2010-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月も超過密日程

2月

リーグ戦の間にCL、フランス杯、リーグ杯を戦う2月は大変です。
2日のスダン戦に勝ったら準決勝ロリアン戦が17日に予定されており、月8試合の超過密日程となります。

フランス杯、リーグ杯で完全ターンオーバーすればどうにかなるかもしれませんが、ブラン監督はリーグ杯ル・マン戦でほぼベストメンバーで望むなど本気で国内カップも狙っているようです。どのような選手起用をしてくるのか注目です。まずは大きな怪我人が出ないことを願っています。
そのためにも国内カップで勝つにしろ負けるにしろ90分で試合を終えてもらいたい...

スポンサーサイト

目指せ! 3冠

ご無沙汰しております。
国内カップも勝ち残っているボルドーはかなりの過密日程。
ターンオーバーがかなりうまくいっていますね。

シャルメ ”当然3冠を狙っている。難しいと思うけど頑張るよ。”
この発言を受け、francefootballには
“それで4つ目(チャンピオンズリーグ)は?”との記事。


リーグ戦21節
GRENOBLE - BORDEAUX : 1-3
Batlles (46eme) pour Grenoble
Gouffran (53eme), Chamakh (56eme) et Cavenaghi (83eme) pour Bordeaux

失うモノは何もないグルノーブルに苦しめられました。
後半早々のジュアンの退場がなければ結構厳しかったかも…
それでもきっちり3点とって勝利。

フランスカップ1/16final
BORDEAUX - AJACCIO : 5-1
Plasil (2eme), Wendel (38eme) et Cavenaghi (42eme, 58eme et 84eme) pour Bordeaux
Guerriero (56eme) pour Ajaccio

6連勝中のアジャクシオでしたが圧倒!
そしてお待たせ。カベナギ復活です!!!
グルノーブル戦では途中出場即ゴール、この試合は見事ハットトリックでした。


リーグ杯 1/8final
LE MANS - BORDEAUX : 2-3
Le Tallec (5eme), Joao Paulo (38eme) pour Le Mans
Gouffran (14eme), Gourcuff (36eme), Plasil (49eme) pour Bordeaux

この試合は観ていませんが、ブランのコメントは環境の悪さへの愚痴ばかり。
極寒でピッチ状態は最悪だったようです。
それでも観に行ったファンはそれなりに楽しんだでしょう。

Oh ディアワラ

マヴバやフェインドゥノなど元ボルドー選手は大抵拍手で迎えられるのですが、ディアワラは予想どおり大ブーイングを浴びてしまいました。やっぱりマルセイユというのがよくなかったですね。基本的にボルドーサポ=アンチOMらしいです。

しかもこんな酷いチャントまで・・・。
ある程度のブーイングは覚悟していたと思いますが、さすがにこれはかわいそうです。



"Oh diawara, Va te faire enculer, elle est ou ta fierté, on peu faire plus fort, on va faire plus fort"
(Ohディアワラ、○○を堀りにきたのか?お前の誇りはどこへ行った?もっと強く歌えるぞ。もっと強く歌ってやる。Ohディアワラ・・・)


これにはキャプテンのディアラが反応しました。
「スレイ(ディアワラ)はとても魅力的な男だ。昨シーズンは我々にすばらしい貢献をしてくれた。プロフットボーラーとしてキャリアの選択は彼の自由だ。ボルドーサポーターの態度にはがっかりした。恩知らずで思いやりに欠けている。」

第20節 Bordeaux-Marseille

引き分けでよかった。貴重な勝ち点1です。


L’EQUIPEなどで話題の中心になっているのは審判のドゥアメルさん。
前半終了間際のオウンゴール、シャマクは明らかにマンダンダの手にヘッドしてました・・・。線審に意見を聞きに行ってたのでどうなるかと思いましたが判定は覆らず。
そして鉾先は60分のプラニュスの一発レッド。前半のジャッジミスの穴埋めか?とか騒がれているようです。まぁレッドでもおかしくないプレーではありましたが。

プラニュスの退場まではボルドーペースといってもいいでしょう。ボールを支配しサイドまでは崩すけど、決定機がなかなかつくれないという最近の傾向こそありますが、例によってポゼッションで勝りマルセイユにほとんどチャンスを与えませんでした。マルセイユは攻撃にまとまりがなく、しかもルチョが攻撃に絡めないのでちょっとイマイチでしたね。

