2007-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6e journee, Metz - Bordeaux

勝ったー!!

Metz 0 - 1 Bordeaux (Diarra)


L'EQUPE紙によると、スタメンの布陣は4-3-3。(HP上では4-4-2でした。)
メッス戦スタメン

オベルタンのスタメン起用、ヴェンデルのSB起用、ブラン監督もなかなかやってきます。
記事によると、前半はメッスが過去最高の出来だったとのことでボルドー側は機能せず、後半からはオベルタンを右サイドに配置し、シャマク、ベリオンの2トップに変更して少しもりかえしたとのことです。
そしてこのゴール。ミクーのCKからディアラのドンピシャのヘッド、気持ちいいですね。
内容はともかくアウェーでの勝利、貴重です。
それはそうと今節は8試合中7試合がアウェー勝利なんですね。

これで3勝1敗2分けで4位。悪くないです。
1試合未消化なのに首位に立っているナンシーにも驚きですが、マルセイユの不調ぶりも気になるところです。CL大丈夫?
ランスはギ・ルーが解任されたんですね、パパン新監督の手腕はいかに?ってところでしょうか。
さて、マウリダ君。4節でゴールを決めてめでたく勝利しましたが、その後はボコボコに負けてるみたい。


こっちは前節ロリアン戦の影像です。
この試合の審判、ひどい・・ひどすぎます。
サイフィの1点目はオフサイドの見逃しだし、ヴェンデルの幻のゴールはどう見てもオフサイドじゃない・・・。

5e Journee - Bordeaux-Lorient

はああ・・・
スポンサーサイト

ただいま!

ただいま!
ボルドーに帰ってきました。

両親を車でフランスの田舎を引きずり回し、
ロカマドゥール


親をパリ行きのTGVに乗せた後はチュニジアに行ってました。
チュニジア1



さて、先々週の金曜日ボルドー空港に両親を迎えに行った時に話はさかのぼります。
荷物だけパリに取り残されるというトラブルに見舞われ、次の便を待っていた時のこと。
突然ヨメが「あのお兄さんカベナギに似てる!」と言い出しました。
確かにそのご家族ご一行様はスペイン語を話してはいましたがカベナギにしては顔の線が細いし、だいたい誰も騒いでない、ということでとりあえず却下。

ちなみにそのお兄さんはサンダルに白の短パン、紫のTシャツというラフな格好。
ちょっと気になるので足元を見てみると、
筋肉で盛上ったふくらはぎ、足の毛は処理してあって左足首にはミサンガ・・・もしかしてサッカー選手?
さらによく見ると(見すぎじゃー)、右前腕と右足にタトゥーがあります。

管理人「右手に十字架の入れ墨って?」
ヨメッコ「うん。写真で見たことある。」
管理人「何?今となりのお兄さんの話してんだけど・・」
ヨメッコ「えっ!!!!それって・・・やっぱりカベナギじゃーん!!!

まだ荷物が出てこないと心配する両親を完全に無視してもう大騒ぎです。
家族とのプライベートな団欒中(カベナギは迎えにきてたのかな?)だったし、もしかしてカベナギじゃないかも、と結局声はかけずじまいでした。
帰って写真を確認するとやっぱりありました・・・右手に十字架のタトゥー。
「(声をかけなかったので)一生後悔するかも。」とかいいながら、カベナギの大ファンになってしまいました。←かなり単純

06/07シーズン ボルドーベスト10ゴール

これからしばらく夏休みに入ります。
親がボルドーに遊びに来たり、小旅行に出かけたりでブログの更新が滞ると思います。
というわけで、管理人の独断と偏見で選ぶ06/07シーズン、ベスト10ゴールを発表します!!!
しばらくこの影像でお楽しみください!

