止めることができないし、多分動くこともできないよ。

僕は右サイド全部のFKとCKを蹴っていてグルキュフが左サイドから蹴っている。サンテティエンヌ戦では正面から蹴る機会もあったけど、ヨアンが蹴らせてくれと頼んできたから彼にまかせたんだ。全然気にしていないよ、僕はエゴイストじゃないからね。ヨアンが早く決めてくれるのを願っているよ。

2010年からチームのPKキッカーに任命されたんだ。ユースの時からPKが好きだったから興奮しているよ。でもクルゼイロやサントスでは僕より才能ある選手とプレーしてたし、ここでもグルキュフやカベナギ、ジュシエといった上手な選手がいた。

ロリアンではオダールが僕のロデズ戦のPKを見てたのかどうか知らないけど、彼も右に飛んだね。でも僕はギリギリの瞬間までGKが飛んだ反対側に蹴れるんだ。僕の強みは苦手なコースがないこと、右にも左にも同じように蹴ることができる。キーパーが動かなければ強く蹴るけど、僕にはそれが可能だ。実際はいつも蹴る直前にGKの動作が分かるんだけどね。“


ヴェンデルのPKはちょっと遠藤みたいで上手だなって思ってたけど、もしかしたらかなりのPK名人かも。
それならはじめからヴェンデルに任せとけば今まで苦労しなかったのに…
エゴイストじゃないって言ってるけどホントに控え目なのかな、ヴェンデルって。
とにかくこれからはドキドキしながらPKを見なくてもすみそうです。
CLとかカップ戦でPK戦になったらかなりドキドキしそうですが…

決勝進出!

CKから先制されますが、わずか23分でロリアンDFのKoscielnyが一発退場しかもPK献上。これで試合が決まってしまいました。
ビデオを見てのとおりで疑惑の判定。ロリアンにとってはちょっと気の毒でした。

ほとんどが11人対10人だったので内容は置いといて、ヴェンデルのFKが当たってきましたね。スタメン3試合連続でFKが決まってます。PKもかなり上手そうですね。

これでリーグ杯決勝進出。
3月27日スタッド・ド・フランスでマルセイユとの決戦です。
盛り上がりそうですね。



CDL Lorient - Bordeaux Demie 2010
. -

Coupe de la Ligue / Demi-finales
LORIENT - BORDEAUX : 1-4

Buts :
Koscielny (12eme) pour Lorient
Wendel (23eme sp et 81eme), Chamakh (29eme), Gouffran (88eme) pour Bordeaux

Arbitre
M.Turpin : 5

Lorient
Audard : 5
Sosa : 5
(J.Fanchone, 66eme)
Marchal (cap) : 5
Koscielny : Non noté
Le Lan : 4
Amalfitano : 5
Mvuemba : 6
Ducasse : 6
S.Diarra : Non noté
(Morel, 29eme : 4)
Dubarbier : 5
Gameiro : 4
(Vahirua, 58eme)

Bordeaux
Ramé (cap) : 5
Chalmé : 6
Ciani : 5
Planus : 6
Trémoulinas : 5
Sané : 5
Fernando : 6
Plasil : 5
Gourcuff : 6
(Sertic, 74eme)
Wendel : 7
Chamakh : 7
(Gouffran, 62eme)

第24節 Bordeaux-ASSE

大変ご無沙汰しております。
リヨンがレアルを無失点でやっつけましたね。
メンバーが変わろうと相性の良さって存在するんですかね?

さて先週末のサンテティエンヌ戦、決して内容がよかったわけではないですが3-1で勝利。とにかく勝ち点3が取れたのは大きいです。
前半は問題なかったのですが、後半の30分間はダメダメでした。ディアラの代わりにボランチに入ったサネはそれほど悪かったとは思いませんが、昨年後半の守備はどうなったんだって言うくらい中盤でスペースを与えすぎ。シャマクがCKをハンドで止めてPKもらった時にはもうダメかと思いましたが、ベルヘッジオのPK失敗に助けられました。あそこで2-2にされてたら結果がどうなっていたかわかりません。
サッカーとは怖いものでこれでボルドーは元の調子を取り戻し、結局ヴェンデルが3点目を決めて勝負あり。
ヴェンデルはFKからのアシスト(これはFKもシャマクのヘッドも完璧)、FKと2ゴール1アシストの大活躍でした。

トータルで見れば勝利に値する試合内容ですが、あの30分間があまりに悪かったのでまだ不安が残ります。リヨンみたいにチャンピオンズリーグでいい試合をしてもらって、復調のきっかけにしてくれるんじゃないかと期待しています。



BORDEAUX – SAINT-ETIENNE : 3-1

Buts : Chamakh (13eme), Wendel (29eme et 79eme) pour Bordeaux –
Sako (45eme) pour Saint-Etienne

