2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロンソ、モナコへ

アロンソモナコ

ブルターニュ合宿には参加していたアレハンドロ・アロンソですが、
やっぱり
モナコへの移籍が決まってしまいました。
ボルドーの公式ホームページによると両クラブ間ですでに合意に達し、あとはメディカルチェックを残すのみです。
正式発表はまだですが、契約は3年になりそうとのこと。
新天地での活躍に期待しましょう。

さて、すでに補強終了宣言をしたトリオー会長ですが、これで右サイドの補強(グフランの控え?)が必要になってきました。
ブラン監督はトリオー会長に欲しい選手をリクエストをする際、各ポジション1人づつしか名前を挙げないそうです。例えば今回のサイドバックならシルベストルの話が破談になった後マチュー、その後プラセンテという感じ。
今回右サイドに誰を欲しがるのか注目です。

あとは今回ブルターニュ合宿への帯同すら許されず、リザーブで練習しているのがフロリアン・マランジュ。
状況的に移籍濃厚(レンタルかも)、というか出た方がいいでしょうね。
スポンサーサイト

ディエゴ・プラセンテ!

プラセンテ

元アルゼンチン代表、ディエゴ・プラセンテ(31)の獲得が決まりました!

レバクーゼン時代にはチャンピオンズリーグ決勝まで進出、1997年U20ワールドカップではアイマール、リケルメなどとともに優勝を勝ちとっており、経験は十分。
本職は左サイドバックですが、センターバックや守備的MF、左サイドハーフもできると語っており、そのポリバレント性も魅力です。

契約年数はまだ発表されていませんがおそらく2年の契約。
今年1月からセルタからアルゼンチンのサン・ロレンソに戻っていましたが、”ヨーロッパのクラブに移籍する際には移籍金が発生しない”という特別契約を結んでいたらしく、移籍金0で獲得することができました。

以下、ボルドーでの初コメントです。
“いずれヨーロッパに戻ってきたいと思っていたけど、その願いがかなったよ。スペインやギリシャのクラブからもオファーがあったけど、ボルドーに決めたんだ。ボルドーのすべてが自分の選択において決定的だった。ボルドーというクラブの確実さ、チャンピオンズリーグ、そしてカベナギの存在。カベナギとはリバープレート時代に一緒にプレーしたからよく知っているし、今回いい情報を僕に教えてくれたよ。ボルドーは魅力的ないいチームで、昨シーズンはとてもいい成績をおさめた。そして僕は違う文化、違う言語を経験したかったんだ。フランスリーグはとてもフィジカルが強く、スピードもある。アルゼンチンではあまりフランスリーグのことはあまり語られなかったが、カベナギが来てから知られるようになってきたんだ。

開幕まであと2週間

開幕まであと2週間、来週末にはトロフェ・デ・シャンピオンでリヨンとの対決を控えています。
先日のトゥールーズ戦でプレシーズンマッチも4試合目となり、今季のチーム概要が明らかになってきました。

移籍希望している者を帯同させないとのことで、アロンソがメンバー落ちです。
アロンソはサラリーアップなしでの契約延長の申し出を断っていることもあり移籍は確実視されています。リカルド監督率いるモナコと4年契約と大々的に報じられましたが、まだ正式なオファーは届いていない模様。

そのトゥールーズ戦のスタメンは”リヨン風”の4-3-3で望みました。
Ramé- Jurietti, Planus, Diawara, Wendel - Diarra, Fernando, Gourcuff- Obertan, Gouffran- Chamakh.
驚きは左サイドバック。
内転筋痛のトレムリナスに代わったのはマランジュでなくヴェンデルでした。
マランジュ本人は今季に向けて前向きな発言をしているものの、ブランの構想には入っていないことはほぼ確実です。
左サイドバックの補強は元アルゼンチン代表のディエゴ・プラセンテの獲得がほぼ確実になりました。
木曜日にボルドー入りし金曜日にメディカル・チェックを済ませており正式発表待ちです。
レバクーゼン時代にはチャンピオンズリーグで決勝まで行った名選手で、左サイドバックだけでなくセンターバックやディフェンシブハーフも出来るという話なのですが、管理人はこの選手のことを良く知りません。
ご存じの方、教えていただければこれ幸いです。

