2007-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chant紹介その2 "Ce soir nous allons chanter"

最低気温がマイナス5度とかいう時期があって泣きそうでしたが、最近寒さが緩んできてほっとしているところです。

さて、今週のUEFAカップはボルドーはお休み、週末ホームでリーグアン2000試合目という節目の試合を迎えます。
相手はいまいち調子に乗れないトゥールーズ(というより昨季ができすぎか?)ですが、昨季最終節でハットを決められたエルマンデルが復帰しそうなだけにあなどれません。
まあ今のジロンダンの場合、相手がどうこうじゃなくてプラニュスとシャルメが出場停止のこの試合でどんなメンバーが組めるかということのほうが問題です。
マランジュはすでに通常練習に復帰していますが、今日の練習ではジュリエッティとヴェンデルが太腿痛で別メニューだったようです。
よりによってSBが守れるこの2人が怪我とは・・、日曜日に間に合うことを願っています。
前節の惨敗を払拭するためにも、大勝で記念すべき試合を飾って欲しいところですが・・・ちょっと不安。


話はかわってchants紹介、今回のも定番のやつです。
なんか和訳すると詩みたいでかっこいいですね。
元のフランス語のほうもちゃんと韻をふんでます。



Ce soir nous allons chanter
ス ソワ ヌー ザロン シャンテ  (今夜は歌おう)
La victoire des Bordelais
ラ ヴィクトワール デ ボルドゥレ (ボルドゥレの勝利のために)
Nous n'aurons pas de pitie
ヌー ノーロン パ ドゥ ピティエ (同情することにはならないだろうね)
Car des buts il faut marquer
カー デ ビュト イル フォ マーケ (ゴールを決めないといけないから)
La La La La La La La
La La La La La La La
スポンサーサイト

15e journee, Caen - Bordeaux

Caen 5 - 0 FC Girondins de Bordeaux



まさかの惨敗、がっくりです。
はっきりいって自滅です。
Caenの攻撃陣にしてやられたわけでは決してありません。(思いっきり負け惜しみ)
1点目(10分)・・・プラニュスとラメのまずいプレーから失点
2点目(29分)・・・ラメの信じられないミスから失点
36分にはシャルメが累積警告で退場(かなり厳しい判定でした。)
3点目(75分)・・・プラニュスのファールからPK、プラニュスは一発レッドで退場



もうこのあとは省略....


あーあ (溜め息)
プラニュスとラメがミス連発だなんて、ショックです。
ミクーもせっかくの先発出場だったのにまた退場者、しかも2人。
(これで3回目です、ミクーはおはらいしたほうがいいかも)

次節トゥールーズ戦は心機一転、頑張ってもらいたいものですが、
シャルメとプラニュスは出場停止、マランジュ、ジェマリは怪我・・・
大ピンチ!!
出場停止が一試合だけにとどまることを祈るのみです。


それにしてもグフランの一点目のパフォーマンスには本当にムカつきます!
ジュリエッティが試合後熱くなって
「Caenは俺たちをバカ扱いした。次の試合待ってろよ!」
と吐き捨てて、物議を醸しているみたいです。



Caen 5 - 0 FC Girondins de Bordeaux

Les Buts;
1-0: Gouffran (10e)
2-0: Sorbon (29e)
3-0: Grandin (75e, pen)
4-0: Eluchans (83e)
5-0: Gomis (87e)

カン戦スタメン
Remplacements;
46e: Bellion→Chamakh
60e: Diarra→Fernando
71e: Alonso→Obertan

カン戦メンバー

ようやくリーグ再開、カン戦の遠征メンバーが発表されました。
ジェマリとマランジュは怪我、エンリケはリザーブの試合に出場するようです。

Le groupe bordelais:
Rame, Valverde - Chalme, Diawara, Jurietti, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Fernando, Micoud, Wendel - Bellion, Cavenaghi, Chamakh, Jussie, Obertan.


