2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カベナギ特集 (Jour de foot)

カベナギファン必見!
フランスのテレビ局カナルプリュスの"Jour de foot"で放送された特集です。
それにしてもカベナギ、いい笑顔してますね。


(以下、カベナギのインタビュー部分だけですが翻訳です。)

信じられないよ。最初の6ヶ月間はスタメンが1度しかなかった。
それなのにサポーターは常に僕とともにいた。
彼らは僕を支えてくれたし、歌ってくれた。とても感謝している。

20歳までリーベル・プレートでプレーした。
すばらしい環境をもち、タイトルを勝ち取ることができるこんな大きなクラブでプレーするのが自分の夢だったんだ。
いまだに信じられないよ。

スパルタク・モスクワが最も早く、そして最も重要なオファー(1100万ドル)をくれたんだ。
僕はスパルタクを選んだ。なぜならこのクラブが僕をもっとも欲しがってくれたから。
最初の2年は多くの試合に出場した。
リーベルにいたころほどゴールを決めることができなかったとしても、うまくいっていた。
でも最後の6ヶ月、突然問題が出てきたんだ。
環境を変えることを本当に必要としていたし、スパルタクを出たかった。

2ヶ月のバカンスの間、全くトレーニングしてなかった。
3~4キロオーバーでボルドーに来たんだ。
1ヶ月間すばらしい準備をしたけど、それにもかかわらずプレーする機会がなかった。
どうしてか分からないよ。
そうやってボルドーでの適応の時間を過ごしたんだ。

今季デビュー戦のタンペレ戦は3-2で勝ち、僕は2点決めた。
このようにゴールを決めることが出来て自信になった。
プレーする準備が出来ていることを示したかったし、ボルドーのスタメンに名を連ね、ゴールする力があることを証明したかったんだ。

自分は、いやすべての選手やサポーターは、ショートパスを繋ぐチームを見るのが好きなんだ。
今年は同じフットボールの考えを持ち、パスを繋ぐサッカーを好む監督を持つチャンスを得た。
これは自分にとってとても重要なことなんだ。

“この歌大好きだよ。すごくいいね。Cavenaghi Oh~, Cavenaghi Oh~, こんな感じ(笑)”
スポンサーサイト

23e journee, Lorient - Bordeaux

「若い選手にチャンスが与えられるだろう。」という試合前のブラン監督のコメントの通り、ターンーバーをしてアウェーのロリアン戦に望みました。

先発メンバーは
Rame ? Jurietti, Henrique, Planus, Marange ?Ducasse, Diarra ? Obertan, Jussie, Wendel ? Bellion

デュキャス、ディアラのダブルボランチ、ベリオンの1トップとかなり守備的な布陣、攻めるのに苦労するだろうとは思ってましたが予想以上でした。
とにかく前線でパスが回らない、キープできない上ミスが多く、得点できそうな雰囲気は全くなし。
どんな試合でも1度や2度はチャンスがあるものですが、今節に限ってはゼロ。シュート数もたったの2本でした。

期待していたオベルタンも消極的で全然ダメでした。
失敗してもいいからもっと勝負して欲しかったなぁ、みんなそれを期待していると思うんですけどね。
ベリオンは前線で孤立ぎみでした。サイドでボールを受けてもサポートがなく、攻撃が繋がりませんでした。
デュキャスもマランジュもせっかくのチャンスでしたが、相変わらずというか全く目立ちませんでした。

守備陣は突破されるシーンはほとんどなかったと思います。
ピンチといえば動画にあるラメが好セーブしたシーンくらいでしょうか。
エンリケのファールでPKを与えたシーンはもったいなかったですね。
無理にタックルに行く場面じゃなかったような気がします。

リーグ3戦連発中のカベナギをスタメンで使って欲しかったところですが、逆にこれでカベナギの存在感が一層増したのではないでしょうか?
今まではベリオンが軸になってましたが、そろそろカベナギを軸にして欲しいですね。

これでリーグ戦の連勝は4で途切れてしまいました。
今節は上位陣が軒並み勝利できなかったので、今のところ2位は安泰です。
ベストメンバーじゃなかったとはいえ、こんな試合をしていたらリヨンのライバルとか言ってる場合じゃないですね。
あ~あ、なんか愚痴ばっかりになっちゃいました。
今週末のルマン戦(フランスカップ)、その次はメッス戦と続きますが、いい記事を書きたいものです。
Allez bordeaux!!!



Lorient 1 - 0 FC Girondins de Bordeaux

Le but;
1-0; Jallet (77e)

Remplacements;
72e: Bellion→Cavenaghi
72e: Jussie→Alonso
82e: Ducasse→Micoud





ロリアン戦メンバー

ロリアン戦メンバー19人です
Rame, Valverde - Bregerie, Chalme, Henrique, Jurietti, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Micoud, Wendel - Bellion, Cavenaghi, Jussie, Obertan, Saivet.