第10位 ジョアン・ミクー
リーグ戦 vs スダン(ホーム)


完全に管理人の思い入れで選んだゴール。ゴールした後に観客席に向かってガッツポーズをするミクーに熱いハートを感じるわけであります。



第9位 マルアン・シャマク
リーグ戦 vsナンシー(ホーム)


シャマクも落ち着いてよく決めたのですが、選出理由はその前のカベナギの絶妙なラストパス。



第8位 ヴェンデル
リーグ戦 vs PSG(アウェー)


ヴェンデルらしいゴール。左利きでFKも蹴れるテクニシャン、体の線も細めでなんとなく中村俊輔と雰囲気が似ているような気がします。



第7位 ジュリアン・フォベール
リーグ戦 vs トゥールーズ(ホーム)


昨季開幕戦でのフォベールの一発。躍動感溢れる動きがいいですね。



第6位 ヴェンデル
リーグ戦 vs スダン(ホーム)


ヴェンデルの見事なFK。意外と球速あります。



第5位 ジャン・クロード・ダルシュビーユ
リーグカップ準々決勝 vs オセール(アウェー)


ミクーのパス、ヴェンデルの1タッチでのパス、そしてダルシュビーユ。完璧ですね。



第4位 ジョアン・ミクー
リーグ戦 vs ニース(アウェー)


昨季のボルドーらしからぬ素晴らしいパス回しから生まれたミクーのファインゴール。



第3位 ステファン・ダルマ
CLグループリーグ vs PSV(アウェー)


"元逸材"だけあってポテンシャルは高いんですよね、この人。フェイントといいシュートといい、テクニック溢れるゴールです。ソショーでレギュラーを獲得して活躍できればいいですね。



第2位 ジョアン・ミクー
リーグ戦 vsソショー(ホーム)


この動画だけは音声付きでご覧ください。スタジアムアナウンサーの"ジョアーン"に続いてみなさんも一緒に叫びましょう、"ミクーーーー!!!"。低音でクーのところをのばすのがポイント。
ミクーらしいタッチのいいFKです。



第1位 エンリケ
リーグカップ決勝 vsリヨン(スタッド・ド・パリ)


リーグカップ史上最多の観客数(7万9千人)を集めて行われたリヨンとの決勝戦。後半終了間際にエンリケが決めた劇的なゴールです。ものすごい大歓声のなか顔をくしゃくしゃにしてリカルド監督と抱き合うシャマク、大喜びのイレブン、最高です。

狂気の夜


bordeaux/le mans/rennes/st etienne/strasbourg


"Une soiree de folie" (狂気の夜)、今日のL'EQUIPE紙の一面の見出しです。
ルマンがボルドーを破り、ロリアンがPSGを破り、ヴァランシエンヌがマルセイユを下しました。

Bordeaux採点
Rame (non note): 23分で退場。
Charme (5): ランス戦のレベルまでは達していなかった。
Planus (4.5): 2失点目はやや対応が遅れた。
Diawara (3.5): サプライズのスタメン。意志統一ができておらず、ラメの退場とDe Meloの失点を招いた。
Tremoulinas (5): 最初は迷っていたが、正しい試合運びを見いだした。
Fernando (5.5): 豊富な運動量で前に向かってプレーしたが連係に欠けた。
Diarra (6): いたるところにその巨体が現われた。
Alonso (5.5): あまり効果的ではなかったが、サイドでよく闘った。
Micoud (5): 素晴らしい攻撃で得点を演出したが、それだけだった。
Chamakh (6): ベリオンのゴールを導いたコントロール、ボールの呼び込みはファンタスティックだった。1トップになっても挑戦を続けた。
Bellion (non note): 30分以下の出場で1ゴール、悪くない。

Le Mans採点
Pele (4.5) - Calve (6), Basa (5), Cerdan (6), Camara (5.5) - Matsui (6.5), Sessegnon (6), Romaric (8), Douillard (5.5) - Samassa (6), De Melo (6)