レンヌ戦では守備的に戦って成功しましたが、今度はどんな戦いぶりをしてくれるのでしょうか?
(シーズン当初と異なりリカルドの戦術に近づいてきたとの声もあるようですが・・)
スタメンは?2トップはベリオン-カベナギ?
南米予選に行っていたフェルナンドはスタメン?それともミクー?
どうなるでしょう、明日が楽しみです。
もちろん勝ち点3を期待しています、ここで快勝して弾みをつけたいところですね。



親善試合結果

FC Girondins de Bodeaux 2 - 0 Libourne St-Seurin

L2で降格争いをしているリブルヌ・サン・スーラン(ボルドーから30kmくらいです)と親善試合を行いました。
先発メンバー;
Valverde - Jurietti, Henrique, Planus, Tremoulinas - Ducasse, Wendel - Charme, Micoud, Obertan - Bellion
ゴール;
1 - 0: エンリケ(23分)
2 - 0: オウンゴール

アロンソ、カベナギのアルゼンチンコンビはお休み、シャルメがMFで入ったようです。
とりあえず怪我人がでなくてよかったですね。


France 2 -2 Maroc

シャマクが出るのでテレビで観てましたが、モロッコには驚かされました。
よく組織されていて、テンポのよいパス回しでむしろフランスよりよかったのではないでしょうか?
正直こんなにいいチームだとは思ってませんでした。

我らがシャマクはセンターフォワードで出場、システムは3トップというか1トップ2シャドーという感じ。
2シャドーのハジ(ASナンシー)、セキティウイ(FCポルト)がテクニック溢れることもあって、シャマクはいい感じでくさびを受け、ボールを奪われることがあまりありませんでした。
結局点には絡みませんでしたが、後半20分で交代する際、解説のヴェンゲルさんには"とても良かった。"、もう一人の解説者には"とてもアクティブで効果的だった"と誉められてました。
よかったね、シャマク。

もう1つ驚いたのはスタッド・ド・フランスに大量のモロッコ人が詰めかけていたこと。
約5万人いたそうです、ほとんどはフランス在住者でしょうね。
フランスの国歌斉唱ではブーイング、フランスがボールを持てばブーイング、試合終了間際に同点に追いついたときにはスタンド中が大騒ぎでどっちがホームか分からない状態になってました。

Les buts :
0 - 1: Sektiou (9eme)
1 -1: Govou (15eme),
2- 1: Nasri (75eme)
2 -2: Moukhtari (85eme)

chants(応援歌)紹介その1: Aux armes




代表ウィークでネタがないので応援歌の紹介をしてみます。
まずは一番メジャーなやつ。
この動画では満員なのでいいですが、反対側のゴール裏にお客さんが入ってないとちょっと寂しいことになってしまいます。
(もちろんその時は片側だけでやる)

Aux armes, aux armes
オザーム      (武器を持て!)
Nous sommes les bordelais
ヌソム レ ボルドゥレ   (俺たちはボルドー人だ)
Et nous allons gagner
エ ヌザロン ガーニェ   (そして俺たちは勝つんだ)
Allez bordeaux, allez bordeaux
アレー ボルドー    (行け、ボルドー)
Lalalalala....


最近みたテレビで出演者が「一番好きな歌を歌ってください」と聞かれこの歌を歌ってました。
ただボルドゥレ→マルセイエ、ボルドー→OMでしたが。
要するにどこでもやってる応援歌です。
パリジャン(パリ人)、リヨネ(リヨン人)、ランソワ(ランス人)、モネガスク(モナコ人)、フランセ(フランス人)などに置き換えればOKです。
記憶が確かではないですが、フランスだけに限ったものじゃなかったような気もします。


14e journee, Bordeaux - Rennes

レンヌ戦1

試合前、選手達は円陣を組み観客とともに黙祷がありました。
おそらくイタリアのサポーター死亡事件に対するものでしょう。
観客数は2万1千人、そこそこ盛り上ってました。近くの席にディアワラがタックルやクリアするたびに大声援を送る若者一団がいて個人的に盛り上りました。

試合のほうは難敵レンヌ相手に3点もとって快勝です!

前半18分、エリア内でのカベナギとベリオンのパス交換から相手DFのハンドでPK。ベリオンが奪うようにボールをセットしてゴール、1 - 0。
後半4分、ベリオンの見事な飛び出しからゴール、2 - 0。
後半36分、相手が前がかってきたところをカウンター1発!
ベリオンのシュートが外れたーと思ったらオベルタンが飛び込んできました! 3 - 0
レンヌ戦ベリオン

と、ハイライトだけみると圧倒的な勝利のように見えますが、中盤を支配したわけではありませんでした。
とにかくパスのテンポが遅く、いい感じのサイド攻撃もほとんどなし。もちろん有効なサイドチェンジも見られませんでした。苦し紛れに単調な縦パスを出してはカットされる、もしくは前線でキープできないといった感じです。
開幕当初はもっといいサッカーをしていたような気がするのですが・・。