ブラン監督はマチューに未練たらたらで、トゥールーズ戦後次のようなコメントを残しています。
「マチュー獲得の話はもう終わった。別の選手を探している。隠さずに言うならジェレミー・マチューが欲しかった。彼は若さ故の欠点があるけれど、まだ伸びシロがある凄いポテンシャルを持っている。今後はチャンピオンズリーグをすでに知っている経験のある選手を探す。」
ボルドーとマチューは相思相愛だっただけに残念ですね。

このトゥールーズ戦のスコアは0-0。
内容は良かったらしく、ブラン監督も満足しているようです。
ただ親善試合とはいえ3試合で1得点は寂しいところ、やはり今季もカベナギ頼みになりそうな雰囲気です。

Allez Bordeaux!!!

マルセイユに敗戦

FC Girondins de Bordeaux 0 - 1 Olympique de Marseille

マルセイユとのプレシーズンマッチ。
ボルドーとトゥールーズの中間にあるアジャンという町のフットボール場に12000人の観客が集まりました。

前半
Ramé-Chalmé, Henrique, Diawara, Trémoulinas - Diarra, Fernando, Wendel, Gourcuff - Bellion, Gouffran

後半
Valverde - Jurietti, Henrique(Saunier 65e), Planus, Trémoulinas(Marange 65e) - Diarra(Ducasse 57e), Fernando(Sertic 65e), Alonso, Wendel(Traoré 57e) - Obertan, Chamakh

今回も計22人のメンバーを使ってきたブラン監督。
コーナーからシセのヘッドで敗れはしましたが、特に前半の内容が良かったらしく手応えを感じているようです。
なかでもグルキュフが攻守にわたっていい動きをしているみたいですね。

若手で抜擢されているのはまだプロ契約をしていないSertic選手。
テクニックがありFKも蹴れるというイケメンMFです。
今季トップでの出場機会があるのか、要注目です。

左サイドバックは今のところトレムリナスがレギュラー組で出続けており、ジュリエッティは右サイドバックで出場しています。
それにしても左サイドバックの補強はいつ決まるのでしょうか?
次のプレシーズンマッチはブランの獲得第2希望マチューが所属するトゥールーズです。

グルキュフ、ボルドー初ゴール!

FC Girondins de Bordeaux 1 – 1 Châteauroux


BORDEAUX CHATEAUROUX MATCH AMICAL

プレシーズンマッチ2試合目はL2のシャトルーです。
スタメン組で右SBにジュリエッティが入り、トップにグフランが入りました。
公式HPによると前半のグフラン、後半のオベルタンはセカンドトップの位置でプレーしたようです。
後半途中出場のバイスは鼻骨骨折のため途中退場、前日に合流したばかりのカベナギは試合に帯同していません。

ボルドーの得点はグルキュフの間接FK。
グルキュフは前の試合でもいいFKを蹴っていましたね。左のヴェンデルに右のグルキュフ、今シーズンのセットプレーはますます楽しみになってきました。

今週末はマルセイユとの対戦になります。スタメン組は長めにプレーすることになりそうとのことなので、どのようなメンバーになるのか要注目dす

前半戦メンバー
Ramé - Jurietti, Planus, Diawara, Trémoulinas - Alonso, Diarra, Gourcuff , Wendel - Gouffran, Chamakh

後半戦メンバー
Valverde(Olimpa 81e) – Chalmé, Saunier(Baysse 81e, Saunier 83e), Henrique, Marange – Sertic, Ducasse, Fernando, Traoré - Bellion, Obertan

