2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、ディアワラ・・・

ディアワラのマルセイユへの流出が避けられない状況になってきたようです・・・

“もう決めたんだ。マルセイユでプレーしたい。もう心と頭はマルセイユに行っている。誰がマルセイユからの誘いを断れると思うんだい?ビッグクラブで野心もあって人気もある。サポーターも熱狂的ですばらしい。ローラン・ブランも分かってくれると思う。”

トリオー会長は”選手の移籍に関する最終決定権はブラン監督にある”としてその決定をブランに任せましたが、監督はディアワラの移籍を許したようです。


5月中旬には"グルキュフを買い取るのにボルドーのお金が足らないのだったら僕のポケットマネーを使ってもいいよ。" なんて軽口を叩いていたのに、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか?
“何があってもボルドーのことは忘れない。自分のキャリアで最高の時を迎えたんだからね”
とも言っていて、ボルドーが嫌で出て行くわけではないんです。(この発言は決して社交辞令ではないはずです。)
やっぱりお金なんでしょうね。
"30歳を超えたし金銭面も大事" と語るディアワラにとってはいい契約を結ぶ最後のチャンスかもしれないですし・・・

もうメディアは後釜の話題に移ってしまっています。
ラミ(リール)、ズバール(マルセイユ)、マンガン(レンヌ)、シアニ(ロリアン)などの名前が挙がってますが、どの人がいいのかよく分かりません。
とりあえずズバールの評価はあまり高くないみたいです。

悲しいですね・・・生え抜きのプラニュスに頑張って欲しい。

スポンサーサイト

09/10新ユニフォーム発表

まいよ1
来季のユニフォームが発表になりました。
3rdユニフォーム、かっこいいですね。ワインレッド復活です。
アウェーユニフォームは前シーズンとほとんど変わりなし、悪くないです。
ホームのユニ・・・微妙。


まいよ2
背中のデザイン。
これって・・・


まいよ3
誰がどう見てもセーラー服ですよね。

選手総括08/09~FW編+α

遅くなりましたが選手総括、最後はFW編+ブラン監督です。


シャマク: 8.0 14ゴール(カップ戦含む)
今季後半にゴールラッシュ。
得意のスーパーヘッドを炸裂させる場面が目立ちました。
前線から守備に走りまわる運動量も相変わらずで、ボールのキープ力は確実に良くなっています。
あんなにショボかった(失礼)シャマクが年々成長を重ねていくのを見るのは何やら感慨深いものがあります。
一度は熱い残留宣言をしましたが、やはり夢のプレミアリーグへの移籍を希望している模様。

カベナギ: 7.0 15ゴール
本人にとっては不完全燃焼なシーズン。
CLではブラン監督がシャマクの1トップを採用したためスタメンはゼロ。
後半怪我で離脱してからチームが連勝を重ねたのも本人にとっては複雑でしょう。
それでも15ゴール(リーグ13ゴール)は立派です。
来年はCLでも国内ビッグクラブ相手でも先発で使ってくださいね、ブランさん。

グフラン: 5.5 4ゴール
カーンから期待されて入団するもなかなかフィットせず、1人でドリブルを仕掛けて失敗するなど孤立するシーンが目立ちました。
ただ4月ごろからスピードをいかした彼らしいプレーがでてくるようになってきました。
来季はブレイクの期待大。

ベリオン: 6.0 7ゴール
今季はシャマク、カベナギに続きNo.3 FWの扱い。
カベナギが離脱した後の2トップはシャマク-グフランでやや不満が残るシーズンだったかも。
持ち前のスピードは魅力的で途中出場では特に威力を発揮、7ゴールという数字も悪くない結果だと思います。
控えFWとしてはちょっと贅沢なベリオン、来季も残ってくれそうです。

ブラン監督: 8.0
“リスクを冒して攻撃するサッカー”を貫き結果を出しました。
負けている時(場合によっては同点の時)の超攻撃的選手交代が印象的でしたね。
昨季からチームのコンセプトを変えていないのでチームが熟成されていったことが成功の一番の要因でしょう。(その他主力の残留、グルキュフの活躍、何度かあった劇的勝利、ノンプレッシャーの中で達成した11連勝など要因はいろいろあります)
ただ昨季のペラン監督に引き続き2冠を達成した監督がいずれもLFPの最優秀監督に選出されなかったのはちょっと驚きでした。(昨季の最優秀監督はブラン監督、今季はゲレツ監督)


トリオー会長、補強の現状を語る

トリオー会長が移籍市場の現状についてコメントを出しました。
個人的な感想とともに紹介します。


マルアン・シャマク
「シーズン終了からマルアンとはコンタクトをとっていない。まだ1年契約を残しているが、延長できるかって?答えはYesだ。マルアンはボルドーに愛着を持っていて、家族もボルドーにいる。彼が出ていくかどうかは分からない。これから議論する予定だ。もし彼がアーセナルに行くとしても、アデバヨールの放出するかどうかがマルアンや我々にとって興味深いことかどうかは分からない。1000万ユーロでアーセナルと交渉の席につくかって?その金額では不十分だ。」