ボルドーはカラッソがふくらはぎの怪我で退場、そのうえ30分も10人で戦いました。特に最後の10分か15分は途中出場のベナルファとヴァルヴエナに引っかき回されていつ失点してもおかしくないハラハラの展開でした。セットプレーからの失点は仕方ないですね、よく同点までで踏ん張りました。特にシアニの獅子奮迅ぶりは鳥肌モノでした。

フィジカル的にトップレベルではないと試合前にブランが言っていたので心配していましたが、内容はそれほど悪くなかったですね。ただボールを支配している割にはチャンスが少ないのは昨年後半から変わってません。やっぱりグルキュフの復調を待つしかないのでしょう。昨季は1,2月で調子を落として後半で巻き返したので、今季もそうなったらいいな。


L1 / 20eme journée
BORDEAUX - MARSEILLE : 1-1

Buts : Mandanda (45eme, csc) pour Bordeaux – Be.Cheyrou (81eme) pour Marseille

Arbitre
M.Duhamel : 3

C.Carrasso : 6
(Ramé, 58eme)
Chalmé : 6
Ciani : 8
Planus : 6
Trémoulinas : 6
A.Diarra (cap) : 6
Plasil : 5
(Sané, 80eme)
Wendel : 4
Gourcuff : 5
Gouffran : 4
(Fernando, 46eme : 5)
Chamakh : 4

Mandanda : 5
Bonnart : 5
(Ben Arfa, 64eme)
So.Diawara : 7
Hilton : 5
Heinze : 5
(Bocaly, 69eme)
E.Cissé : 6
(Valbuena, 77eme)
Be.Cheyrou : 5
Abriel : 6
Lucho : 3
Brandao : 5
Niang (cap) : 6


Bordeaux 1-1 Marseille LES BUTS (17/01/2010)
. -

ブラン "マルセイユ戦は早すぎる"

いよいよリーグ戦、再開! いきなりマルセイユ戦です。
毎年紹介していますが、ホームでは33年間負けていない相性のいい相手です。
これで勝てばチャンピオンさえ見えてくるこの試合。
ブランのコメントは?


ローラン・ブラン、ボルドーマルセイユ戦はちょっと早すぎませんか?

確かにマルセイユ戦はちょっと早いと思うが、これは日程の偶然だ。当然両チームともトップレベルでは戦えないと思う。

ジロンダンにとってこの試合の結果が良ければ、すでにリーグで転機となる試合と言えますか?


両チームとも優勝候補だが、この試合はボルドーよりもマルセイユにとって重要な試合と言えるだろう。特定の試合に関してそのようなこと(転機となる試合)は言わない…順位のことは考えず、試合に勝利したい。

リーグ杯ではルマンまで試合をせずに往復(雪のため試合延期)しましたが、日曜日の試合にむけてフィジカル的な準備はできているのでしょうか?

そんなことは分からない! リーグ1の監督ができる限りのトレーニングをして、1月16日か17日に完全に準備が出来ていると言ったなら、それは全くのうそだと思う。マルセイユが仕上がっているかどうかは知らないが、ルマンのエピソードは良くなかった。何を言われようが、試合をするのが好ましかった。

ヴェロドロームでのアウェー戦(0-0)のように、激しい試合が予想されますが?

フィジカルだけではない、このような試合はそれだけでは勝てない。我々にそれ以上のものを課せられたなら、私の選手達はそれに答えてくれるだろう。しかしさらに難敵が待ち受けている。冬の中断期間中の補強で、あるチームにはかなりのチャンスが出てくるだろう。なぜなら彼らには資金力があるからだ。

今後ボルドーは優勝候補として戦っていかなければなりませんが、それはより大変なことでしょうか?

昨季は追う立場だったが、今は追われる立場にいる。素晴らしい前半戦だったし、これからも同じようにできるように努める。ただこれがベストの立場なのかは分からない。いままでの勝ち点43という結果には満足している。後半戦で我々より多く勝ち点を取るチームがあったなら、そのチームにブラボーと言うだろう。

この試合ではスレイマン・ディアワラがボルドーに帰ってきますが?

自分にとって確かなことは、彼を歓迎するということだ。クラブを換えるのは、その選手のフットボール人生の一部だ。素晴らしい時を共有したし、仲違いをしたわけでもない。彼は自身で語っているように良い選択をした。彼と再会するのが楽しみにしている。

相手ベンチにはディディエ・デシャンもいますが…?

