2009-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお休みします

引越のためしばらくネットが使えなくなります。
4月に入っても当分はバタバタしそうなので、その間お休みします。

このブログを始めはや2年。
元々はフランス語を勉強するのが目的でジロンダンの新聞記事を辞書を調べながら必死に翻訳していたのですが、今やどっぷり浸かってしまいYahoo! JAPANよりも先にL’EQUIPEやFrance Footballをチェックするようになってしまいました。
ジロンダンの試合を見る回数こそ減りましたが、ラジオで試合中継を聞いたり、朝起きた瞬間にネットで試合結果をチェックしたりして一喜一憂している毎日が続いています。
基本的に見る試合といえばボルドーとサンフレッチェばかりで、それほどサッカーに詳しいわけではないのでたいした記事も書けませんが、これからもよろしくお願いします。

ken

スポンサーサイト

背中に目がある男 ヨアン・グルキュフ




フランスのテレビ局canal+でのグルキュフのゴールの分析です。

シャルメがロングボールをシャマクにフィードした時にはトップ下の位置にいたグルキュフは、素早くFWの位置にポジションを移しエリア内に侵入。
ジュシエがクロスをあげる瞬間には最も高い位置どりをしています。
ボールを受けたときには直接シュートを打つには難しい体勢でシュートコースに3人のディフェンダーがおり、彼の視野の中で最も考えられる選択肢はすぐ後方にいたシャマクにパスを出すことでした。
その時グルキュフは背中側にあるスペースをつくことを選択、もちろん彼にはそのテクニックがあり右足でボールをコントロールし左足で決めました。
これが”グルキュフ風”ゴール。
彼は今シーズンすでにトゥールーズ戦、PSG戦で同じようなゴールを演出していました。

トゥールーズ戦ではグルキュフはボールを受けとる前に状況を把握しており、受けとったときにはライン上に5人のディフェンダーがいました。
自分の背中のスペースを利用せざるを得ない状況でしたが、彼はピッタリで正確なテクニックを持っていました。
PSG戦でも彼は背中に感覚を持っており、それが違いを生み出しています。

第29節 Le Havre-Bordeaux



Le Havre 0 - 3 FC Girondins de Bordeaux
Gourcuff (11eme)
So.Diawara (58eme)
Wendel (88eme)

Arbitre(審判)
M.Buquet : 7
Le Havre
Revault : 5
Kana-Biyik : 4
A.Ba (cap) : Non noté (Sambou, 17eme : 4)
Franquart : 5
Tixier : 5,5
Alla : 4
Anin : Non noté (Diallo, 9eme : 4)
Dieuze : 5
Noro : 4,5 (Aït Ben Idir, 78eme)
Davidas : 5,5
Alassane : 5,5
Bordeaux
Ramé (cap) : Non noté (Valverde, 41eme : 6)
Chalmé : 6
Henrique : Non noté (Planus, 41eme : 6)
So.Diawara : 6,5
Trémoulinas : 6
Ducasse : 6
Gourcuff : 5,5
Wendel : 6,5
Jussiê : 6
Bellion : 5 (Gouffran, 74eme)
Chamakh : 5


TV5Mondeで久々に生中継を見ることができました。
ディアラとフェルナンドが出場停止という緊急事態のボルドーは、今季ほとんど出場のないデュキャスに中盤の底をまかせます。
一方前節ヴァランシエンヌにロスタイム弾で痛恨の敗戦を喫したル・アーヴルのアンツ監督は、15人しかベンチに置かないというショック療法に出ます。
サブのGKを除くと交代枠きっちりの3人だけ、前節前半で交代になったマランジュも召集外でした。

試合はボルドーがいきなり先制。
シャマクへのロングボールからジュシエが右サイドを突破しセンタリング。
これをグルキュフが素晴らしいタッチとボディバランスでボールをコントロールしゴールへ押し込みました。
ボルドーの一方的な試合になるかと思いましたが、パスミスもあったりでなかなか中盤でボールがおさまりません。
パスコースがなくなりシャマクへの単純なロングパスというボルドーの悪い時のパターン。
現在最下位のル・アーヴルは怖さが全くなし。
なんでもないところでボールを失ったり、最終ラインであっさりFWにボールをカットされたりなど、リーグ最多失点というのもうなずける内容でした。
相手が相手だっただけにもうちょっと崩しきって欲しかったなぁ、完全復調まではもう少しか・・・。
ル・アーヴルは前半だけで2人の負傷退場。
ボルドーもラメとエンリケが激突し、ラメは古傷の内転筋、エンリケは膝を痛めて途中退場してしまいました。
後半流れからのチャンスが作れませんでしたが、58分にコーナーからディワラのヘッド、終了間際にはヴェンデルが久々にFKを決め、終わってしまえば3-0で圧勝でした。