ボルドレの3ゴール

FC Girondins de Bordeaux 2 – 1 AC Ajaccio (L2)
0-1: Diabaté (8e)
1-1: Bellion (33e, PK)
1-2: Alonso(88e)


先週末L2のアジャクシオとの親善試合がありました。
先制点のディアバテは今季ボルドーからレンタルされたマリ出身の20歳。
スコアは2-1ですが、3点ともボルドレのゴールです!
ブラン監督は「2人の若手はとてもよく適応している。」とコメントしているように、グルキュフ、グフランもいい動きを見せていたようです。

前半戦メンバー
Ramé - Chalmé, Planus, Henrique, Trémoulinas - Gouffran, Fernando, Gourcuff , Wendel – Obertan, Bellion
後半戦メンバー
Valverde - Jurietti, Baysse, Diawara, Marange - Ducasse, Diarra, Sertic, Alonso – Chamakh, Saivet

昨季のことを考えると前半戦のメンバーが恐らく現時点でのベストメンバーではないかと思います。
ディアラは怪我でやや出遅れ気味、シャマクは怪我でワールドカップ予選に出場できず、5日遅れで合宿に合流、ジュシエは別メニュー調整、ワールドカップ予選に出場したカベナギは15日から合流予定です。

*7/14 この試合の動画を見つけたので追加しました。  
  グルキュフはキレがありそうですね。FKもいい感じで蹴っています。
  グフランはあまり写ってきませんが、どうやら背番号は7をつけているようです。

いいバカンスだった?

キャンプイン直前のジュシエのインタビュー(一部)を紹介します。
FWのなかでカベナギ、シャマク、ベリオンに続いて4番手だと思いますが、昨季と同じように出場機会はかなりあると思います。
早く怪我から復帰して、いままでのように苦しいときのゴールを決めてくれることを期待してます。



良いバカンスを過ごしましたか?

ジュシエ: トレーニングをしてたのでいつもとは違うバカンスになったよ。5月に手術を受けたばかりだったから、フランスに少し残っていたんだ。その後メディカル・スタッフがブラジルに帰ってからのトレーニングを続けることを勧めてくれた。目標はシーズン前のキャンプに良い状態で参加することだった。リオ・デ・ジャネイロで過ごした一週間を除いてバカンス中もずっとリハビリのプログラムを続けてきた。リオでも30分のランニング2回は欠かさなかったよ。


バカンス中は何をしてたの?

ジュシエ: 故郷のBello Horizonteに帰ってたんだ。そしてさっき言ったようにリオ・デ・ジャネイロで一週間過ごした。何人かのフランス人もブラジル旅行にやってきたよ。マチュー・バルベルド(第2GK)やロマン・ブレジュリ(メスに移籍)がいたし、ランスにいたときの友達も4人来たよ。イウトン(ランス→マルセイユ)もいた。みんなHorizonteとリオに来て楽しんだよ。僕はフランスから来たツーリストのためにガイドをしたんだ。


同僚と一緒に素晴らしいバカンスを過ごしましたね?

ジュシエ: 彼らと何日間かのバカンスを過ごせて最高に楽しかったよ。フットボールのおかげで僕たちの関係ができあがったんだ。チームメイトだけでなく友達なんだよ。こういう雰囲気はとても気にいっている。


今後のトレーニングに関して目標は?

ジュシエ: なるべく早く復帰すること。傷が癒えるのにあと15日かかる。もう痛みはないけれどまだ完全に治っているわけではないから注意しないといけない。再発のリスクにケアすることは最も重要だ。メディカル・スタッフと一緒に十分なトレーニングをしているし、あせってはいない。リーグ戦再開まであと1ヶ月あるんだ。


来季はエキサイティングなシーズンになりそうですね。

ジュシエ: そうだね。ボルドーは期待されているから昨シーズンのようにしないといけないね。また0から出発して、シーズンに良い状態で入れるよう十分なトレーニングをしないといけない。僕にとっては最初の2,3ヶ月が最も重要だ。いつもはゆっくりシーズン入りするのだけれど、今回は違いを生むだけのことをしないといけない。


あなたの目標はなんですか?