MVPは中盤の低い位置でのプレーながら決定的な仕事をしたRomaric。
ディアワラの3.5点は仕方ないけど、プラニュスの4.5は???。2失点目は彼の責任ではないと思うし、個人的には5.5くらいあげてもいい働きぶりだった気がする。
ディアラは試合ごとに調子を上げていて、すでにボルドーにとって代えのきかない選手になっていると思う。
シャマクはなんでこんなに評価されるのか不思議。
松井の6.5もすこし意外。個人的にはもう少し仕掛けてこられたらボルドーにとってやっかいだったと思う。でも高評価でよかったね。


・・・なんか気がついたら生意気なコメントをしてしまってるけど、管理人は素人なのでプロの評価の方を信用してくださいね。

3e journee, Bordeaux-Le Mans

Bordeaux 1 - 2 Le Mans
But:Bellion 14e     De Melo 49e, Grafite 72e
Remplacement:
Bordeaux: 22e Bellion→Valverde, 46e Micoud→Wendel, 74e Alonso→Obertan
Le Mans: 56e Samassa→Grafite, 61e Matsui→Gervinho, 87e De Melo→Louvion
ルマン戦スタメン

雨のちらつく中、今日も行って参りました。
結果は前半早々のラメの退場が響いて逆転負け。さすがに彼抜きでは守り抜けませんでした。
負け惜しみをひとつ言うなら、ルマンの2点目。ちょうどライン上に座ってたけど、すごくオフサイドっぽかった。実際はどうだったのかな?

4人のスタメンを入れ替えて望んだ今日の試合ですが、気になったのはディアワラ。
ラメがレッドをもらう直前、一対一を作ってしまったシーンでのポジション取りはいまいちだったし、ルマンの一点目、トゥーリオ・ドゥ・メロにあっさりロングパスが通してしまった場面ももっとやりようがあったような気がします。力を発揮できるようになるまでもう少し時間がいるかもしれないですね。
トレムリナスは良さがあまり出せなかったね、まだまだこれから。
ミクーは前半14分、シャマクに素晴らしいパスを通してくれました。シャマクが頑張ってキープし、パスを受けたベリオンが落ち着いて狙ってゴール、これはなかなかいいゴールでした。
でもやっぱりミクーは左サイドよりトップ下で使って欲しいですね。ミクーが中でプレーしたがるので空いたスペースを何度か使われてしまいました。
10人になってしまったので後半開始早々の交代にも納得、次に期待です。

今日は口惜しい結果になってしまったけど、長いシーズンこういう試合もあるでしょう。
10人になってからもチャンスを何度も作ったし、試合運びそのものは次に繋がる内容だったと思います。少なくともショックを引きずる負けではないはず。
とりあえずラメが帰ってくるまで踏ん張り時ですね。




ルマン戦観客
今日もたくさん観客が入りました。電光掲示板はラグビーのW杯に備えて新設されたものです。まだリプレイとかは出ません。


3e matsui
トレムリナスにカットされた松井。見せ所はほとんどありませんでした。


ルマン戦 ミクー
髪をきってすっきりのミクー。次節もスーパーパス期待してます。


ルマン戦ヴェンデル
後半からミクーに代わって出場したヴェンデル。今日はFK決まりませんでした。

ルマン戦メンバー

・ルマン戦のベンチ入りメンバー
ディアラが内転筋痛、ラメが腰痛のようですが、スタメンはどうなるでしょうか?
あとカベナギがblesse(故障)の欄から外れてます、復帰も間近のようですね。
Le groupe :
Rame, Valverde - Bregerie, Chalme, Diawara, Jemmali, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Fernando, Micoud, Wendel - Bellion, Chamakh, Jussie, Obertan.
FRANCE footballのスタメン予想 (よく外れます)
Rame (cap) - Chalme, Jemmali, Planus, Marange - Obertan, Fernando, Micoud, Wendel - Bellion (ou Jussie), Chamakh

・セヴェは逸材?
U-17W杯のフランス代表に選ばれているセヴェが先週ベルギーで行われた親善試合で活躍したらしく、すでにユベントスやアヤックスが獲得に動いているとのこと。

・ああマウリダ
ストラスブール戦のベンチ入りメンバーから外されてしまいました。
もしかしてこのまま干されちゃう?

