2007-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習見学に行ってきました!

ボルドー郊外にあるChateau Haillan(シャトー・アイヤン)に行ってきました。
ボルドーでシャトーといえばワイン醸造所を想像しますが、ここはGirondinsの本拠地、練習場です。
10ヘクタールの土地に大小12のピッチがあります。
http://www.girondins.com/stade/P2.html


残念なことに、そこにフォベールの姿はありませんでした。練習をボイコットしているようです・・・
移籍濃厚のスミチェルの姿もありません。
コパ・アメリカ出場のフェルナンド(ブラジル代表)、ペレア(コロンビア代表)、アフリカネーションズカップ予選出場のシャマク(モロッコ代表)、ジェマリ(チュニジア代表)も不在です。
放出はどんどん決まっているのに、補強は全く進んでいません。練習もはじまり、来週からは合宿だというのに大丈夫でしょうか?

光学10倍レンズのデジカメに買い替えたおかげでいい写真がとれました。
ヴェンデルは合流したばかりで別メニュー。
ジュシエとフランシアは明日の練習からの合流です。

(以下、クリックで写真拡大します)
ブラン新監督
声を張り上げているのはハゲのおっさん(副監督?)ばかりでブランさんはこんな感じで練習を見守っておりました。
ブラン6/29


ラメ
今季もスーパーセーブよろしく
ラメ6/29


ミクー
ボルドーでもうひと花咲かせてください、ミクー様。
ミニゲームでのテクニックは際だっていました。
ミクー6/29


プラニュス
昨季ホーム最終戦で最下位のナントに敗れたのにもかかわらず、ゴール裏から起きたのはプラニュスコール。
ボルドーに残留してくれてありがとう!
プラニュス6/29


マヴバ君
ブラン監督の就任により一転残留という噂のマヴバ君。元気ハツラツです。
後ろにいるのはマランジュ。
マヴバ6/29


ジュリエッティ
”熱い男"ジュリエッティ、結構不器用?
ジュリエッティ6/29


カベナギ
だいぶ髪が伸びてきたカベナギ。
スタメン固定&得点王だ!
カベナギ6/29


アロンソ
昨季著しい成長をとげた韋駄天。
アロンソ6/29


オベルタン
管理人が個人的に超期待しているオベルタン。飛躍のシーズンになるでしょうか?
オベルタンのとなりにいるのは誰かな?
オベルタン6/29


デュキャス
今季はもう少し出場機会が増えるかな?もっとチャンスを与えて欲しい選手。
デュキャス6/29

スポンサーサイト

移籍ニュース(6/27)

いままで紹介した話とかなりかぶってはいますが、6/27付けで更新された動向について紹介します。

ステファン・ダルマ
ソショーと来シーズン(オプション付き)の契約を結ぶのが決定的。
→この記事の直後にソショーと2年契約を結んだとの記事がでました。

ジュリアン・フォベール
ASローマ、グラスゴー・レンジャーズへの移籍の話が出ている。ボルドーのJean-Louis Triaud会長は、1500万ユーロという法外な移籍金を要求している。フォベールを手放したくないとのことだが、2クラブ間で競わせて少しでも多くのお金を手にしようという意図があるようだ。
ローマやレンジャーズ以外にもトットナム、ニューカッスルが興味を示している。

リオ・マヴバ
リカルド監督とうまくいっていなかったこともあり、シーズン終了時に移籍希望を表明した。しかし、ローラン・ブランが監督になったことで、ボルドーに残留することになるだろう。
ただ、もしリヨンのアルー・ディアラがボルドーに来ることになれば、リヨンの会長はマヴバ獲得に再び動くと思われる。

フェルナンド、ヴェンデル
モナコに行ったリカルド監督は、バルセロナへの放出が決まったヤヤ・トゥーレの後釜としてこの2人を獲得したがっており、移籍金を払うだけの余裕もある。しかし、ボルドーの会長がキープレイヤー2人を出すのを渋っている。



獲得の話はまだ絞り切れていないようなので今回は省略します。
代わりにブラン監督とトリオー会長のコメントを紹介します。

ローラン・ブラン
" 量的には5人(シド、エナカルヒレ、ダルシュビーユ、スミチェル、ダルマの後釜)足らない。しかし、必ずしも5人獲得したいとは思っていない。実力のある3人の選手(DF2人、FW1人)が必要だ。最優先はCBを見つけることだ。"

ジャン・ルイ・トリオー: 獲得が予想される選手に関する質問に対し、
"有名選手をアナウンスしてその選手が来なかったら、サポーターは失望するだろう。無名選手をアナウンスしたら、他のクラブにその選手について興味を持たれてしまうだろう。"

ブログ紹介~~~FRANCE FOOTBALL JOURNAL

今日は僕がほぼ毎日のようにチェックしているブログ(リンクも張っています)
FRANCE FOOTBALL JOURNAL
http://le22sep.blog95.fc2.com/
を紹介したいと思います。