Arbitre
M.Fautrel : 7

Bordeaux
C.Carrasso : 6
Chalmé : 5
Ciani : 5
Planus (cap) : 5
Trémoulinas : 5
Sané : 4
Fernando : 5
Plasil : 5
(Gouffran, 78eme)
Gourcuff : 5
(Sertic, 74eme)
Wendel : 7
Chamakh : 6

Saint-Etienne
Janot : 6
Perrin : 6
Benalouane : 4
(Monsoreau, 90eme)
Diakhaté : 5
M.Dabo : 4
Payet : 5
Matuidi (cap) : 6
N'Daw : 5
Sako : 6
(Mirallas, 78eme)
E.Rivière : 4
Sanogo : 4
(Bergessio, 61eme)

フランスカップ敗退

5分間のハイライトしか見てませんが、完敗だった模様。
ブランも正直に「モナコがすべてを上回っていた。我々にとって良かったのはスケジュールが楽になったことだけだ。」とコメントしています。
それほどメンバーを落としているわけではないのにホームでこの結果はちょっと...

どうも攻撃も守備もうまく行ってない感じで、なかなか勝てませんね。この超過密日程に加えディアラが怪我してしまっているので、負けて日程に余裕ができる分ちょっとだけホッとしています。ついこないだまで”目指せ3冠!”なんて記事をかいてたのですがそれどころではありません。結局ボルドーの選手層ではリーグ戦+3つのカップを戦う体力はないってことです。

ブラン監督がシーズン前に言っていた”必ず来る悪い時期にどう戦うか?” 
まさに今この瞬間でしょう。
リーグ杯のロリアン戦は負けてもいいからリーグ戦のASSE戦とオリンピアコス戦、結果が欲しいです。


Bordeaux 0 – 2 Monaco
     D.Traoré (27e)
     M.Maazou (53e)

Ramé
Henrique
M.Ciani
F.Jurietti
 M.Chalmé (61e)
B.Trémoulinas
Fernando
Y.Gourcuff
J.Plasil
Jussiê
 G.Wendel (61e)
F.Cavenaghi
 Y.Gouffran (61e)
D.Bellion

25節オセール戦延期!

CLオリンピアコス戦を直前に控えた2月20日(土)予定のオセール戦が延期されることが決定しました。
代替日程は未定です。

元々ボルドーはLFPに対しオセール戦を19日(金)に前倒しすることを要求していました。
トリオー会長は「認められなければ直前のリーグカップ、ロリアン戦(17日)にはリザーブチームをおくり込む。選手の怪我が心配だ。」と強気のコメントを残してました。
(この要求が通ったところで中1日の強行日程になるのですが…)
しかしLFPは“14日のASSE戦はCanal+(テレビ局)の放送が決まっている。17日にはリーグカップがあるから。”という理由でボルドーの要求を却下。
これにはブラン監督も不満を述べてましたが一転、今日延期が決定しました。

今までなかなか日程を配慮してくれなかったLFPですが、ようやく協力してもらった感じです。
これでとりあえず今月の超過密日程は少し改善しました。
今はチーム状態がそれほどよくないしディアラも不在なので、やっかいな相手のオセール戦が延期になるのは願ってもないです。

第23節 Bordeaux-Rennes

ボロ負けが分かっている試合を後から観るのはつらいものがありますね。リーグ4失点はしばらく記憶がありません。一昨年の屈辱のカーン戦以来でしょうか。

まずはブラン監督のコメント。
「意外と思われるかもしれないが、自分のチームに十分満足している。個々のエラーがなければ、そして修正していくなら方向性は全く問題ない。この結果そしてこれだけ失点をしたことに満足していないが、2010年に入ってはじめていいサッカーができたのも事実だ。」

確かに65%のポゼッションで圧倒。ボール奪取もパス回しのテンポ、攻撃のダイナミックさはここ最近で一番の内容でした。グルキュフも復調の兆しをみせてきています。ボールのキープ力も戻ってきましたしいいパスを連発しました。
しかし失点シーンはあまりにもあっさりしすぎ。レンヌの高速カウンターも切れていたのでしょうが、前半3分の失点はマルヴォーをどフリーにしてるし、3点目、4点目も今までなら防げているはず。
前半14分にディアラが負傷退場してしまったのも響きました。交代してすぐの混乱していた時間帯にPKを与えてしまったのは痛かったです。中盤に入ったプラシル、フェルナンドともかなり攻撃の意識を持っていたのでリスクを冒した結果失点を重ねたのはまぁしょうがないですね。