・頑張れトゥールーズ
明日はCL予備3回戦、トゥールーズ vs リバプール。
ベニテス監督は週末のチェルシー戦に備え、メンバー入れ替えを示唆しています。
一方のトゥールーズはもちろんベストメンバー。
期待してるぞ、番狂わせ!

マウリダ "申し訳ない"

L'EQUIPE紙の一面は9月にフランスで行われるW杯に向けた親善試合、フランス対イングランドの話題ばかり。とはいってもこれはラグビーの話。

気になるオセール vs ボルドーの採点結果は
Bordeaux
Rame (6.5) - Charme (5), Jemmali (5.5), Planus (6.5), Marange (5) - Diarra (5.5), Fernand (6), Alonso (5.5), Wendel (7) - Jussie (7), Bellion (5.5)
Auxerre
Sorin (4) - Martin (4), Marcos Antonio (6), Mignot (5.5), Joures (5.5) - Pedretti (4), Thomas (5), Jelen (4.5), Kahlenberg (4.5), Lejeune (6.5) - Maulida (3.5)
L'HOMME CLE (MVPみたいなもの)に指名されたのは2得点のヴェンデル。
シャルメはそんなに悪くなかったけどあのファールで減点でしょうね。
ラメの6.5は当然でしょう。
他試合ですが松井は6.5の高評価でした。




2度PKを外して大ブーイングの中ピッチを去ったマウリダにさんざんスポットライトがあたってしまってます。
オセールのフェルナンデス監督は2度目のPKのキッカーにカレンベルグを指名したのに、マウリダが強引にボールをセットして蹴ったみたいです。
以下マウリダのコメント(一部略)
"チームメイト、サポーター、コーチにとても申し訳なく思っている。自らの責任を感じている。最初のPKもそうだけど、2度目のPKもだ。汚名を返上したかったし、そのためにも決めたかった。これはアタッカーのエゴイズムなんだ。ごめんなさい。汚名を晴らすためなら何でもするよ。"

これからしばらくこのブログではマウリダも応援します。

2e journee, Auxerre - Bordeaux

アウェーなのでバーで観戦してきました!

家を出る前に一応ネットでスタメンをチェック。
なんとミクースタメン落ち・・・orz
開幕戦いい内容で勝ったのでメンバーを代えないのはセオリーかもしれなけど、やっぱりミクーがいないと寂しいです。

内容のほうはというと
ボルドーがポゼッションで圧倒、オセールにサッカーをさせてませんでした。
アウェーなので開幕戦ほど積極的ではなかったけれど、落ち着いたボール回しで中盤を完全に支配していました。
得点シーンは前半ロスタイム、ヴェンデルがFKで壁の間を見事に狙ってゴール!
ブラン監督はまたアメなめて腕を後ろに組んだまま、あいかわらずクールでした。
後半7分もセットプレーから。
アロンソのフリーキックのこぼれ球をまたもやヴェンデルが角度のないところから決めました!

でも今試合で一番目立ってしまったのは2得点のヴェンデルでなく、マルセイユから来たばかりのオセールのFWマウリダ。
PKを2本も外しちゃいました。
1本目は前半5分、シャルメのファールで得たPKですが枠もとらえず。
2本目は後半13分、ラメがマウリダを倒して得たPK(判定はかなり微妙)、今度はバー直撃。
マウリダはこの直後交代。
その後も何度もテレビに写されたうえに、試合終了直後にはベンチで目頭を押さえてがっかりしているのに無理矢理リポーターにインタビューされてました。
さすがにこれはかわいそうです。