我々は敵同士ではなく、友だ。彼の成功を願っている。そして何が起ころうと彼は私の友人であり続けるだろう。友人関係はフットボールよりも重要なことだ。競争心はあるが、我々の関係を妨げるものではない。トランプやペタング(南フランスでよくする金属球を用いたカーリングのようなゲーム)と同じようなものだ。友達と一緒にプレーするけど、勝負には勝ちたいでしょ?

2010年初勝利

2010年緒戦はフランスカップ、相手はナシオナル(4部)のロデズです。
昨季PSGを破るサプライズを起こしたロデズの必死の守備に苦しめられましたが、77分にプラシルが得たPKをヴェンデルが決めどうにか勝利しました
それにしてもPK久しぶりに決まりましたね。これでしばらくPKキッカーはヴェンデルがつとめることになるのでしょうか。今年はPK失敗を見たくないものです。

ところでボルドーの南米組は7日までバカンスだったのですが、ヴェンデルは昨夏に引き続いてボルドーに残り調整したため、この試合に出場しています。この夏くらいは帰省するのかな。

今晩はリーグ杯のルマン戦です。
週末のマルセイユ戦を見すえ、ロデズ戦とこのルマン戦で全員を起用すると明言しました。残り5人の南米組(フェルナンド、カベナギ、ジュシエ、エンリケ、プラセンテ)や出場停止だったプラニュスなどが先発することになりそうです。サネがバックアッパーとして活躍しエンリケも帰ってきたので、この過密日程もうまくローテーションで乗り切れそうな感じ。今季はフランスカップもリーグカップも狙って欲しいです。


Bordeaux 1 – 0 Rodez
But : Wendel (77eme, sp) pour Bordeaux

Arbitre
M.Guillard : 5

Bordeaux
Ramé : 6
Jurietti : 5
Ciani : 5
Sané : 5
Trémoulinas : 5
A.Diarra (cap) : 5
Gourcuff : 5
Sertic : 5
(Plasil, 74eme)
Wendel : 5
Gouffran : 5
(Bellion, 67eme)
Chamakh : 5
(Saivet, 83eme)

Rodez
Vallaurio : 6
Tritz : 6
Massot : 6
Saunier : 6
Ramond : 6
Ursule (cap) : 5
(Castanier, 80eme)
R.Choplin : 5
(Moura, 72eme)
Evandro : 4
(Cassan, 59eme)
Pacios : 4
Alet : 4
J.Choplin : 4



Bordeaux 1-0 Rodez-Aveyron, coupe de France 2010
. -

この冬の移籍は?

新年最初の記事は移籍が噂されるこの2人の話題から。
今季いっぱいで契約が切れるシャマク、そしてジェノア行きを希望しているというフェルナンド。それぞれのコメントとトリオー会長の反応を紹介します。


シャマク
「シーズン終了までボルドーに残りたい。チャンピオンズリーグで大きな仕事をしてリーグ優勝もしたい。だからフランスにいるよ。シーズンが終わったら代理人と会って、僕にきたオファーについて考えるつもりだ。自分にとって一番いいチームを選ぶよ。代理人にはアーセナル、リバプール、チェルシー、トットナム、エバートン、サンダーランドといったプレミアのクラブ、それ以外にもインテルやユベントスからもコンタクトがあった。でも具体的なオファーはまだないんだ。まだその話をするには早すぎるよ。」

トリオー会長
「彼には契約延長のオファーを出して返事を待っている状態だ。そのうち結果は分かるだろう。だけど我々のチャンスを計るのは難しいだろうね。マルアンは自分のしたいようにするさ。」


フェルナンド
「プレジオージ会長(ジェノア)のプランは素晴らしいし、イタリアに戻りたいと思っている。2クラブ間の交渉がうまくいくといいね。合意にむけてクラブ同士話し合っているけど、今はコメントできないね。」

トリオー会長
「ジェノアの話は2年前から聞いているよ。まだジェノア幹部から直接話は聞いてないし、オファーも届いていない。移籍なんて遠い話だよ。まだ彼はボルドー契約下の選手だ。」


シャマクは今季いっぱいは残ってくれるようですが、夏の移籍は避けられそうにないですね。フェルナンドもここまで言ってしまっては残ってくれないでしょうが、せめて夏まではボルドーで頑張って欲しいです。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。


ボルドー:チャンピオンズリーグ優勝
フランス:ワールドカップ準優勝(監督がドメネクだから優勝は嫌)
グルキュフ:バロンドール

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。