ジュリエッティが帰ってきました。裁定は"1試合出場停止、執行猶予つき"とのことです。
この"avec sursis(執行猶予つき)"というのは、恐らくシャマクのケースと一緒で"今後10試合でイエローカードを貰ったら、その次の節出場停止"というものではないかと思います。

注目の予想メンバーは
L'EQUIPE, France Football
Rame - Charme, Planus, Henrique, Jurietti - Diarra - Alonos, Jussie, Wendel - Cavenaghi, Bellion
fcgb.net
Rame - Jurietti, Planus, Henrique, Marange - Obertan, Ducasse, Diarra, Tremoulinas - Cavenaghi, Saivet (ou Jussie)

fcgb.netのほうはかなり過激なメンバー予想ですが、Sud-ouest紙によるとブラン監督は
「サンテティエンヌ戦ではフィジカル面、メンタル面においてみずみずしさに欠けていた。」
「若い選手にチャンスが与えられるだろう。」
と発言した模様です。
中でも注目は大器セヴェのプロデビューなるか!?というところでしょう。
でも個人的には最近伸び悩んでいるオベルタンに頑張ってもらいたいのです。
試合中消えてしまうことが多く、持ち前のスピード&テクニックを見せつけてくれる場面も以前ほどみられなくなっていますが、今ぶち当たっているこの壁を乗り越えればきっと一流選手への道が開けてくるのではないでしょうか。
頑張れ、オベルタン!





22e journee, Bordeaux - St-Etienne

サポーター同士の友好関係で知られるLes Vertsとの対戦です。
試合前のゴール裏
“ボルドー、我々の愛情。サンテティエンヌ、我々の友情”
ASSE1

昨季はジャノがボルドーサポーターに向かって拍手をくれましたが、今回は残念ながら欠場でした。どうやら試合直前に肩を負傷したようです。
ジャノ以外にもイラン(胃腸炎)、フェインドゥノ(アフリカネーションズカップ)など主力を欠くサンテティエンヌはゴミスを1トップに置く守備的な布陣で望んできました。
ジロンダンはミッドウィークということである程度選手の入れ替えをしてくるかと思いましたが、ブラン監督はベストメンバーを組んできました。もちろん2トップはカベナギ-ベリオンです。

サンテティエンヌは引き気味に守ってきて(スペースがほとんどありませんでした)カウンターでゴミスにボールを集めてきたのですが、特に前半は相手の思惑通りうまくやられていました。
ゴミスにうまくDFの裏をとられ、3~4回は決定的なチャンスを作られたのではないでしょうか?
ラメのスーパーセーブもありましたが、ゴミスのシュートミス、エンリケのファールすれすれのタックルなどかなり運の要素もあったように思います。

後半はボルドーも相手のカウンターに対応し(エンリケが最終ラインでカットされ大ピンチを招いた場面もありましたが・・)、すこし落ち着いて見れるようになってきたなぁと思っていた後半10分、カベナギがまたやってくれました。
ゴール前のこぼれ球を一度は空振りしながらも、最後は執念でゴールに押し込みました。
サイドから何度かチャンスはありましたが、ボルドーの決定機はこの場面くらいでした。

これでリーグ4連勝、カベナギは4戦連発です(カップ戦含む)。気づけば3位ナンシーとの勝ち点差も5になりました。
今節に限ってはリヨンのライバルとなるにふさわしい内容とはいえませんでしたが、結果がついてきているのはいいことです。
これでさらに勢いに乗ってくれることを期待しましょう。
Allez Bordeaux!!!


FC Girondins de Bordeaux 1 - 0 AS St-Etienne

Le but;
1-0: Cavenaghi (55e)

Titulaire;
Rame - Charme, Henrique, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Micoud, Wendel - Cavenaghi, Bellion

Replacements;
58e: Micoud→Jussie
73e: Alonso→Ducasse
75e: Cavenaghi→Obertan




フェルナンド1ヶ月の離脱

・フェルナンド1ヶ月の離脱

心配していた怪我人が出てしまいました。
ルマン戦で負傷したフェルナンドは今朝MRI検査を受け、左膝の靱帯損傷のため1ヶ月の戦線離脱です。
ミクーがいるので当面はどうにかなるとは思いますが、厳しい陣容になってきました。
もしかしたら、緊急の補強もありえるかもしれません。


・マヴバ君、リールへ

ビジャレアルで出番の少なかったマヴバのリール入りが決定しました。
(とはいえ、最近は増えてきたような気がしますが)
6ヶ月のレンタルで、買い取りオプション付きです。
もちろんユーロ2008出場を見込んでの移籍です。
降格危機のリールの救世主となってくれるでしょうか?