ジュシエ: 個人的な目標は定めていないよ。ハードトレーニングをして行けるところまで行くよ。一生懸命やっていれば、すべての事が僕に微笑みかけてくれると思うよ。

2008-2009シーズンユニフォーム

maillot

2008-2009シーズンのユニフォームが発表されました。
来季はこのユニフォームで選手達が暴れ回ってくれることでしょう。
ただ第3ユニの色彩はちょっと微妙ですね。


ジロンダン達は現在バスク地方のAngletという場所でトレーニングをしています。
SudOuestによるとAnglet出発を前にして、ヴェンデルの契約延長(2012まで)が合意に至ったとのことです。
ヴェンデルは以前、"ボルドーでプレーできてとても満足している。でも新しい挑戦をして違う国の文化を知ることに興味がある"と語っていただけに、嬉しいニュースです。
一方来年で契約が切れるアロンソの契約延長は難航している模様。
やはり現状に満足していないらしく、今後の去就が注目されます。

ジェレミー・マチューの移籍も難航しています。
トゥールーズのサドラン会長は"移籍金をつり上げようとしているのではない。ただ彼には残って貰いたい。"とコメントしてますが、当の本人はボルドーへの移籍を希望しているようです。
グルキュフやグフラン、ボルドー行きを志願したメネズやマチュー、これらフランス期待の若手達に共通しているのは
"CLに出れるから"そして"ローラン・ブランがいるから"
来季以降もこの2つが揃うことを切に願います。

練習再開!

新しいシーズンに向けて練習がはじまりました。
それぞれ代表に選ばれていたシャマクとカベナギはまだ合流していませんが、新加入のグルキュフとグフランも練習に参加しています。
この日までに3人の獲得を済ませたかったトリオー会長とブラン監督でしたが、結局シルベストルの獲得はなりませんでした。
LSBとCBをこなせる選手を探しているようですが、ブラン監督はトゥールーズのジェレミー・マチューを希望しているようです。

それではグフランのボルドーでの初インタビュー(一部)を。



ヨアン、移籍が決まるのに時間がかかりました。心配でしたか?

いいえ。常に確信していた。ある程度時間がかかるのは分かっていたし、普通のことだ。

ボルドーを選んだのはなぜ?

常に安定したクラブだから。ボルドーは常にヨーロッパカップに出場している優秀なクラブだ。そしてローラン・ブランの存在も大きかった。彼は偉大なプレーヤーだったし、彼が僕に電話をしてくれてすぐにオファーを受けた。その時からすぐにボルドーに行きたいと思ったんだ。

他のチームには行きたくなかったの?

もちろん。ボルドーが興味を持ってくれていると知ったときから僕の心は決まっていた。他の選択はなかったよ。

ボルドーに加わった今、何を期待してますか?

まずできるだけ普段通りにプレーをすること。そして成長すること。なぜならたくさんの試合、特にチャンピオンズリーグを戦わないといけないからね。チームの目標はすべての試合でできるだけいいところまで行くこと、リーグ戦もカップ戦もチャンピオンズリーグもね。

あなたはトップも右サイドもできますが、好みはありますか?

特にない。ポジションは監督が決めることだ。ブラン監督は僕がトップも右サイドもそして左サイドでもプレー出来ることを知っている。プレシーズンでの練習で彼とまた話をして、彼の意見に従うよ。

新しいチームメイトは何人か知ってますか?

グルキュフはよく知っているし、ユースで一緒だったマランジュやデュキャスも少し知っている。でも今朝初めて練習した時、ディアラとディアワラが話しかけてくれたんだ。とても生き生きとしているグループだし、ロッカールームではみんな冗談を言い合っている。

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。