一度は熱い残留宣言をしたシャマクですが、やはりプレミア挑戦の夢を追いたいようです。
アーセナルやフルハムが興味を示していると報道されています。
1000万ユーロなら送り出してあげるのに十分な金額だと思いますが・・・


アルー・ディアラ
「来週には彼の代理人と会う予定だ。なぜ彼が出ていくか?という質問をされるのかが分からない。スレイマン・ディアワラと同様、ディアラも契約を2年残している。でも彼が移籍を考えているのなら、それを考慮しないといけない。」

セビーリャが本気で興味を示していたようですが、大幅なサラリーアップでの契約延長が濃厚。


スレイマン・ディアワラ
「彼の代理人に会って契約の更新を提示した。それを受け入れてくれるかって?まだ電話がないよ。彼はフットボーラーの間で流行っているバカンス地のフロリダにいるからね。ボルドーは彼を本当に引き留めたいかって?ローラン・ブランはいつもディアワラをチームの柱にすると言っている。スレイマンは魅力のある偉大なプレーヤーだ。でも彼が要求するすべての事を我々が飲むを考えているのなら、交渉はうまくいかないだろう。これから議論する必要があるだろう。契約延長のサインに至るときには皆が喜ぶだろうが、誰も100%の満足は得られないだろう。」

本人はボルドーに残る気まんまんなのですが、チームがグルキュフやディアラにお金をかなり使ったことに嫉妬しているようですね。
噂のマルセイユからのオファーの事実はなかったようです。
そもそも元チームメイトのデシャンとブランはお互い主力選手の引き抜きをしないよう紳士協定を結んだそうです。


ヨアン・キャバイエ(リール)
「彼はいいプレーヤーだが、ローラン・ブランがこのポジションの選手を欲しているのかどうかは分からない。もしフェルナンドが移籍したら?才能のある選手は欲しいね。ブランは来季の構想を練っている。フェルナンドが出たら同じようなプレースタイルの選手を補強するかどうかは分からない。ヨアン・キャバイエとは全くコンタクトを取っていない。」

フェルナンドには正式オファーが届いておらず、ボルドー残留の線が出てきました。
元々本人もボルドーに不満があって移籍を希望しているわけではありません。
一方のキャバイエはボルドーに来たがっているようです。


セドリック・カラッソ(トゥールーズ)かヨアン・プレ(ルマン)か?

「GKのポジションに関しては熟考しているところだ。3選手をリストアップしていたが、カルロス・カメニはエスパニョールの契約を延長した。だからカラッソかプレのどちらかだ。いまどうするか議論している。カラッソはとてもいいシーズンを送ったがそれだけが判断材料ではない。プレースタイルや人間性も大事な要素だ。プレ獲得には移籍金がかからないのはアドバンテージだが、フリーの選手ばかり取りに行くわけではない。2選手のために早く決めるつもりだ。3, 4日後までには決める。」

ブラン監督はカラッソを希望し、トリオー会長はフリーのプレを希望しているようですが、どうやらカラッソ獲得の話がまとまりそうです。
個人的にはずっと注目してきたプレがいいのですが、カラッソもいい選手だと思うので(あまりプレーを見たことがありません・・・)どちらでも歓迎です。
というか資金は大丈夫なんですかね?
リーグ優勝したから多少の余裕があるのでしょうか?

選手総括08/09~MF編

独断と偏見の選手評第2弾、MF編です。

ディアラ: 8.5
リーグアンベスト11に選出。中盤の守備の要。
後方でどんと構えるディアラの存在なくしてボルドーの攻撃サッカーは語れません。
ちなみに管理人は試合観戦中、ボルドーがカウンターアタックを受けている時にはボールの位置そっちのけでディアラの居場所を確認してしまいます。

グルキュフ: 9.5
リーグアンMVP&リーグ最優秀ゴール。
リーグ緒戦からトップ下でフィット、その後の活躍は説明不要でしょう。
疲労から不調に陥った時期もありましたが、決定的な仕事を連発した4月5月は圧巻でした。
フランス代表でもトップ下の定位置を獲得し、今後ますますの活躍が期待されます。
ACミランから買い取って4年契約、残ってくれてよかった。

フェルナンド: 7.5
中盤にディアラ、グルキュフという絶対的な存在がいたため常にスタメンというわけではありませんでしたが、出場した試合では常に存在感を見せていました。
CLでのディアラとのダブルボランチもかなりの高評価でしたが、昨季フィットしなかった右サイドでも活躍。
本人は移籍を希望しており、セリエA復帰(特にジェノア)かPSG移籍になりそうです。
放出するにはあまりに惜しい選手ですが、ボルドーで4季も頑張ってくれました。
契約を2年残している今、移籍金を手土産にボルドーを去ろうと思っているようです。

ヴェンデル: 6.0
今季はフィジカルがあがらず低調な滑り出し。
パフォーマンスが上がってきた後半に怪我で離脱してしまい、本人にとっては満足できないシーズンでしょう。
残留してくれそうなので来季に期待ですね。

ジュシエ: 6.0
昨季はFWとしての出場が多かったのですが、今季は攻撃的MFとして右サイド、左サイド、トップ下とすべてのポジションをこなしました。
リカルド時代に左サイドで使われ活躍していましたし、MFのほうがキープ力、ドリブル力が活かせるていいと思います。
シーズン初めを怪我で棒に振り、復帰後はサイドで大活躍していましたがまた怪我。
来季は年間通して活躍してほしいですね。

デュキャス: -
ブラン監督が守備的な選手交代をあまりしないこともあり出場機会は激減。
来季はレンタルか?

