2009-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝! 優勝!!

リーグ杯09



FC Girondins de Bordeaux 4 - 0 Vannes
Wendel (3eme)
Planus (10eme)
Gouffran (12eme)
Gourcuff (40eme)

Arbitre(審判)
M.Fautrel : 5,5
Bordeaux
Valverde : 5,5
Jurietti : 6,5
So.Diawara : 6
Planus : 6,5
Placente : 6,5
Ab.Traoré : 5,5
Fernando : 6
Gourcuff : 7
Wendel : Non note
(Trémoulinas, 18eme) : Non note (Ducasse, 46eme) : 5,5
Gouffran : 6,5
Chamakh : 5,5 (Bellion, 62eme)

祝! 優勝!
フランスカップ準決勝でトゥールーズがL2のギャンガンにやられたので、ちょっと心配していたのですが杞憂に終わりました。
力の差がそのまま得点の差にできた試合。
開始十数分での3得点は圧巻、あっさりヴァンヌの息の根を止めました。
落ち着いて試合を見れたのはよかったのですが、気合いの空回りしたヴァンヌの選手達に削られたボルドレがピッチでうずくまるシーンの多いこと多いこと。
先制点のヴェンデルは自ら交代を要求し18分にトレムリナスと交代、そのトレムリナスも前半で負傷交代。
膝の靱帯を痛めたヴェンデルは今季絶望、連勝の立役者だったのに・・・
そしてトレムリナスは8から10日間の離脱・・・
次節のレンヌ戦は誰が左サイドをつとめるのか??

・ ・・せっかくの優勝なので明るい話題を。
3点目を決めたグフラン、リヨン戦に引き続き存在感を示しましたね。
コーナー付近から2人のDFを置き去りにしたプレーには度肝を抜かれました。
それにしてもみんな喜んでましたね。
一昨年の優勝の時は子供のようにはしゃいでいたシャマクは逆に落ち着いた感じでしたね。
出身地近くなので知り合いが多いのか、グルキュフは相手選手達と話していました。
ジュシエやカベナギ、エンリケの顔も見えます。
中でも最もうれしそうな顔をしているのはキャプテンをつとめたジュリエッティでしょう。
75000人の大観衆で埋まったスタッド・ド・フランスでカップを掲げました。
“キャプテンとしてカップを掲げるのは初めてだ。アルーの出場停止とウルリヒのベンチスタートでこのチャンスをもらった。カップを掲げる前にいろんな思い出が頭に浮かんできたよ(涙、涙、涙)。試合に関しては・・ごめんね、もう話ができないよ。”
よかったね、ジュリエッティ!

さあ、これで来季のヨーロッパリーグの出場権は得ました。
優勝の余韻に浸る暇はありません。
リーグ2位以上、さらには優勝を目指しての戦いが続きます。
ヴェンデル、トレムリナスの離脱はあまりに痛いですが、グフランが調子を上げてきましたしカベナギも復帰してきます。
次節、ボルドー同様ホーム無敗を誇るレンヌ戦を乗りきれば先がみえてくるでしょう。
Allez Bordeaux!!!







スポンサーサイト

第32節 Bordeaux-Lyon




J32 Bordeaux Lyon - video powered by Metacafe


FC Girondins de Bordeaux 1 - 0 Olympique Lyonnais
A.Diarra (43eme) pour Bordeaux

Arbitre(審判)
M.Bré : 3
Bordeaux
Ramé (cap) : 5
Chalmé : 6 (Jurietti, 87eme)
Planus : 6
S.Diawara : 6
Trémoulinas : 5
A.Diarra : 6
Fernando : 5
Gouffran : 6 (Ab.Traoré, 64eme)
Wendel : 6
Gourcuff : 5
Chamakh : 6
Lyon
Lloris : 4
Clerc : 4
Cris : 5
Boumsong : 5
Källström : 5
Toulalan : 6
Makoun : 5 (F.Santos, 87eme)
Juninho (cap) : 5
Ederson : 3 (Bodmer, 74eme)
Ab.Keita : 5 (Piquionne, 57eme)
Benzema : 5