一方レンヌの方も同じように単調な攻撃で中盤のつぶし合いに終始した試合でした。スペースをあまり与えず、点をとられそうな感じはあまりありませんでしたが、好調だったヴィルトールがいれば少し違ってたのかもしれません。


またもや数少ないチャンスをことごとくモノにしたベリオンは本当に頼りになりますね。これで10得点、得点王争い首位のベンゼマとは1ゴール差です。フランス代表入りの声もちらほら出てきました。
カベナギもFWにいいボールが入らない展開の中、存在感は示したと思います。1点目のPKを呼んだ狭いスペースでのパス交換などは今までのボルドーにないパターンですし、セカンドトップ的な動きも光りました。彼のボールタッチとトラップがきれいに足元におさまるのは見ていて気持ちいいですね。
できるならば、ゴールという結果が欲しかったです。
レンヌ戦カベナギ


試合後のブラン監督のインタビューで気になるFW起用について触れている部分があったので紹介します。
インタビュアー: 「今回はカベナギとベリオンを起用しましたが?」
ブラン監督: 「全く違ったクォリティーを持つFW達を信頼している。木曜日(UEFA Cup ウィーン戦)ではシャマクとオベルタンが出場したが、彼らは十分な仕事をした。今夜はベリオンとカベナギの番だったが、彼らも素晴らしい働きをみせた。攻撃的なポテンシャルに溢れた選手が4人もいて監督として光栄だ。」

カベナギの処遇については少し心配してましたが、これからもチャンスがありそうですね。やっとスタートラインに立った、というところでしょうか。あとは結果を出してもらうだけです。
ジュシエの名前が出ませんでしたが、FWというよりむしろMFとして考えているのでしょうね。
最後に動画貼っときます。




FC Girondins de Bordeeaux 3 - 0 Rennes

Les Buts;
1 - 0: Bellion (18e, pen)
2 - 0: Bellion (49e)
3 - 0: Obertan (81e)

Remplacements;
58e: Alonso→Jussie
66e: Cavenaghi→Obertn
85e: Bellion→Ducasse

カベナギ、リーグ初スタメン!

今レンヌ戦のスタメンが発表されました。
カベナギ、リーグ初スタメンです。

Rame
Chalme, Planus, Diawara, Jurietti
Alonso, Diarra,Fernando, Wendel
Cavenaghi, Bellion

一方スタメン落ちはジュシエ、これは意外でしたね。
ミクーもスタメン落ち、このままじゃあカップ戦要員・・・。
後半早々からの出場に期待してます。

これからスタジアムに行く予定です。
相手がレンヌだけにロースコアの試合になりそうですが、カベナギ、ベリオンの得点で快勝を願ってます。

Allez! Bordeaux!

UEFA Cup GL第2節 オーストリア・ウィーン vs ボルドー



得意の逆転勝ち!
というより不用意に点を与えているだけなのかもしれません。
また前半早々にセットプレーから失点しましたが、相手の枠内シュートはこれだけでした。
相手は現在オーストリアリーグでトップを走っているチームですが、試合は終始ボルドーペースだったようです。
(今回も経過はラジオで確認してました。)

ボルドーの得点はミクーの絶妙なパスから今季好調のシャマクが胸でワントラップしてシュート。
そして試合終了間際にヴェンデルがPKを得て、これを自ら決め逆転。
これでグループリーグ2連勝、勝ち抜けはほぼ確定でしょう。
ちなみにミクーはこの試合、英語でいうところの"beautiful job"だったそうです。

気になるのはスタメン、4-2-3-1でシャマクの1トップ、ミクーのトップ下です。
期待していたカベナギは出場機会なし。
これで日曜日のレンヌ戦でスタメン外れるようだと・・・心配です。
Rame - Charme, Diawara, Planus, Tremoulinas - Ducasse, Fernando - Obertan, Micoud, Wendel - Chamakh

Austria Vienne 1 - 2 FC Girondins de Bordeaux

Les Buts
1-0; Kuljic (5e)
1-1; Chamakh (45e)
1-2; Wendel (88e, sp)

Remplacement
76e: Obertan→Bellion

ウィーン戦メンバー

・ウィーン戦メンバー

ウィーンに明日(水曜日)出発なので早めのメンバー発表です。
Le groupe :
Rame, Valverde - Bregerie, Chalme, Diawara, Jurietti, Marange, Planus, Tremoulinas - Ducasse, Fernando, Lavie, Micoud, Wendel - Bellion, Cavenaghi, Chamakh, Jussie, Obertan.
ジェマリ、アロンソ、そしていつの間にかペレアが怪我、ディアラは休養です。
エンリケはいよいよ水曜日にリザーブの試合に出場する予定になっています。

アウェーで勝って早々にグループリーグ勝ち抜けを決めて欲しいですね。


・リカルド監督、本領発揮?