・ボルドー、リーグアンの主役へ?

首位リヨンとの勝ち点差が3と縮まったことで、ボルドーへの注目が集まってきました。
各紙、特別記事、アンケート、討論などにぎわっています。
"リヨンを抜ける"という肯定的な記事としては
・カーン戦での大敗(11月24日)からは負けがなく、勢いがある。
・新加入選手の活躍、ターンオーバー制がうまくいっていることで選手層が充実してきた
・ブラン監督のリスクを冒す攻撃的なストラテジーが成功
これに対して
・カードをもらいすぎ(リーグ最多)、失点数が多い(リーグ15位)
・リヨン、ナンシーとの直接対決に勝てていない
・"真のスター"がいない
などなど
とにかく好調を維持してこれからもリーグを盛り上げてもらいたいところです。
Allez Bordeaux!!!





21e journee, Le Mans - Bordeaux

Le Mans 1 - 2 Bordeaux



懲りもせずバーで観戦してきました。
いつもはタバコで煙っているバーの中ですが、フランスでは1月1日から全面禁煙になったので画面が見やすくなかなか快適でした。

今節は開始早々の失点はありませんでしたが、今季のもう一つの課題-レッドカード-で退場者を出してしまいました。
今季はおとなしくしていたジュリエッティですが、やっちゃいましたね。
報復行為で蹴り&張り手。。。裁定待ちですが、出場停止は1試合では済まないのではないでしょうか?
主審はこの行為を見ていなかったようで、判定がかなり遅れました。
アピールで判定を覆したのでは?ビデオで確認したのでは?と論争になっているようです。
まあいずれにせよ、ジュリエッティの行為は悪質でした。
これでボルドーは今季イエローカード47枚、レッドカード5枚になり、フェアプレー部門堂々の最下位です(1位のロリアンはイエロー20、レッド0)。

試合のほうは良かったですね。
10人になってからも良く守りました。
それにしてもカベナギ、またまたやりました!!!
1点目は上手に体をいれましたね。
22分にはベリオンへの絶妙なパスからゴールが生まれました。
そして10人になってボールを支配していた後半、ヴェンデルへボレーでのスーパーパスで相手のレッドカードを呼びました。

心配なのは2点目を決めたフェルナンドが負傷退場したことです。
(ゆりかごパフォーマンスは最近子供がうまれたベリオンへのものですね。)
試合直後のインタビューでブラン監督が”たいしたことない”とコメントし一安心していたのですが、一夜明け2~3週間の離脱と報道されています。

さあ、これで昨季は出来なかったリーグ3連勝、暫定2位です!!!
も、もしかして優勝も狙える?
Allez Bordeaux!!!

Le Mans 1 - 2 FC Girondins de Bordeaux

Les Buts;
0-1; Cavenaghi (13e)
0-2; Fernando (22e)
1-2; Douillard (36e)

Titulaire;
Rame - Charme, Henrique, Planus, Jurietti - Fernando, Diarra, Micoud, Wendel - Bellion, Cavenaghi

Exclusion;
46e: Jurietti
75e: Cerdan

Remplacements;
46e: Bellion→Marange
66e: Fernando→Jussie
76e: Micoud→Ducasse

ルマン戦メンバー

ルマンに遠征する18人です。

ボルドーメンバー :
Rame, Valverde - Chalme, Henrique, Jurietti, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, A. Diarra, Ducasse, Fernando, Micoud, Wendel - Bellion, Cavenaghi, Jussie, Obertan
怪我 : Jemmali
代表選出: Chamakh, Diawara
予想スタメン : Rame - Chalme, Henrique, Planus, Jurietti - Alonso, Diarra, Fernando, Wendel - Cavenaghi, Bellion

ルマンメンバー :
Roche, Pele - Calve, Cerdan, Basa, Pinault, Bouhours - Loriot, Louvion, Keita, Coutadeur, Yebda, Douillard, El-Bahri, Matsui - Maiga, Le Tallec, Samassa.
怪我: De Melo
代表選出 : Sessegnon, Romaric, Camara, Gervinho
予想スタメン : Pele - Calve, Basa (ou Louvion), Cerdan, Loriot - Coutadeur, Al.Keita, Yebda - Matsui, Douillard - Le Tallec


ボルドーは大腿痛が伝えられたジュリエッティ、下腿痛が回復したというディアラもメンバーに入りました。
スタメンにはヴェンデルとフェルナンドが復帰しそうです。
年末から出来のいいミクーのスタメンも十分考えられます(その場合外れるのはアロンソか?)。
いつもはなかなか読めないFWですが、カベナギ-ベリオンの2トップで間違いないでしょう。

一方のルマンはかなり厳しい布陣になりました。
アフリカ人の主力4人に加え、エースのトゥーリオ・デ・メロも怪我。
さらにリヨン戦でスーパーセーブを連発したGKプレとDFバサも怪我で出場微妙です。

アウェーのルマンでは3戦勝ちなしと相性はあまり良くないようですが、この状況をみると内容、得点ともに圧倒してもらいたいですね。
もちろん"Cavegol"に期待してます!
Allez les girondins!!!