さて、バーで前に座っていた若者4人組はなぜか場違いなマルセイユサポ。
前半ロスタイムでバーのおっちゃんにマルセイユの試合にチャンネルをかえてくれと言い出しましたが、このバーのおっちゃんがなかなかのもので
「マルセイユの試合夕方終わったんじゃないの?」とかとぼけてました。
マウリダが2本目のPKを外した直後、ボルドーサポーターが(多分わざと)マルセイユをけなす歌を歌い出すと前の若者4人と険悪な雰囲気に・・・。
(以下の会話、想像を含む)
ボルドーサポ:「なにか問題ある?」
若者:「ああ、問題あるよ。マルセイユサポなんだ。」
ボルドーサポ:「ここで応援せずにマルセイユ行って応援しろよ」
若者:「遠いんだよ。」
ボルドー:「わかってんのか。ここはボルドーなんだぞ!」
大喧嘩になりそうでビビリましたが、結局若者4人はすごすごと出て行きことなきを得ました。

Auxerre 0 - 2 Bordeaux
But: Wendel (46e)、Wendel(52e)
アウェーでも堂々の戦いっぷり、これからが楽しみです。

第1節ハイライト

第1節ハイライトを入手したので貼っときます。




見所1: ブラン監督のアメ。最初の画像ではまだ残ってる感じ。試合終了時まで棒なめてます。
見所2: ゴールシーン。最終ラインからパスをつないでいるのがわかります。
見所3: ヴェンデルの"オララー"な無回転シュート。すごく変化してますね。
見所4: ちょこっとだけ映るギ・ルー監督の苦々しい表情。

ブラン監督のインタビューは
レポーター「ローラン・ ブラン監督をお連れしました。2度目のプロ生活は良いスタートを切りましたね。」
ブラン「一ヶ月半、この試合、今シーズンに向けて準備してきた。短い期間の準備で選手達にとっては難しかったと思う。まだ37試合残っているし、シーズンはまだ長い。・・・(聞き取り不能)・・・緒戦で勝ててとてもう嬉しい。」

聞き取りこれが限界です。分かる人どうか教えてくださいませ。

ディアワラ獲得!

diawara


セネガル代表の28歳ディアワラがイングランドのチャールトンから来てくれました。
4年契約、背番号は本人が希望して14番、セヴェが25番になりました。
これで今夏の補強は終了、彼もまたシャルメやベリオンのように活躍してくれることを期待しましょう!

Poste(ポジション) : Defenseur central
Date et lieu de naissance(生年月日、場所) : 24 decembre 1978, Gabou (SEN)
Nationalite(国籍) : Franco-Senegalaise
Taille et poids(身長体重) : 1,87m et 88kg
Clubs precedents(過去在籍クラブ) : Le Havre, Sochaux, Charlton
Premier match en Ligue 1(リーグアン初出場) : Auxerre - Le Havre : 2 - 1 le 28/08/1999
Nombre de matches en Ligue 1(リーグアン出場試合数) : 150 matches & 5 buts(ゴール) en Ligue 1
Nombre de match en Coupe d'Europe (ヨーロッパカップ出場試合数): 14 matches de Coupe UEFA, 1 but
Palmares (戦績): Vainqueur de la Coupe de la Ligue en 2004
International A (A代表)- Senegal.

第1節ベリオンのゴール

いつもお世話になっているブログ、FRANCE FOOTBALL JOURNAL(http://le22sep.blog95.fc2.com/ ; このブログで第1節のハイライト全部見れます)の真似をして動画を貼り付けるワザを身につけてしまいました。管理人のtppさんありがとうございます。
ボルドー vs ランスのハイライトがあったのですがなぜか削除されてしまっているのでベリオンのゴールシーンのみをご紹介します。

それにしてもすばらしいゴールです。
まずアロンソとシャルメでの右サイド突破。
ジツは最終ラインから10本くらいパスをつなげてゴールに結びつけているんですねー。
そんでもってベリオンのボールをもらう動き、お前はすごい!