13節一番のアップセットといえばアウェーでレンヌを破ったモナコです。
守備的MFを3人並べ((Bernardi-Perez-Leko)、攻撃陣はトップ下にNene、トップにGakpeとPiquionne。
この布陣で守りに守って数少ないチャンスをモノにしたようです。
リカルド監督はモナコでもガチガチに守る戦術を採用するのでしょうか?
ベンチに豪華なメンバーが座っているのを見るのは忍びないような・・・。


・バイス "誇りに思う"

レンタルでL2のスダンでプレーしている19歳のポール・バイス。
"4試合左サイドバックで出場して、その後はセンターバックでデビューした。リーグカップをあわせると6試合にも先発できて誇りに思う。求めていた試合出場の時間を得たんだ。自分に先発する価値があることを監督に証明するよ"

すでに2得点挙げていることに関しては
"ホームで2点もとったんだ。ことわざに2度あることは3度ある(jamais deux sans trois; 2度ないことは3度ない)とあるけど、狙うつもりはないよ。自分やチームメイトにとって大事なことは勝つことなんだ。"

ちなみにこのレンタル移籍に買取りオプションは付いてません。
成長してから帰ってきてね。



FCポルトvsマルセイユの試合がテレビではじまったのでこのへんで。
マルセイユはニャングの1トップで、復帰したばかりのナスリがトップ下。
リバプール戦でゴールを挙げたバルブエナ(ボルドー出身)も出場してます。
ポルトはクレアスマっていう選手がテクニックがあって面白いですね。

気分はこんな感じです

shauvigny
マイナー旅行から帰ってきました。気分はこの写真の人みたいな感じ。

天井画が凄いと噂のサン・サヴァンの教会は・・・修復中
試合の時間に合わせてホテルに入るもお目当てのcanal+・・・視聴できず
なぜかバイエルン-フランクフルトが映ってたのでしょうがなく見ましたよ。
バイエルンが雨あられのようにシュート打ってましたが、GKも稲本も頑張って0-0で終わってました。
そんでもってジロンダン・・・負けてました あぁ

1-0か1-1で、と思ってましたが1点をもぎとれませんでした。
13試合で16得点はあきらかに得点力不足ですね、4位にいれるのも守備陣のおかげです。
普通に考えたらカベナギを使うべきじゃないのかなぁ?
今節出なかったミクーもね。
途中交代のアロンソは右膝の靱帯を痛め、約10日間の離脱だそうです。
また同じ場所のようですが大丈夫でしょうか?


動画はゴールシーンだけのしか見つからなかったのですが、一応アップしときます。




Nancy 1 - 0 Bordeaux

Le but;
1-0: Malonga (29e)

Titulaire;
Rame - Chalme, Diawara, Planus, Jurietti - Alonso, Fernando, Diarra, Jussie - Bellion, Chamakh

Remplacements;
65e: Alonso→Obertan
79e: Fernando→Cavenaghi

カベナギはもっとプレーしないといけないのでは?

fcgb.netに気になる記事が載っていました。
個人的にはちょっと賛同しかねる部分もあるのですが、とりあえず紹介します。
(一部記事内容を省略しています)


フェルナンド・カベナギはヴァランシエンヌ戦で後半途中から出場し、今シーズンのリーグアン初登場を果たした。おもしろいことに、UEFAカップではすべての試合で先発しており1試合平均1得点を挙げている。
1月にボルドーに来て以来、このアルゼンチン人FWはまだ10試合にしか出場していない。彼はもっと出場しないといけないのでは?これがfcgb.netの今週の質問だ。

ローラン・ブラン就任はカベナギにとって朗報になるはずだった。昨シーズン6ヶ月で9度しかリカルド監督に出場機会を与えられなかったカベナギは、ブランが来ても結局は同じ成り行きになりそうなのだ。
UEFAカップ3試合、リーグカップ1試合、そして今回のリーグ戦、これが今シーズン約3ヶ月での出場機会だ。もちろんシーズン前に手術を受けたことでスタートが遅れてはいた。しかし今のところこれは事実だ:ローラン・ブランのスタメンメンバーには入っていない。どうするべきか?