アフリカネーションズカップ出場選手(リーグアン)

アフリカネーションズカップ(1月20日~2月10日開催)に出場するリーグアン所属選手の一覧です。

Auxerre : Sammy Traore (Mali)
Bordeaux : Marouane Chamakh (Maroc), Souleymane Diawara (Senegal)
Caen : Issam Jemaa (Tunisie)
Le Mans : Ibrahima Camara (Guinee), Christian Koffi Ndri Romaric (Cote d'Ivoire), Gervais Yao Kouassi " Gervinho" (Cote d'Ivoire), Stephane Sessegnon (Benin)
Lens : Aruna Dindane (Cote d'Ivoire), Adam Coulibaly (Mali),
Lille : Souleymane Youla (Guinee), Jean II Makoun (Cameroun), Tony Silva (Senegal)
Lorient : Aucun
Lyon : Kader Keita (Cote d'Ivoire)
Marseille : Andre Ayew (Ghana), Taye Taiwo (Nigeria), Modeste Mbami (Cameroun), Mamadou Niang (Senegal)
Metz : Oumar Sissoko (Mali), Babacar Gueye (Senegal), Luis Delgado (Angola)
Monaco : Aucun
Nancy : Michael Chretien (Maroc), Youssef Hadji (Maroc), Moncef Zerka (Maroc), Landry N'Guemo (Cameroun)
Nice : Onyekachi Apam (Nigeria), Bakari Kone (Cote d'Ivoire), Cedric Kant? (Mali), Drissa Diakite (Mali), Joseph-Desire Job (Cameroun)
Paris Saint-Germain : Aucun
Rennes : John Mensah (Ghana), Achille Rouga (Benin), Stephane Mbia Etoundi (Cameroun)
Saint-Etienne : Pascal Feindouno (Guinee), Siaka Tiene (Cote d'Ivoire), Bayal Sall (Senegal)
Sochaux : Rabiu Afolabi (Nigeria), Guirane Ndaw (Senegal)
Strasbourg : Mamadou Bah (Guinee), Jacob Mulenga (Zambie)
Toulouse : K?vin Constant (Guinee), Fode Mansare (Guinee), Achille Emana (Cameroun), Silva Dos Santos (Tunisie)
Valenciennes : Abdeslem Ouaddou (Maroc)


離脱選手がいないチームはパリ、モナコ、ロリアンの3チーム。
首位を走るリヨンも不調のケイタだけなのでほぼ戦力に影響はなさそうです。
逆に最も多いのはエースのバカリ・コーネ他5人選手を擁するニース、これは厳しいです。ニースは元ボルドーのシドをボルトンから獲得しました。
5試合連続ドロー(0-0が3試合!)のナンシーも厳しそう、失速の可能性もありえます。


ではアフリカ選手権中のボルドーの対戦相手を見てみましょう。
21節ルマン(1/19);
2月2日のフランスカップでもボルドーと対戦のあるルマンですが、主力4人の離脱はきつそうです。
しかも今季10得点のエース、トゥーリオ・デメロが昨日のリヨン戦(リーグカップ)で負傷退場、足首の怪我で3週間離脱するとのことなので攻撃のタレントがほとんどいなくなってしまいました。
それにしてもリヨン戦の松井のゴールは凄かったですね。

22節サンテテイエンヌ(1/24);
フェインドゥノにつきますね。
彼抜きだとかなり攻撃力が落ちそうです。

23節ロリアン(1/27);
代表選出ゼロです。
サイフィがいなくなると思ってたら、アルジェリアは予選落ちでアフリカネーションズカップは出れないんですね。

24節メス(2/9);
メスの選手はほとんど知らないのですが、3人選出されてます。
ダントツ最下位のメスには普通にやっても勝っとかないといけません。

ボルドーはシャマクとディアワラが離脱します。ジェマリは怪我で代表を外れました。
カベナギが爆発の気配を見せいることもあり、それほど戦力ダウンはなさそうです。
ここで波に乗ってCL圏を確固たるものにしてもらいたいですね。
Allez Bordeaux!!!