セルティッチ:6.5
彗星のごとくデビューした19歳。パスセンスもありミドルシュートも強力。
得意といわれるFKも見てみたいですね。
左サイドとして出場していましたが、おそらく適性はトップ下。
順調に育ってグルキュフの後を継ぐ選手になって欲しい。

トラオレ: 5.5
こちらも今季リーグ戦デビュー。
”マリのジダン”というニックネームどおりテクニカルな選手。
ブランは彼のような足元が上手な選手が好みなのでしょう。
目立った活躍はありませんでしたが今後に期待。

グフランはFW編で紹介します

選手総括08/09~GK/DF編

昨季に引き続き今季も選手評をしてみました。
全試合見ているわけでもありませんし、全くの独断と偏見です。
今回はリヨン侍さんのcoup franc!にならって10点満点にしました。6点が標準です。
10年ぶりのリーグ優勝につき、採点はかなり甘めにしています。


ラメ: 5.5
度重なる内転筋の怪我と不安定なパフォーマンス。
ただしプレッシャーのかかった後半数試合では、ベテランらしい落ち着いたプレーぶりを見せてくれました。
1年契約を延長しましたが、来季は控えにまわりそうです。

ヴァルヴェルド: 6
欠場の多かったラメにかわり多くの試合に出場、見事に穴を埋めてくれました。
反応の良さだけならラメより上かも。
チームはプレの獲得に動いており、ラメも契約を延長したことから移籍の可能性大。
L1のレギュラーとして活躍する姿がみたいですね。

シャルメ: 7
今季も効果的なオーバーラップと好質なクロスで右サイド攻撃の一端を担いました。
ただプレーの荒さも相変わらずでもらったイエローカードは15枚! 1発レッドが無かっただけマシか。

トレムリナス: 7
リカルド前監督時代には見向きもされていませんでしたが、ブランに見いだされ今季は硬膏半からジュリエッティからスタメンの座を奪いました。
守備にやや難がありますがそれを補ってあまりある攻撃力。
”リスクを冒して攻撃するサッカー”が口癖のブラン監督の申し子と言ってもいいでしょう。
中央に切れこむドリブルが印象的で、今季はクロスの質もアップしました。

ディアワラ: 8.5
ほぼ全試合フル出場。リーグベスト11にも選出され、いまやリーグアンを代表するCBとなりました。
フィジカルの強さ、1対1の強さは特筆です。重戦車のようなドリブルでの攻撃参加も効果的。
レンヌ戦では10対11と数的不利な状況ながら終了間際にオーバーラップをしてグルキュフに決勝アシストを決め、無尽蔵のスタミナを印象づけました。

プラニュス: 7
ディアワラがスタメン固定されていたためエンリケと併用で使われました。
個人的には好きな選手、もっとスタメンで使って欲しいですね。
ミスも少なく安定していて、特に後半の11連勝に大きく貢献してくれたと思います。

エンリケ: 6.5
フィジカルの強さで勝負するタイプ。
セットプレーからの打点の高いヘディングはかなり期待大。
今季も怪我に泣いた感があります。

ジュリエッティ: 6
シャルメやトレムリナスにくらべるとオーバーラップとクロスは全く期待できませんが、安定した守備が売り。
リーグ杯ではキャプテンマークをつけ歓喜の優勝。
リーグ最終戦にも出場し、本人曰く”34歳にしてサッカー人生最高の瞬間”を迎えました。
契約はもう1年、左右をこなせる貴重なバックアッパーとして十分存在価値があります。

プラセンテ:4.5
ポリバレントな活躍を期待されていましたが、失点に直結するミスを連発しカップ戦要員となってしまいました。
最後まで守備が不安定だったのとスピードがないのでちょっと弱いかと。
左足のキックはいいものを持っていると思うのですが・・・

一夜明け...




歓喜の瞬間から一夜明け、巨大スクリーンが設置された市内中心部のカンコンス広場でトロフィー授与式が行われました。
優勝記念Tシャツとジーンズという格好で、子供を連れた選手もいてみんなリラックスしたいい表情をしていますね。


そしてその会場での1シーン



マルアン・シャマク: ボルドーに残るよ
観客: ウォーーーー!!!
司会者: これはスクープだよ
観客: マルアン! マルアン!
司会者: 彼は1人じゃないんだ。みんな一緒(tous ensemble)だ
観客: Tous ensemble tous ensemble ya ya! Tous ensemble tous ensemble ya ya!




«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。