勝った…
ブラン・ボルドー、リヨンに初勝利です。
今までリヨンには叩きのめされてきたので、何だか信じられません。

キックオフ後10分、リヨンペースで試合ははじまりました。
開始5分、シャルメがエリア内でエデルソンを倒しますがノーファール。
動画をみても分かるとおり、これはあきらかにシャルメのファールですね。
相変わらず荒いシャルメのタックルにはいつもひやひやものです。
次の10分は中盤のつぶし合いになりますが、徐々にボルドーペースとなり、その後の展開はほぼボルドーが内容的に勝っていたといっていいでしょう。
得点は得意のセットプレーからでした。
決めたディアラは本当に喜んでましたね。

リヨン相手にいつものパスサッカーとサイド攻撃が機能したのは収穫です。
なかでもうれしい驚きだったのは右サイドで先発出場を果たしたグフラン。
サイド突破あり、切込んでのシュートありで、今季一番の出来でしたね。わりと早い時間にトラオレと交代してしまいましたが、この日のグフランならもうちょっと見たかったです。
観客も拍手で送り出してましたね、これがきっかけになってくれるかもしれません。
グフランがワイドに開いた右サイドに対し、左サイドはようやくキレが戻ってきたヴェンデルが中でプレー、トレムリナスも積極的に攻撃参加しました。
ここ数試合トレムリナスはクロスの精度が上がってきていまし、ヴェンデルも残ってくれるのならオフにマチュー獲得を目指さなくてもいいのでは?と思わせてくれます。

一方のリヨンはこれまでと全く違うイメージ。
今までは中盤を制圧され、空いたスペースに中盤の選手が入ってきて(去年やられたボドメルとか)、最後にベンゼマにとどめを刺されていました。
でもこの日のリヨンは細かなパス交換はさほどなく、下がり気味で単調なロングパスがとても多い。
ベンゼマにボールが渡ってもサポートがなく孤立気味、それでも個人技でチャンスを作りますが逆にそれ以外にチャンスは作れませんでした。
最近リヨンの試合を見ていないので何ともいえないですが、この試合を見る限りベンゼマの得点が伸びないのは彼の調子の問題ではないような気がします。


疑惑の判定もありましたし、得点もセットプレーでした。
それでも内容は勝利に値するものだったと思います。
トゥールーズ戦での惨敗から5連勝、チーム状態も上がっていますしカベナギの復帰も間近です。
来週はリーグカップ決勝戦、相手はL2のヴァンヌだけに確実に勝ってさらに勢いをつけたいですね。


第31節 Auxerre-Bordeaux




J31 Auxerre Bordeaux - video powered by Metacafe


AJ Auxerre 0 - 2 FC Girondins de Bordeaux
Fernando (33eme)
Wendel (79eme)

Arbitre(審判)
M.Falcone : 5
Auxerre
Sorin : 5,5
Dudka : 5
A.Coulibaly : 5,5
Mignot : 5,5
Grichting : 6
Narry : 6 (Niculae, 72eme)
Pedretti (cap) : 6
Birsa : 5,5
Kahlenberg : 5
Chafni : 5
Jelen : 5,5
Bordeaux
Ramé (cap) : 6
Chalmé : 5,5
Planus : 6
S.Diawara : 6,5
Trémoulinas : 6
A.Diarra : 6
Fernando : 6,5
Wendel : 6,5
Gourcuff : 5,5
Chamakh : 6
Gouffran : 5 (Ab.Traoré, 88eme)


最近リヨンやリールを破っているオセール、このタイミングでは対戦したくなかった相手です。
特に前半戦はオセールペース。やはりチーム状態がいいのでしょうか。
小気味のよいパス回しと効果的なサイド攻撃に何度となくやられかけました。
ボルドー攻撃陣は決して良くはありませんでしたが、セットプレーから2得点をもぎとりました。
数少ないチャンスをモノにした感じです。