20e journee, Bordeaux - Auxerre

Bordeaux 4 -1 Auxerre
やりました! みんなの期待通り、カベナギの2ゴールで快勝です!
Auxerre3

予想通りヴェンデルとフェルナンドがベンチスタートとなりました。
左サイドにはジュシエかオベルタンが入るかと思いましたが意外にもトレムリナス、このブラン采配は当たりだったと思います。
得点には直接絡みませんでしたが、相手が5バック気味でサイドを固めてきたのに対し、左サイドから中に切れ込む動きで何度もチャンスを演出しました。
この中央に入っていく攻撃が効いたのか、後半はサイドの深い位置からもチャンスが生まれました。
一方いつもはシャルメ-アロンソの右サイドからの攻撃が多いボルドーですが、よく研究されていたのか3人で囲まれることが多く、ほぼ完全に封じこめられてしまいました。

Auxerre1

試合展開は、また例によって開始早々の失点。
イェレン、ニコラエに電光石火のカウンターを決められてしまいました。
その10分後、ミクーのパスからベリオンがエリア内でGKソランに倒されPKを得ます。
そのベリオンのPKは一度はGKに阻まれましたが、弾いたところをカベナギが決め、同点に追いつきました。
Auxerre2

さらに前半40分、やや距離のあるFK。
カベナギがボールをセットしミクーと何やら喋ってましたが、
おもむろに蹴ったのは誰も予想してなかったプラニュス
確かにすばらしい弾道のFKでしたが相手GKソランはビックリしたでしょうね。
ちなみにプラニュスはリーグ152試合目にして初ゴールです。

後半7分アロンソが長い距離をドリブルしカベナギへパス(これがアロンソ唯一の見せ場でした)、そしてカベナギがまたやってくれました!
すばらしいミドルを決め、場内は例の”カベナーギー、オーオー”の大合唱となりました。
後半のオセールは運動量が落ち、ボールを奪ってもなぜか引いたまま。
負けているチームとは思えない消極的な戦いぶりで時間だけがだらだらと過ぎ、後半ロスタイムにはベリオンのゴールというおまけつきで試合は終わりました。

それにしてもオセールはどうしたんでしょう。
ボールを奪った時にニコラエやイェレン(今日は2トップだったようです)が動きまわって、さらにサイドのオーバーラップというのが攻撃の形なんだろうと思いますが、最初の20分くらいだけで後は完全に足が止まってしまいました。
風邪ひきが多かったようですが、よっぽどコンディションが良くなかったのでしょうか。

ボルドはやっぱりカベナギにつきますね。
攻撃の起点にもなり、すばらしいシュートも決めました。これからが本当に楽しみです。
ベリオンも今節は良い感じで裏をつけていました。
CL出場に向けて、文句なしのスタートをきれましたね。
Bravo Cavenaghi, allez Bordeaux!!!


FC Girondins de Bordeaux 4 - 1 AJ Auxerre

Les buts;
0-1: Nicolae(2e)
1-1: Cavenaghi (13e)
2-1: Planus (40e)
3-1: Cavenaghi (52e)
4-1: Bellion (92e)

Titulaire;
Rame - Charme, Henrique, Planus, Jurietti - Alonso, Diarra, Micoud, Tremoulinas - Cavenaghi, Bellion

Remplacements;
65e: Micoud→Fernando
65e: Tremoulinas→Wendel
81e: Alonso→Jussie





オセール戦メンバー

いよいよリーグ再開、スタッド・シャバン・デルマスにオセールをむかえます。
ディアワラ、シャマクがそれぞれ代表選出のため不在でエンリケ、カベナギの先発が濃厚です。
あとペレアのグレミオ移籍が正式に決まったようですね。

対戦相手のオセールは、リーグアンでは珍しく3バックを採用しているチーム。
前半のボルドー戦でPKを2本外したマウリダはランスへ移籍、守備の要トラオレはマリ代表で不在です。
一方膝に不安を抱えるカレンベルグ、風邪ひきのペドレッティ、トーマはそれぞれメンバー入りしています。
LEQUIPEではよく3-4-3で表示されていますが、1トップ気味でカウンター狙いでくると思います。
安定感に欠け15位と低迷していますが、後半だけで5得点したりカップ戦の延長戦で4点入れたりと爆発力を秘めているだけにあなどれない相手です。


ボルドー招集メンバー
Rame, Valverde - Chalme, Henrique, Jurietti, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Fernando, Micoud, Wendel - Bellion, Cavenaghi, Jussie, Obertan.

ボルドー予想スタメン(L'EQUIPE)
Rame - Chalme, Henrique, Planus, Jurietti - Diarra - Alonso, Fernando, Wendel - Bellion, Cavenaghi (ou Jussie)

オセール予想スタメン(L'EQUIPE)
Sorin - Marcos, Mignot, Grichting - Chafni, Thomas, Pedretti, Kahlenberg, Jaures (ou Lejeune) - Jelen, Niculae.


調子を上げているカベナギがきっと試合を決めてくれるでしょう。
Allez Bordeaux!!!