今季は上位が接戦で得失点差も大事な要素になりそうなので、この3-0という勝利は大きいですね。
グルキュフの体のキレも戻ってきているようだし、ディアラやフェルナンドが戻ってくればもっといい試合ができるでしょう。
来週は代表選ウィーク。
グルキュフ、ディアラ、ディアワラ、トラオレ、シャマクがそれぞれ代表に選出されています。
その間ボルドーはサン・ジャン・ド・リュズでビルバオと練習試合です。
次のリーグ戦は絶不調でコレア監督の解任が取りざたされているナンシー。
4月中旬のリヨン戦まで勝利を重ねたいところです。


パスポート問題: OK

以前お伝えしたL1所属のアルゼンチン選手4人の不正パスポート疑惑の続報です。(元記事はコチラ)
元モナコのクフレが不正にイタリアのパスポートを得て処分を受けたことが発端になったこの疑惑ですが、イタリアおよびアルゼンチン当局の調査の結果、L1所属の4選手に関して問題ないことが判明しました。
これでカベナギもプラセンテも安心してプレーすることができます。
よかったよかった。

第28節 Bordeaux-Nice

FC Girondins de Bordeaux 2 - 1 OGC Nice
Chamakh (18eme)
               Bamogo (23eme, sp)
Henrique (47eme)

Arbitre(審判)
M.Malige : 6
Bordeaux
Ramé (cap) : 5
Chalmé : 5,5
Henrique : 5,5
So.Diawara : 5
Trémoulinas : 5
A.Diarra : 6
Jussiê : 4,5 (Ducasse, 79eme)
Gourcuff : 5
Wendel : 5 (Ab.Traoré, 86eme)
Bellion : 4 (Gouffran, 58eme)
Chamakh : 6
Nice
Ospina : 6
Apam : 5,5
Hognon : 5
Kanté : 5
Rool : 5,5
Faé : 5,5 (Sablé, 74eme)
Echouafni (cap) : 5
Hellebuyck : 4,5
Bamogo : 5,5 (Adeilson, 66eme)
L.Rémy : 5
Mah.Traoré : 4 (Ben Saada, 66eme)
(football365.frより)


やっかいなニースが相手だったのですが、勝てて良かったです。ほっとしました。
カベナギ離脱で得点力不足が心配されていましたが、2得点をあげてくれましたね。
グルキュフのシュート性のゴロをシャマクがうまくコントロールして挙げたゴールとヴェンデルのセンタリングからエンリケの打点の高いヘッドでした。

リヨンがジェルランでまさかの敗戦を喫したのと、”クラシコ”で2位PSGが負けたので上との差も縮まってきました。
それより5位トゥールーズ6位リール7位レンヌともわずかな差です。
少しつまづけば即5位転落、これからの一戦一戦が重要になってきそうです。
しばらく下位との対戦が続くので連勝してトップ3に返り咲いておきたいですね。


ローラン・ブラン
“トゥールーズとの敗戦直後だっただけにこの勝利はどうしても必要だった。選手達はいい反応をみせてくれた。この試合はクォリティーが高かった。特に前半はよかったし、それはニースにも言えることだ。この試合に勝てて光栄だ。そして観客にもお礼を言わなければならない。トゥールーズとの惨敗の後にも関わらずいい応援を続けてくれた。2ゴール以外にも多くのチャンスを作ることができた。ニースも同様にゲームを作っていた。彼らはテクニカルに素晴らしい場面を作り出し、我々を苦しめた。攻撃に関してはポジティブな面が多かったが、私の判断ではニースにも攻撃を許しすぎた。
これからは試合ごとに順位が入れかわるだろう。今夜で勝ち点50になったがもっと勝ち点を稼ぐことができたと思う。でもまだあと10試合を残しておりそれほど悪いというわけでもない。今後の日程を見ると上位チーム同士の対戦が多く残っており、それぞれが勝ち点を失うことになるだろう。我々は目標に向かった戦いのまっただ中にいる。”