今回はCBコンビ(特にディアワラ)の活躍が目立ちましたね。
下位との対戦というのもありますが、ここ最近守備の安定感がでてきていますし気づけば3試合連続完封です。
久々のトップでのスタメンとなったグフランはいいとこなし。
スピードもあるし、突破力もあるのでそろそろ本領発揮かと期待していたのですが存在感を示せませんでした。

さぁ今週末はリヨンとの大一番!!
トゥールーズ戦での敗戦からここまで4連勝で来ることができました。
もし勝って5連勝とでもなれば・・・期待しています。

第30節 Bordeaux-Nancy

ご無沙汰しておりました。
予定より早めの復帰です。
これからもぼちぼち更新していきたいと思います。



J30 Bordeaux Nancy - video powered by Metacafe


FC Girondins de Bordeaux 1 - 0 AS Nancy
Chamakh (88eme) pour Bordeaux

Arbitre(審判)
M.Coué : 7
Bordeaux
Valverde : 6
Chalmé : 5,5
Planus : 6
S.Diawara : 5
Trémoulinas : 6
A.Diarra (cap) : 5,5 (Gouffran, 61eme)
Jussiê : non noté (Ab.Traoré : 5)
Wendel : 5,5
Gourcuff : 5,5
Chamakh : 6
Bellion : 5,5
Nancy
Grégorini (cap) : 6
Chrétien : 5
Macaluso : 6
Ouaddou : 6
Biancalani : 3
Al.N'Diaye : 6
Bérenguer : 5,5
B.Gavanon : 5,5 (Zerka, 71eme)
Féret : 5 (Sami, 88eme)
Brison : 5,5
Y.Hadji : 6,5

最近相性の良くないナンシーが相手ですが、現在負けっぱなしで絶不調。
どうしても勝ち点3をとって上位争いに残りたいところです。

予想通りナンシーは守備的な戦略でポゼッションは圧倒的にボルドーが支配します。
ナンシーは攻める気がないのか力がないのか、中盤でボールを奪ってもサポートが無く、苦し紛れに超ロングシュートを狙うことが何度かあったりで、以前のようなカウンター1発の怖さがありません。

ボルドーもエリア前で密集するナンシー守備陣を崩しきれず、攻撃は単調になりがちでしたが、チャンスは何度かつくります。
14分オフサイドぎりぎりでベリオンが抜け出しますが、GKグレゴリーニが股を閉めた技ありのブロック、22分にはトラオレのクロスをベリオンが強烈なボレーで合わせますがこれまたグレゴリーニがワンハンドでブロック。
36分グルキュフのクロスをシャマクが貫壁なタイミングでヘッドしますが、枠をとらえません。
ちょっと嫌な雰囲気。

前半19分にはジュシエが太ももを痛めて退場。
自分で足をついて歩けない状態だったので、どうやら重傷のようです…

後半開始10分くらいはナンシーの時間帯となりましたが、ピンチをしのいだ直後の後半13分、シャルメに抜かれたDFブランカラニがボールを手で止めて2枚目のイエローで退場。
ここでなんとブラン監督はディアラを下げグフランを投入、得意の超積極采配にでます。
有利な条件にはなりましたが、完全に守備を固めてきたナンシーに対し中央突破もダメ、サイドを崩しても中ではね返されてダメでなかなか攻撃の糸口がつかめません。
83分のヴェンデルのFKがバー直撃で入らずあきらめかけていた終了間際、シャマクが素晴らしいゴールでチームを救ってくれました。
プラニュスのロングフィードをうまくコントロールし、体勢を崩しながらも左足でループシュート。
シャマクは堂々の今季10得点目。
無尽蔵のスタミナで守備に走りまわり、得点よりむしろアシストの多いチームプレーに徹するタイプのFWでしたが、ブランの ”もっとエゴイストになれ!!”という叱咤激励のもと、確実に成長していますね。
プレミア・リーグへの挑戦を希望しているようですが、来年も残ってくれるかどうか?

快勝というわけではありませんが、どうにかCL圏内の3位死守。
上位チームがほとんど勝ったので混戦状態のままです。
ジュシエの怪我は痛すぎますが、4試合出場停止を食らっていたフェルナンドが帰ってくるので期待しましょう。

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。