カベナギ "ボルドーに4、5年残りたい"

Sud-Ouest紙に掲載されたカベナギのインタビューです。
管理人だけでなく、すべてのGirondinsサポーターの期待を一身に背負っているカベナギの心中はいかに?


フランスカップのキュビイー戦では、途中出場で最初にもらったボールをゴールしました。ゴール前での余裕はどこから来ているのでしょうか?

 分からない、でもアルゼンチンではFWはみんなゴール目がけてシュートをたくさん打つんだ。時にはチャレンジしないといけない。僕は20~25メートルの位置からもシュートを打つようにしている。ゴール前だけでプレーしようとする若い選手もいるが、チャレンジしないといけないし、シュートを打たないといけない。土曜日はまずボールを受けたとき、左のトレムリナスにパスしようと思った。でも自分にとってゴールための唯一の方法、それがシュートだと判断した、だからチャレンジをした。パニオニオス戦と同じようなゴールだけどサイドが違うね。


あなたにとっての模範はバティストゥータですか?

その通り。家にバィストゥータのDVDがあってよく見ているよ。バティストゥータは同じやり方でたくさんのゴールを重ねてきたことが分かる。彼はゴールの方向にボールをコントロールしてすぐさまシュートを打っている。僕はそれを常に再現できるよう心がけている。偉大な選手達のDVDを見るのは価値のあることだし、自分にとって重要なことだった。それにバティストゥータは選手としてだけでなく人間としても良い手本だ。


シャマクがアフリカネーションカップで離脱します。あなたの出場機会は増えるでしょうね。

それは監督に聞いてみないと分からない。マルアンがいようがいまいが、僕は常にプレーしたいんだ。


フィジカル的に問題を抱えて前半戦を終えましたか?リバープレートに戻りたいですか?

いやいや、もうそれは終わったことだ。手術の後2ヶ月間、猛トレーニングを積んだ。今は調子がいいよ。8試合に出場したけど、それぞれいいプレーが出来たと思っている。僕自身はリバープレートの時と変わらないし、モスクワでもボルドーでも一緒だ。ただもっとプレーできたら良かったね。ここでは出場機会が足りていない。


前半は出場機会があまりなかったことで、移籍したいと思ってますか?

いや、全く。なぜなら、ブラン監督も僕も自分のコンディションが良くなかったのが分かってたから。ブラン監督が就任した時、僕は怪我で2ヶ月不在だった。復帰してすぐレギュラーをとるのは難しいことは理解している。リーグ戦12試合の離脱は相当なものだよ。でも復帰戦となったUEFA Cupタンペレ戦でゴールを決めることができた。それはとても自信になったし、監督に自分の存在、そして準備ができていることを証明できたんだ。


監督と自分の状況について話し合いましたか?

いや。監督はたくさんの改革をしている、そして我々はリーグ、UEFA Cup、フランスカップの3つを戦っている。とくにUEFA Cupの出場が多かったが、むしろそれはよかったと思う。この3ヶ月間、いままでのボルドー生活の中でもいい時間を過ごしてきた。


ランスやエストゥディアンテス(アルゼンチン)など、冬の移籍の噂があるけど?

それはバカげた話だ。フランスならボルドーだ、他のチームはあり得ない。エストゥディアンテスのシメオネ監督の表明も見た。
でも繰返すよ、僕はボルドーでプレーしたい、少なくとも4、5年はね。契約があと3年半残っている。その後、僕はスペインリーグが好きなんだ、これが実情だ。でも僕はボルドーにいて満足している。自分にとってロシアにいる時と比べ大きな変化があった。確かにスパルタク・モスクワはビッグクラブだ、でもボルドーはすばらしい。このクラブ、ボルドーの街、この地方を愛している。そしてサポーターも雰囲気も・・・


あまりプレーしていないのはあなたにとって難しいのでは?

 僕はすべての試合に出たいんだ。リーグ戦もカップ戦もね。だから激しいトレーニングを積んでいるんだ。

パニオニオス戦でキャプテンマークを巻いたのも自信になったのでは?

 そうだね、リバープレート時代みたいにね(笑)。ダビッド (ジェマリ)が怪我で退場したときにキャプテンマークを僕に托したんだ。大きな責任だったけど良い経験だった。若いメンバーだったけど、舞台はUEFA Cupだったんだ。


まだリーグ戦ではゴールを挙げていないし、まだチームに多くをもたらしていないけど?

 まだリーグは2試合しか先発していない。ゴールはしていないけど2試合とも勝ったんだ。最も大事な事はゴールを決めることではなくて、勝利をもたらすことなんだ。マルセイユ戦ではチャンスがたくさんあったけど、いいGKにやられたね。


ピッチでは誰と一緒にプレーしたい?