見逃してはいけないのは最後にちょろっと写るブラン監督。
初ゴールなのに初采配とは思えない冷静さ、まるで人ごとのようなリアクションです。
しかもチュッパチャップスの棒(?)いつまでもナメすぎです。

Bordeaux-Lens


これからも試合のハイライトとか動画で紹介できると思います。
06/07シーズン、Girondinのゴールベスト5なども考えているのでお楽しみに!


高評価!

また嬉しげにL'EQUIPE紙を買ってきました。
Girondinsの採点はなんとスタメン全員6点以上!
こんな高評価はそうそう見れるもんではありません。

       Bellion 6
      Jussie 6.5
 Wendel 6.5   Fernand 7  Alonso 7
       Diarra 6
Marange 6 Planus 6 Jemmali 6 Charme 7
       Rame 7

注目はこの陣形。
ボルドーのホームページでは4-4-2となっていましたが、この記事ではディアラの1ボランチの前にMFが3人並ぶ形になっています。
確かにフェルナンドはかなり攻撃的でしたし、ジュシエは下がり目でプレーしていました。
試合解説の欄にはそれぞれの試合に赤字で"キープレーヤー"が指名されています。(昨季まで多分なかった)
そのキーマンに選ばれたのはアロンソ。
"右サイドでの敏捷なプレーでランスを困惑させ、74分の交代までチームを牽引した。"などと書かれておりました。

一応ランスの採点ものせときます。新戦力の4人が揃って4点でした。
         Kalou 4
 Monterrubio 5   Carriere 5   Akale 4
      Sable 4    Kovacevic 5
Aubey 4  Hilton 4.5  Coulibaly 6  Demont 6
         Runje 5.5

各チームのシステムを見てふと気づいたのですが、今季昇格したCaen以外の19チームすべてが4バックです。
これって偏っていませんか? というよりJリーグが3バック多すぎ?

1re journee, Bordeaux - Lens

待ちに待った開幕、相手は開幕戦で当たりたくない強敵ランスです。
だって相手に有利なデータばかりなんです。
・新監督は経験豊富な名将ギ・ルー、こっちは監督としてはまだ未知数のローラン・ブラン。
・インタートトですでに2試合消化している。
・カルー、アカレなど効果的な補強。
そんなことを考えながら、いつものようにスタッド・シャバン・デルマスに向いました。

試合開始30分前に到着。
いきなりゴール裏のサポーター達は"マヴバコール"をはじめました。
横断幕には"ありがとうリオ(マヴバ)、君の事は忘れない"とあります。
8/4 ゴール裏1


スタメン発表、予想通りです。一方のランスはカルーの1トップで来ました。
ランス戦スタメン


いよいよキックオフ。もりあがるサポーター達。
ランス戦ゴール裏2



試合はのっけからボルドーペース。驚くことに試合運びが昨季とは全く変わっていました。
ディフェンスラインを高く保ったコンパクトなパスサッカーを展開してくれました。
ディアラのパスカットからの速攻あり、ベリオンの飛び出しあり、シャルメの効果的なサイド攻撃あり。アロンソ、ヴェンデルもきれています。


前半何分だっけな? ヴェンデルの素晴らしいミドル、残念ながらGKに弾かれました。
8/4ヴェンデル


得点シーンは前半30分。
フェルナンドとシャルメのパス交換からシャルメが右サイドを駆け上がり、折り返したところをベリオンが決め、1-0!
新戦力コンビで見事な得点! これが決勝点になりました。
後半ちょっと消極的になったのが残念でしたが、多くを望みすぎでしょうか?