カベナギの能力はチームの中でも傑出している。いろいろな役割ができ、ゴール前でGKの正気を失わせる能力を持っている。たとえシャマクがディフェンスに労を惜しまず、空中戦で力を発揮してボールをポゼッションできたとしても、たとえベリオンが中央で優れたパスの受け手だとしても、そしてたとえジュシエが敏捷性を発揮したとしても、カベナギはそのゴールセンス、プレースメント、足元のテクニックで絶対必要な存在になれるはずだ。
シャマクと組んで、ポストプレーでカベナギにボールを提供すれば間違いなく効果的だろう。そもそも一度だけ彼らは昨シーズンのナンシー戦で先発したことがある。スコアは3-0、カベナギ1ゴール、シャマク2ゴール、そのうち1ゴールはカベナギのアシストだった。

現在FWの調子が悪いと思われるマルセイユをはじめとしたリーグアンの多くのチームでカベナギはスタメンを張ることができるだろう。リヨンとレンヌを除けば、ボルドーのFW陣は他のチームよりはるかに充実している。
今のところローラン・ブランにとってカベナギは他の3人のFWに次いで4番手の存在だ。
まずはベリオン、彼の活躍はめざましくボルドーの半数のゴールを挙げており(“ムッシュー50%”)、得点王争いの2位につけている。今のベリオンのパフォーマンスをみれば、彼をベンチに置くことは非常識だ、もちろん疲労しているときは別だが。
ジュシエはモナコ戦やPSG戦のようにいつでも試合をひっくり返すことができる。両試合ともジュシエは2アシストをしてみせた。
そしてシャマク、現在のところ絶好調で輝いている。ガラタサライ戦はほとんど彼1人の活躍で勝利したし、ヴァランシエンヌ戦ベリオンのゴールを呼んだコーナーキックも彼1人で得たものだった。
恐らく唯一の解決法はこの4人全員を先発させることだ。4-4-2フラットにして右にジュシエ、左にベリオン、2トップにカベナギとシャマク。最低限の守備は要求されるが・・・カベナギのプレー時間も要求されている。




まずこの記事の内容を真に受ける前に思い出さないといけないのは、まだカベナギが復帰してから1ヶ月ちょっとしか経っていないということ。UEFA Cupで結果を出しているわけだし、間違いなくリーグ戦でもチャンスはやってくるはず、ですよねブランさん?
それにベリオン、ジュシエ、カベナギ、シャマクの同時起用ってあまり現実的じゃないし。
でもシャマクが好調なのは事実なので、カベナギは相当頑張らないといけないでしょうね。
アフリカネーションズカップの時がチャンスかな?
とにかくカベナギ-ベリオンの2トップ、はやく見てみたいです。




オベルタン復帰

・Nancy戦メンバー

Le groupe : Rame, Valverde - Bregerie, Chalme, Diawara, Jurietti, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Fernando, Micoud - Bellion, Cavenaghi, Chamakh, Jussie, Obertan.

オベルタン復帰です。
通常練習に復帰しているエンリケはリザーブの試合に出場する予定。
ヴェンデルが累積警告で出場停止、前節イエローカードをくらったシャマクは次節レンヌ戦出場停止です。

相手は今季絶好調のナンシーです。
背番号10のディアが怪我のようです。
最近は一時の勢い(特に攻撃陣)が落ち着いてきた感があるものの、リーグ最少失点の守備陣は健在です。
どうにか1点もぎとって1-0か1-1で切り抜けたいところです。

membre353の予想メンバー : Rame - Chalme, Diawara, Planus, Jurietti - Alonso, Fernando, Diarra, Jussie - Bellion, Chamakh
管理人の予想メンバー: Rame - Charme, Diawara, Planus, Marange - Feranando, Diarra, Micoud - Alonso, Bellion, Jussie
管理人希望メンバー: Rame- Charme, Diawara, Planus, Marange - Fernando, Diarra, Jussie, Micoud - Bellion, Cavenaghi


今週末は得意のマイナー旅行(行き先はポワティエ、サン・サヴァン、アングレーム・・基本的に観光地じゃないです)に車で行く予定なので更新が遅れます。
ホテル(というか民宿?)のテレビでサッカー観戦ができることを期待してます。
Canal+(有料放送)が映るかどうか微妙・・・。

まいさんからの宿題

ブレーメンの応援ブログhttp://maihomework.blog66.fc2.com/のまいさんから宿題"まいほーむわーく"を頂きました。

ルール ◇廻してくれた人から貰った【指定】を【 】の中に入れて答える事。
1) 最近思う【 】
2) こんな【 】には感動!!!!
3) 直感的な【 】
4) 好きな【 】
5) こんな【 】は嫌だ!
6) この世に【 】がなかったら…
7) 次に廻す人、6人(【指定】付きで)
8) 指名した人の名前をタイトルにする