フレデリック・アントネッティ
“ボルドーと対戦し多くの問題を突き付けられたが、我々も同様にチャンスを作った。後悔しているのは2ゴールともにセットプレー後に再びボールを奪われて失点したことだ。セットプレーが彼らの強みというのは分かっていた。ボルドーのセットプレーはとても危険だし、ボルドー自身もそれを知っているからFKを得ようとプレーしてくる。負けはしたが、3位以内でシーズンを終えるであろうボルドー相手にいいプレーをした選手達を賞賛したい。我々にとっては高いレベルの試合だったが、このような試合を経験していいパフォーマンスを続けることでチームは成長していくだろう。この教訓を忘れず、いずれは乗り越えなければならない。効率に欠けたのは、若い選手が多く経験不足が影響したのだろう。ボルドーはこのような対戦に慣れていて、経験も豊富で熟練している。
今夜は両チームとも良かったから見るにはいい試合だっただろう。フットボールは勝利者のものということは分かっている。2-2で終われば満足できた。”

カベナギ6~8週間の離脱

トゥールーズとのガロンヌダービーで右膝負傷退場したカベナギ。
公式ホームページによるとMRI検査の結果、右膝内側の靱帯損傷のため6~8週間の離脱という診断が下りました。

これからはエース抜きで戦わなければなりません。
今季はリーグ戦ではほぼ2トップ、CLは全試合シャマクの1トップで望んできました。
今後シャマクとベリオンの2トップが基本になるでしょうが、アウェーではシャマクの1トップをまた採用するのもありかと思います。
というのも昨季はアウェーでかなり勝ち点を稼ぎましたが、今季はリヨン、PSG、マルセイユ、トゥールーズ、リールといった上位チームにすべて敗戦し5勝6敗3分。
一方のホームでは8勝0敗5分となかなかの成績です。
いままではアウェーでも超攻撃的布陣で望むことが多かったのですが、エース負傷を機に戦略をすこし変えたほうがいいかもしれません。
さて、ブランの選択はいかに?

第27節 Toulouse-Bordeaux

Toulouse FC 3 - 0 FC Girondins de Bordeaux
Sirieix (33eme)
Gignac (45eme)
Mou.Sissoko (93eme)

Arbitre(審判)
M.Layec : 7
Toulouse
C.Carrasso : 7
Congré : 6
Cetto (cap) : 6
Fofana : 6
M'Bengue : 6 (Paulo César, 85eme)
E.Capoue : 6,5
Sirieix : 7 (Berson, 88eme)
E.Didot : 6,5 (Mou.Sissoko, 73eme)
Braaten : 7
Mathieu : 7
Gignac : 7,5
Bordeaux
Ramé (cap) : 6
Chalmé : 4
Planus : 4,5
S.Diawara : 4,5
Jurietti : 4 (Gouffran, 69eme)
A.Diarra : 4
Ab.Traoré : 5 (Wendel, 58eme)
Jussiê : 3,5
Gourcuff : 5
Chamakh : 5
Bellion : 3 (Cavenaghi, 58eme)


せっかくTV5Mondeで放送があったのですが、寝すごしてしまいました。
見てたらもっとショック大きかっただろうなぁ。
いろいろな記事をみるといいとこなしの完敗だったようです。
今回ばかりはブランの積極采配も実らず、3人の交代枠を使い切った直後の後半25分カベナギが膝を負傷し10人で戦うはめとなってしまいました。

ショッキングなことにどうやらカベナギは重症の模様です。
最低6週間の離脱との情報もありますが、もしかすると今季絶望かも・・・
今のチーム状態でエース負傷は厳しすぎます。
3位マルセイユとの勝ち点差は2しかありませんが、とても遠く感じてしまいます。
フェルナンドはあと3試合出場停止、再来週のル・アーブル戦はディアラも衆生停止。
このままずるずるといってしまうのでしょうか?
どうにか踏ん張ってもらいたい。
それとリーグカップは絶対とって来季ヨーロッパリーグ出場は確保して欲しい。

今週末はホームでニース戦です。
救世主が現れてくれることを祈りましょう。
シャマク爆発してくれー!!!