守備陣は全く不安なしでした。
というよりランスのパスミスが目立ったのと、まだ新戦力がフィットしてない感じ。
結果論だけど開幕戦の対戦で良かったのかもしれません。

一番客が入りにくいゴール斜め裏もこんなにいっぱい。
8/4 ゴール裏3


意外とラフな格好のブラン監督。
後半開始前に"98年優勝メンバー、ローラン・ブラン"と紹介を受け拍手喝采を浴びました。
8/4ブラン


質の高いプレーを見せてくれたシャルメ。
ポジショニング、守備、クロスどれをとっても安定しててシーズン通じて活躍してくれそうです。
8/4 シャルメ


勝利を喜びサポーター席に向かうマランジュ、プラニュス、シャルメ。
8/4 試合後


Bordeaux 1 - 0 Lens
But: 30' Bellion

正直ここまでいいサッカーをしてくれるとは思っていませんでした。
怪我人さえでなければかなりいけそうです。
あとは昨季全然ダメだったアウェーをどう戦うかですね。
これにミクーがどのように加わってくれるのか楽しみでなりません。

いよいよ開幕!

土曜日20:00にせまった開幕戦のベンチ入りメンバーが発表されました。

Bordeaux: Rame, Valverde - Bregerie, Chalme, Jemmali, Marange, Planus, Tremoulinas - Alonso, Diarra, Ducasse, Fernando, Francia, Wendel - Bellion, Chamakh, Jussie, Obertan et Saivet.

Lens: Le Crom, Runje -Aubey, Bisevac, Ad. Coulibaly, Demont, Hilton, Laurenti e Carriere, Si.Keita, Kovacevic, Lacourt, Monterrubio, Sable - Akale, Boukari, D.Cousin, Kalou.


開幕スタメンは怪我人の状況やミクーの出場停止を考えるとこんな感じになると思います。
オベルタンの出場機会もありそうですね。
lens戦予想スタメン


ちなみに4-4-2なら管理人の希望メンバーはこれ。
左サイドバックのトレムリナスは練習試合ですごく良かったので、実戦で見てみたい選手。
右サイドは期待をこめてオベルタン。
カベナギの相方はベリオンも良さそうですが、ミクーが左サイドに入るのならジュシエのほうがよいかと。
4-4-2ベスト


もっと言うとベストはこんな形。rockyさんが以前からご推薦の3ボランチです。
ミクー在籍時のブレーメンがこのシステムだったと知り、ますます見てみたい布陣です。
L'EQUIPEの予想メンバーもフラット4-4-2からいつのまにかこんな形 (中盤ダイヤモンド型ですが、メンバー的には3ボランチに近いと思います)になっていますし、ブラン監督がこのような"ミクーシステム"を採用することは十分期待できます。
http://www.lequipe.fr/Football/L1_Bordeaux_2008.html
このシステムで重要なのは両サイドバックの積極的な攻撃参加。それをカバーするのが3ボランチの両翼フェルナンドとヴェンデル、そんでもって彼らも前線に飛び出してもらいます。
これでミクーはウハウハ、やり放題間違いなし!となってくれるはずです。

けんたろうベスト


みなさんの希望メンバーはいかがですか?

背番号決定

公式ホームページ上で新しい背番号が発表されました。
ミクーは7番、カベナギは9番です。

新しく獲得する選手は空いている25番かな。
チャールトンのDIAWARAというセネガル代表選手(例によって知らない)のボルドー入りが近づいているそうですが、本当に来てくれるんでしょうか?


1. Kevin OLIMPA
2. Paul BAYSSE
3. HENRIQUE
4. Alou DIARRA
5. FERNANDO
6. Franck JURIETTI
7. Johan MICOUD
8. Alejandro ALONSO
9. Fernando CAVENAGHI
10. Juan Pablo FRANCIA
11. David BELLION
12. Edixon PEREA
13. David JEMMALI
14. Henri SAIVET
15. JUSSIE
16. Ulrich RAME
17. WENDEL
18. Romain BREGERIE
19. Pierre DUCASSE
20. Cristian PERUCHINI
21. Matthieu CHALME
22. Ted LAVIE
23. Florian MARANGE
24. Kevin TUNANI
26. Gabriel OBERTAN
27. Marc PLANUS
28. Benoit TREMOULINAS
29. Marouane CHAMAKH
30. Mathieu VALVERDE

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。