 僕は誰とでもプレーできるよ。ボルドーにはいいプレーヤーがいるね。2チーム分の選手がいるんだ。ベリオン、ジュシエ、シャマクとプレーしたけど、それぞれうまくいってるよ。


どのシステムが気にいっている?よくトップの持ち場を離れているようだけど?

 時には1トップ気味になることもあるけど、中盤まで戻ることも多いね。ボールに多くさわりたいんだ。試合によってはスペースが全然なくて、たくさんボールタッチができなかった。
 フランスリーグはディフェンスがとても厳しいね、アルゼンチンと比べてスペースがない。それにディフェンダーの体格が大きいね。だからフリーでボールを貰わなければならない。僕にヘディングシュートを期待している人はフットボールを知らないね。僕がヘッドを決めるのはフリーの時だけ、DFにマークにつかれているときにはできないよ。


多くのサポーターがあなたの事を待っていることを知っていますか?

 よく知っている。サポーターには元気づけられているし、感激している。僕に応援歌を歌ってくれる時はいつも鳥肌が立つんだ。



カベナギのインタビューは以上。
そしてこのカベナギの応援歌の映像をついに見つけました!!!
歌詞は多分こんな感じだと思います。

"Cavenaghi Oh~, Cavenaghi Oh~, Cavenaghi Oh~"
"Tu marqueras les buts pour tes ultras"
(君のウルトラのためにゴールを決めてくれるだろうね)




リーグアン後半戦展望

リーグアン後半戦の展望です。
他チームのことをあまり知らない僕がこの壮大なテーマでうんちくを語るわけではないので、ご心配なく。
記事の翻訳です。(こっちのほうが心配かも)
個人的にジロンダンの展望も追加しようと思ってましたが、疲れたのでやめます。



今週末からリーグアンが再開する。前半戦の勢力図がくつがえるのか? リヨンはとらえられるのか? 有力クラブの降格はあるのか? ジブリル・シセは下り坂なのか?


・ リヨンは7連覇に向かうのか?

 1月の争点は、リヨンが7連覇に向かうのかどうかだろう。バランスは明かにyes”に傾いている。躍進したナンシーとたったの4ポイントしか差がないが、この差はどうやら開いていきそうな雰囲気だ。リヨンはリーグを1勝2敗でスタートし、チャンピオンズリーグも2連敗スタートだったが、2007年末には強さを見せつけた。クーペとクリスが帰ってきて、2008年は笑いが抑えられないだろう。


・ ナンシーはリズムを保ち続けることができるのか?

 前半戦のサプライズは、ナンシーが2位で折り返したことだ。リーグでもっとも固い守備を誇り(リーグ最少失点の11)、2試合しか負けていない。しかしここ最近4試合連続で引き分けており、寒くなってから少し息切れしているようだ。冬の中断で彼らはいいスタートを切れるのだろうか? アフリカネーションズカップで4人が離脱するが(クレティアン、ハジ、ゼルカ、ヌグエモ)、ナンシーにはリヨンを追撃するだけの選手層があるのか? それとも単にチャンピオンズリーグ出場を目指すだけになるのか? 答えはもうすぐ出るだろう。


・ ”小クラブ”のチャンピオンズリーグ出場はあるのか?

 前半戦通りならナンシーがチャンピオンズリーグ出場権を得るポジションにいるが、CL出場の可能性のある”初心者”はナンシーだけではない。確かに現在の3位はボルドーだが、その後に続く4チームはカーン、ル・マン、ヴァランシエンヌ、ニースだ。7位のニースと3位のボルドーの間には4ポイントしかない。これらの”小クラブ”達はCL出場にむけてチャンスをつかむのか、それとも後続のチーム群に入ってしまうのか? まだ誰にも分からない。


・ ”有力クラブ”の降格はあるのか?

 “小クラブ”のCL出場も現実的だが、”有力クラブ”の降格の可能性も無視できない。メスの降格はほぼ決まっていて、ソショーはかなり悪い状況ながら残留の可能性を残している。そして現在(一試合消化していないが)、ランスが降格圏内にいる。18試合で20ポイント、その1ポイント上にはリール、2ポイント上にはパリ・サンジェルマンがいる。オセール(15位、勝ち点23)も安心できない。シーズン終了時には大騒動が起こっているかもしれない。


・ キーとなるジブリル・シセ

 ジブリル・シセのこの冬の移籍はなさそうだ。マルセイユの点取り屋はリーグアンの頂点を目指して戦うだろう。前半戦でたった2ゴールしか挙げていないが、後半戦は出場するだろう。素晴らしい活躍をしたママドゥ・ニアングがアフリカネーションズカップに出場するのだ。このセネガル人が不在の間、マルセイユの鍵を握っているのがシセだ。シセはユーロ2008出場も目標にいれてプレーすることになる。


・ メスの名誉

 19試合で勝ち点7: メスの前半戦の成績は散々だ。残留圏17位のリールとの勝ち点差は14、事実上降格が確定しており、これからは誇りと微笑を取り戻すための戦いになるだろう。中断期間中にフランシス・ドゥ・ダッテオ監督と交代したイヴォン・プリクアンもそれ以外の事を考えていない。”私の一番の目標はチームの進む方向を戻すことにある。” と言っている。
“心理学的なプランに従って、できるだけ早く選手達に私の考えているやり方を理解してもらい、それぞれの選手が進歩できるようにしたい。”


・ ベンゼマ、20ゴールのラインに到達?