少し気になるのは選手起用。前節のブーローニュ戦も今節も勝っていないにもかかわらず交代枠を1つしか使っていません。交代枠を使ってゴールを狙ってもよかったのではと思うのですが、長いシーズンを考えての起用なんですかね?ブラン監督のことなので何か思惑があるのでしょう。

最も替えのきかないディアラ不在で、これからリーグ戦もチャンピオンズリーグも厳しい戦いになりそうですね。ただ最新のニュースによるとそれほど重症ではないらしいのでちょっと安心です。

惨敗後は連勝を重ねることが多いブランボルドー。今回もそうなってくれればいいのですが・・・


Rennes 4-2 Bordeaux
S.Marveaux (4e)
J.Briand (17e sp)
Is.Bangoura (48e)
                 Y.Gouffran (64e)
                 G.Wendel (69e)
A.Gyan (78e)


Rennes
1. N.Douchez 6
12. R.Fanni 5
3. C.Bocanegra 5
5. A.Mangane 7
13. P.Hansson (c.) 5
7. J.Leroy 7
15. Y.M'Vila 7
18. F.Lemoine 6
→A.Tettey (46e) 6
8. S.Marveaux 8
19. J.Briand 8
→10. A.Gyan (77e)
21. Is.Bangoura 8
→29. R.Danzé (71e)
Bordeaux
1. C.Carrasso 4
2. M.Ciani 3
21. M.Chalmé 3
27. M.Planus 3
28. B.Trémoulinas 4
4. A.Diarra (c.)
 →17. G.Wendel (14e) 5
5. Fernando 4
7. Y.Gouffran 4
8. Y.Gourcuff 5
18. J.Plasil 4
29. M.Chamakh 3

フェルナンド契約延長! ジュシエも

fer

一時はジェノアへの移籍が秒読みと言われていたフェルナンドですが、ボルドーとの3年間の契約延長に合意しました。さらにジュシエも4年の契約延長。
フェルナンドもジュシエも複数のポジションをこなす貴重な戦力。今のところ必ずしもスタメンを保証されていないこの2人が残ってくれるのはうれしいニュースです。

最近エンリケ、サネ、ベリオンが契約延長したばかり。来季も大きなメンバー変更なくチーム構成が出来そうな感じです。

アーセナルやリバプールへの移籍が噂されるマルアン・シャマクもまだ残留の可能性が残されています。
1月半ばには「残留する意志はない。自分のためにもチームのためにも1月中には去就をはっきりさせたいと思う。」とコメントしましたが、その後「一月初めは少し混乱していた。基本にもどってボルドーでのプレーに集中する。」と発言しています。

第22節 Bordeaux-Boulogne

残念!
特に90分、オフサイドで取り消されたシャマクのゴール。
確かにFKを蹴った時には3人がオフサイドのポジションにいましたが、決めたシャマクはそれより後ろから走り込んでました。
ただかなりの密集状態だったのでビデオ判定でもないと難しい判定ではありましたね。仕方ないです。
その前にもシャマクがエリア内で倒されたシーンもPKだと思うけど、運がなかったです。
ただそれ以前にチャンスを確実にモノにして試合を決めとかないといけなかったですね。相手は5バックでドン引きでしたが、FKも含めそれなりにチャンスはあったと思います。調子をとりもどしつつあるカベナギに期待してましたが、今回は当たりませんでした。ただ確実にゴールに絡んできますし、これからも結果がでてくれるでしょう。

あとはラメ。
ラインを上げまくっていたこともあって決定的なカウンターを2度ほど浴びましたが、ファインセーブで助けてくれました。

19位のブローニュ相手に勝ち点3を取れなかったのは残念ですが、チーム状態が悪いわけではありません。攻撃陣は好調とはいえませんが、大崩れはないと思います。あと守備的戦術でカウンター狙いのチームにはこれからも苦労しそうですね。
(オセールにはホームで返り討ちに遭うかも…)

次の試合からカラッソ、ディアラ、グフラン、セルティッチ、トラオレなど続々と復帰します。ほぼフルメンバーなのでリーグカップもフランスカップも頑張って欲しいですね。シャルメがリーグ杯のスダン戦で出場停止、プラニュスがフランスカップで出場停止という巡り合わせもラッキーです。(プラニュスはマルセイユ戦のレッドで1試合の出場停止+10試合以内にイエローをもらうとさらにもう1試合出場停止という厳しい処分でした。)


Bordeaux 0-0 Boulogne

16. U.Ramé (c.) 7
2. M.Ciani 5
21. M.Chalmé 5
27. M.Planus 5
28. B.Trémoulinas 5
5. Fernando 6
8. Y.Gourcuff 4
17. G.Wendel 4
→10. Jussiê (67e)
18. J.Plasil 5
9. F.Cavenaghi 5
29. M.Chamakh 5

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。