ブログの内容の多くはL'EQUIPE FRに掲載された大量の情報を和訳されておられるものです。
リーグアンはとにかく日本語情報が少ないので、ファンの方には超おすすめです。

シーズンオフの現在は移籍情報がほとんどのようです。
ボルドーの情報だけしか読まない僕(というより時間がかかるのでそれで精一杯)と違い、リーグアン全体をカバーしておられ、とにかく頭が下がります。
さらにシーズン中にはどこから探してこられるのか、リーグ戦全試合のダイジェスト動画がアップされるので本当に嬉しい限りです。

今週のばかげた噂TOP3

ネット記事で紹介されたボルドーの"今週のばかげた噂TOP3"

TOP 1: リリアン・チュラム
今季FCバルセロナで控えにあまんじることが多く、出場機会を求めているのは事実。ただこのフランス代表DFが昔の同僚(ローラン・ブラン)と一緒に仕事をする可能性は・・・。

TOP 2: ヴァンサン・カンデラ
こちらも98年ワールドカップ優勝メンバー。ASローマで充実の7シーズンを過ごし、現在はメッシーナ所属。ボルドーではCBとしての獲得を検討しているようだが単なる噂で終わってしまうかどうか。

TOP 3: ヴィカシュ・ドラソー
インテリ、変わり者で知られるドラソー。周囲の反発をおしきって自らが撮影したプライベート影像(06年ワールドカップでのフランス代表チームの影像など)を映画化し話題になった。昨年10月にパリ・サンジェルマンを解雇され浪人中だが、噂のあったソショーフられ、現在どこからも獲得の話がない状態。
さあヴィカシュ、ボルドーに復帰する? それともカンヌ?(もちろん映画祭のほう)

どうなる? フォベール

ASローマへの移籍が合意と伝えられたジュリアン・フォベール。ジロンダンは移籍金1000万ユーロ、ASローマはその半分の500万ユーロを主張しているという話まではこのブログでお伝えしていましたが、ここにきてまだ動きがあるようです。

どうやらASローマがフォベールからリヨンの右SBフランソワ・クレールに狙いを変更したというのです。リヨンがASローマのマンシーニを欲しがっているが値段が高すぎて払えない、それでクレールをローマに出してまでマンシーニを手に入れたいようです。
またボルドーのJean-Louis Triaud会長もフォベールの残留を強く願うコメントを出しました。


フォベールがいるかどうかでボルドーのチーム力は全然変わってくるだけのその去就が気になります。

プレシーズンマッチ日程

シーズン前の練習試合の日程5試合が発表されました。
マルセイユ戦、リブルヌ(L2)戦、ニース戦の試合会場はボルドーから車でいける距離にあります。
7月21日のニース戦あたりはヴァカンスシーズンに突入しているし、観光がてら観に行けたらいいなと思っています。ブラン監督の戦術、システムも早くみたいですし。

7 juillet a Dax : contre Marseille a 19h
11 juillet a Libourne : contre Libourne a 19h
21 juillet a Royan : contre Nice a 19h
25 juillet a Lorient : contre Lorient a 19h
28 juillet a Rennes : contre Rennes a 19h

移籍ニュース(6/17)

今回紹介するのは現時点での放出の話です。

すでに決まっている3人(ダルシュビーユ、シド、エナカルヒレ)以外にボルドーを去るのがほぼ確実視されているのが次の5人。

ヴラジミル・スミチェル: デビューしたスラビア・プラハへの復帰へ。
ステファン・ダルマ: ヴァランシエンヌへ。
ジュリアン・フォベール: 本人とASローマ間ではほぼ合意に至っているが、双方が主張する移籍金に開きがある模様(ボルドー: 1000万ユーロ、ASローマ: 500万ユーロ)。ASローマの若手フランス人MF、リカルド・ファティをボルドーが獲得できるならこの話もすんなり決まりそう。
ベト: レクレアティボ・ウェルバにレンタル中だが、完全移籍濃厚。
エディクソン・ペレア: レヴァンテに売却されるだろう。代役はかねてから噂のあるサヴィオ。


一方シーズン中から出る、出ると言って聞かなかったマヴバ君ですが、監督交代で考えが変わった様子。ボルドーに残留してくれそうな感じです。
トゥールーズやプレミアリーグへの移籍話のあるマルアン・シャマクはボルドーとの契約を1年延長するのでは、とのこと。
リカルド監督とともにモナコへ、という話のあったフェルナンドも来週契約を1年延長する模様。ただコパ・アメリカでブラジル代表で出場することで他クラブから新たなオファーがくるかもしれない。
移籍金の問題でフェルナンドをあきらめたリカルド監督が目をつけているのは、やはりブラジル人のヴェンデル。2010年まで契約を結んでいるヴェンデルですが、こちらは現実味がありそうです。
あとカベナギがフィオレンティーナへ、なんて話もありますがさすがに単なる噂で終わってしまうでしょう。


来季日程発表

来季カレンダーが発表されました。
8/4の開幕戦の相手はランスです。
どのような戦いをしてくれるか楽しみですね。


C’est desormais officiel, depuis cette apres-midi nous connaissons le calendrier pour la saison prochaine !