オアロ恐るべし

現在15ゴールと得点王争いで首位に並んだPSGのオアロです。



この反応、そしてこの強烈なヘッド…
恐るべし!!!

第26節 Bordeaux-Lorient




J26 Bordeaux - Lorient - video powered by Metacafe


FC Girondins de Bordeaux 1 - 0 FC Lorient
Chamakh(49eme)

Arbitre(審判)
M.Piccirillo : 6
Bordeaux
Ramé (cap) : 6,5
Chalmé : 6
Planus : 6
So.Diawara : 5,5
Trémoulinas : 5
A.Diarra : 5,5 (Fernando, 60eme)
Gourcuff : 5,5
Ab.Traoré : 6
Jussiê : 5,5
Cavenaghi : 6
Chamakh : 6,5 (Wendel, 77eme)
Lorient
Audard : 5,5
Calvé : 5
Marchal (cap) : 4
Genton : 5,5
Le Lan : 4,5 (Namouchi, 74eme)
Amalfitano : 4,5
Mansouri : 4,5
Abriel : 5
Morel : 5
Vahirua: 4 (Ayew, 62eme)
Saïfi: 4 (Obertan, 61eme)


今回はラジオで応援しました。
“目標はリーグカップじゃないんだ! 才能を見せつけてくれ!”
こんな横断幕が張られるなか、ようやく、久しぶりに勝ち点3をもぎとることができました。
上位チームキラーのロリアンが相手なので若干の不安がありましたが、試合内容はほぼ一方的だったようですね。
しっかり2点目を決めて試合を”殺す”ことができないといけないという厳しい意見もあるようですが、素直に勝利を喜びましょう。
ゴールも決め守備にも走りまくったシャマクは交代時に大拍手を受け、ロリアンで途中出場をしたオベルタンも大拍手を受けてました。
とりあえずオベルタンにゴールを決められなくて助かった・・・

次節はトゥールーズでガロンヌダービーです。
天敵エルマンデルが去ったかと思いきや、元ロリアンのジニャックが大爆発しています。
あらたな天敵とならないことを祈るのみです。

ローラン・ブラン
“前半は難しかったが、後半はそれより良かったと言えるだろう。前半だけに言及するより試合全体についてコメントしたい。よく組織されたチームなので苦戦すると予想していたが、実際そうなった。前半のロリアンはディフェンスへの戻りが貫壁だったので、ボール回しには苦労させられた。ロリアンはしばしばある時間帯を超えるとリズムが落ちるというのは試合前に確認していた。我々は木曜日にトルコで試合をしてきたが、おかしなことに3日前に試合をしたのに50分頃から動きが良くなってきた。ゴールがその証明だ。勝利しなければならない重要な試合だった。ここ最近の出来の悪い時期を超え、いいシーンが目立った。選手達は勝つことができ満足しているし、我々も選手達に満足している。これで新たなスタートをきれたのかどうかはまだ分からない。来週の試合を見てから判断しよう。来週の話をする前にちょっと勝利の余韻に浸りたい。最近勝利の味を忘れかけていたからね。次の試合までに考える時間もあるよ。”

クリスチャン・グルキュフ
“当然の敗戦だったし、この結果に失望している。前半は守備的で消極的だったかもしれないが、希望の光は見えていた。ボルドーはUEFA Cupの後で体力的にそれほど良くなかった。前半消極的だったとはいえ、いい結果を期待していた。だが後半の最初の15分でこの試合を落としてしまった。この時間帯にボルドーは我々をはるかに凌駕していた。最近やられている同じパターンで失点してしまった。ペナルティーエリア付近まで押し込まれ、反応することができなかった。残りの30分で反撃に転じたかったがボルドー相手に攻撃的に押す力が無かった。たくさんの後悔があり、勝ち点が取れなかったことは今後に不安を残す結果となってしまった。今夜は全くいいところがなかった。ボールは奪取できなかったし、ボールコントロールについても同様だった。攻撃の面ではチャンスが全くなかった…。前半のある部分だけは良かったが、それだけでは不十分だ。重要なところで勝ち点をとり続けるにはまだまだ努力が必要だ。”

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。