僕への【指定】は【FC Girondins de Bordeaux】です!!!
若干課題を変更(無視?)してますが、Girondinsへの熱い思いをぶつけてみたいと思います。



1) はじめての【FC Girondins de Bordeaux】

松井が来るからと観に行った05-06シーズンのル・マン戦。
初めての海外サッカー観戦でスタジアムの雰囲気や発煙筒(!?)などにひどく感動しました。
ボルドーの選手では元ブラジル代表のデニウソンがテクニックを見せつけて拍手喝采を浴びていました。


2)【FC Girondins de Bordeaux】を好きになったきっかけ

たまたまスタジアムから10分のところに住んでいたのも大きいけど、やっぱり言葉が分からなくても興奮を味わえるからでしょうね。 
いまだにテレビつけても映画とかトーク番組とかしっかり聞き取れないですし。
他にはボルドーといえばワインなんだろうけれど、そんなにはハマりませんでした。
確かに美味しいですが、結局のところ”ワインとチーズ”より”ビールと枝豆”派なんですね。

好きなことで語学勉強できればと、ジロンダンに関する新聞記事などを翻訳するようになり、せっかくだからとブログをはじめました。
来客者はそれほど多くないですがGirondinsファンの方々に読んでいただき、コメントを頂いたりしたこともあってますます熱心になりました。


3) こんな【FC Girondins de Bordeaux】には感動!

やっぱり勝ったときでしょう。
特によかった試合は、前半早々に退場者を出して攻められまくりながらも1点を守りきった昨シーズンのランス戦と、やっぱりリーグカップの決勝戦ですね。


4) 好きな【FC Girondins de Bordeaux】

・ ミクー
タッチがよくてパスが出せる選手がもともと好きです。
ミクーがゴールに絡まなくても、らしいパスを何本か通してくれたらそれで満足です。
ミクーのパスっていわゆるキラーパスじゃなくて、選手の走力とスペースとボールのスピードを計算したやさしいパスが多いですね、コロコロと転がるミクーのパスに選手が走り込むみたいな。
あとは後ろからパスを受けた時に、1タッチで軽やかに振り向いてしかもいい体勢になっているっていう地味なプレーが好きだったりします。

・ カベナギ
“若くしてアルゼンチンリーグ得点王”、”バティの再来”
もう期待して当然でしょう!
ボルドーの空港で目撃してますます好きになったっていうのも若干あります・・・(←かなり単純)

・ オベルタン
あのスピードとテクニックは凄いです。
まだ18歳、これも期待せざるを得ません。
ちゃんと成長してからビッグクラブに出てってね!


5) こんな【FC Girondins de Bordeaux】は嫌だ

正直あまりないです。
昨季の守備的でおもしろくないリカルドの戦術もそれはそれで好きでしたし。
バルセロナvsレアル・マドリーかボルドーvsメス(どのチームでも)どっちか1試合だけといわれても間違いなくボルドーの試合見ます。
しいていえば試合後2,3人以外はすぐにロッカールームに下がってしまうところ。
みんなでファンに挨拶して欲しいです。勝ったらダイビングとかもして欲しいし。

ちょっと話はずれるけど、残念だったのはリヨン戦に友人(あまりサッカー好きではない)と一緒に行ったときですね。
一応ボルドーを応援していたようなのですが
「ひょっとして浦和レッズの方が強いんじゃない?」
とか言われてしまいました。
ビッグマッチよりはボルドーが勝てそうな試合に誘ってあげた方が良かったのかもしれません。


6) この世に【FC Girondins de Bordeaux】がなかったら

なんとなくリーグアンみて、なんとなくCLにでてるリヨンとかマルセイユとか応援してるでしょうね。
一生懸命応援するチームができると、ますますサッカーが楽しいってことがよく分かりました。


7) 【FC Girondins de Bordeaux】に望むこと

いつの日かチャンピオンズリーグを制して欲しい!
そんでもってクラブWカップをMicoudのユニフォーム着て観に行って、世界一になる瞬間を日本で味わいたい。
夢のような話だけど将来的に外国人枠がきつくなったりとか自国選手を○○人使わないといけないとか、一部のビッグクラブだけが有力選手を独占できる環境が続かない可能性だってありますよね?
ボルドーだってもしかしてもしかしたら優勝できるかもしれないでしょ?

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。