 昨シーズンはパウレタが15という少ないゴール数で得点王に輝いたが、今季はベンゼマの活躍もあって得点王争いのゴール数の樣相は例年に戻ってきた。今シーズン、12回ゴールネットを揺らしてきたリヨンの若者がこの話題を作ってくれたのだ。ニアング、ベリオン、デメロ、エルマンデル(10ゴール)と争いながら、ベンゼマは20ゴールを越えるだろう。これが普通なのだ。実際1988年(パパン19得点)と昨年の間は常に得点王は20点を超えていた。


・ スペクタクルとゴールを!

 もし後半戦でたくさんのゴールが生まれたら? 前半戦は試合平均のゴール数が2.2、退屈な試合が多かった。これは誰のせい? スター不足、監督達の消極的な戦略、GKのタレント達、といった論争がおこっているが、すべてが当てはまるだろう。ドログバやその同僚達がリーグアンに帰ってこなくても、またGKの腕を縛らなくても、毎週末の戦略をもう少し大胆にしてくれればいいのに。例えば1トップにMFの選手を置くのをやめるとか・・・。

Coupe de France 1/32finale Quevilly vs Bordeaux

Quevilly 1 - 3 Bordeaux



スタメンはLSBにマランジュが入った以外はほぼ予想通り。
年末から練習に参加できていたエンリケ以外の南米勢はベンチスタートとなりました。
試合は完全なボルドーペースとなりましたが、キュビイは人数をかけて必死に守ってきたこともあって前半は0-0。
後半は試合が動きました。
56分、ミクー→オベルタン→ミクーで先制。前半見せ場がなかったオベルタンでしたが、このプレーは見事でした。
75分にはセットプレーから同点にされ嫌な雰囲気になりましたが、
直後には途中交代のカベナギの目の醒めるようなゴールで勝ち越し。
おまけは終了間際、相手GKのミスからミクーがループを決めました。

"CFAといえども格下との対戦は常に難しい"
とは試合前のトリオー会長のコメントですが、ジロンダンは見事"罠を避ける"ことができました。
しかも管理人ひいきのミクー、カベナギ、オベルタンが活躍してくれました。
若干の不満といえば、こういう展開でベリオンとシャマクの2トップがいまいち目立てなかったことくらいでしょうか。
それにしてもカベナギのゴールはよかったですね、今年はカベナギの年になってくれそうです。
Allez les girondins!!!


US Quevilly 1 - 3 FC Girondins de Bordeaux

スタメン
Rame - Charme, Henrique, Planus, Marange - Obertan, Diarra, Micoud, Tremoulinas - Bellion, Chamakh

交代
67e: Bellion→Jussie
73e: Chamakh→Cavenaghi
84e: Tremoulinas→Ducasse

ゴール
0-1: Micoud (56e)
1-1: Beaugrard (75e)
1-2: Cavenaghi (80e)
1-3: Micoud (93e)

Quevilly戦メンバー

・キュビイー戦メンバー

Rame, Valverde - Chalme, Diawara, Henrique, Jurietti, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Micoud - Bellion, Cavenaghi, Chamakh, Jussie, Obertan

今年初戦は、5日(土)のフランス・カップ1/32finale、キュビイー(CFA:4部)戦です。
ブラン監督は"ベストメンバーで望む"と言っているようですが、南米勢・代表組が長めの冬休みをとっていたため、現時点でどのようなメンバーを組むめるのか全く予想できません。
アロンソ、カベナギ 、ジュシエは3日(木)から練習合流でしたし、コパ・アメリカで夏休みがあまりなかったフェルナンドは8日に合流する予定です。
あとヴェンデルは累積警告で出場停止です。(この試合で消費できてよかった。)

昨季のフランスカップはCFAのチームに足をすくわれました。
今回は簡単に蹴散らしてもらって、幸先の良いスタートを切ってもらいたいところです。
Allez Bordeaux!!!


明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!
カベナギ

昨年は私の拙い文章を読んで頂き、本当にありがとうございました。
皆様にとって、そしてジロンダンにとって良い年になることを祈っております。
本年もよろしくお願い申し上げます。
Allez Bordeaux!!!

Girondinsまにあ。
管理人 ken

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。