Le voici !

PHASE ALLER - de la 1ere a la 19eme journee

J01 le 04.08.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Lens
J02 le 11.08.2007 : Auxerre - FC Girondins de Bordeaux
J03 le 15.08.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Le Mans
J04 le 18.08.2007 : Saint-?tienne - FC Girondins de Bordeaux
J05 le 25.08.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Lorient
J06 le 29.08.2007 : Metz - FC Girondins de Bordeaux
J07 le 01.09.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Monaco
J08 le 15.09.2007 : Lille - FC Girondins de Bordeaux
J09 le 22.09.2007 : Paris Saint-Germain - FC Girondins de Bordeaux
J10 le 06.10.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Lyon
J11 le 20.10.2007 : Strasbourg - FC Girondins de Bordeaux
J12 le 27.10.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Valenciennes
J13 le 03.11.2007 : Nancy - FC Girondins de Bordeaux
J14 le 10.11.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Rennes
J15 le 24.11.2007 : Caen - FC Girondins de Bordeaux
J16 le 01.12.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Toulouse
J17 le 08.12.2007 : Nice - FC Girondins de Bordeaux
J18 le 15.12.2007 : FC Girondins de Bordeaux - Marseille
J19 le 22.12.2007 : Sochaux - FC Girondins de Bordeaux

PHASE RETOUR- de la 20eme a la 38eme journee

J20 le 12.01.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Auxerre
J21 le 19.01.2008 : Le Mans - FC Girondins de Bordeaux
J22 le 23.01.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Saint-Etienne
J23 le 26.01.2008 : Lorient - FC Girondins de Bordeaux
J24 le 09.02.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Metz
J25 le 16.02.2007 : Monaco - FC Girondins de Bordeaux
J26 le 23.02.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Lille
J27 le 01.03.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Paris Saint-Germain
J28 le 08.03.2008 : Lyon - FC Girondins de Bordeaux
J29 le 15.03.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Strasbourg
J30 le 22.03.2008 : Valenciennes - FC Girondins de Bordeaux
J31 le 30.03.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Nancy
J32 le 05.04.2008 : Rennes - FC Girondins de Bordeaux
J33 le 12.04.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Caen
J34 le 19.04.2008 : Toulouse - FC Girondins de Bordeaux
J35 le 26.04.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Nice
J36 le 03.05.2008 : Marseille - FC Girondins de Bordeaux
J37 le 10.05.2008 : FC Girondins de Bordeaux - Sochaux
J38 le 17.05.2008 : Lens - FC Girondins de Bordeaux

プラニュス!!!

ボルドーの守備の要、サポーターからも絶大な信頼を受けているマーク・プラニュスが2011年まで契約を延長しました!
L'EQUIPEに掲載された彼の素晴らしいコメントを読んでください。(例によって一部略)
もともと好きな選手だったけど、もっと好きになりました。


ここで冒険を続けられ、大変光栄に思う。ローラン・ブランの監督就任は自分にとってとても大きかった。彼はジロンダンに対して興味深いプランを持っているし、私はそのプランに参加する。ワールドカップチャンピオンのCBを監督に持つなんて素晴らしいことだ。クラブも自分のことを考えてくれた。トゥールーズの負けたその夜、僕の気持ちはすでに99%ボルドーから離れていた。この2ヶ月間、いろいろな人から来てくれと言われていた。ボルドーとの契約も1年しか残っていなかったし、他のチームで挑戦をするいい機会だった。その時は環境を変えないといけないと思っていた。でもローラン・ブランが来てすべてがひっくりかえったんだ。自分の今後を決めるのに重要なファクターだった。彼がボルドーと契約したときに、僕はクラブハウスまで彼に会いに行って1時間話し合った。彼はプランの中に僕を入れてくれていたし、とても興味深かった。ローラン・ブランにコーチをしてもらうことで私はボルドーに残ることができた、それは素晴らしいことだ。このクラブで17年目のシーズンを迎える、それは美しいことなんだ(注: プラニュスはボルドー生まれ、ボルドーユース出身)。ボルドーでの美しいストーリーはまだ続くし、これからも長い間継続することを望んでいる。これは自分にとって大事な期間だ。クラブが挑戦し続けるのかどうか知るべきだった。

私は常にMichel PavonやJean-Louis Triaud、Alain Deveseleerなどの幹部と良好な関係を保ってきた。でもシーズン最後の試合が終わった時は、他のことを考えていた。帰りのバスの中でボルドーを去ろうと思っていたが、結局この結論に至った。フットボールの世界では色々なことがあっという間に起こってしまう。今、私は本当にうれしく思っている。私はいつもこのクラブを愛していると言ってきたし、良い状態でできるだけ長くここにいたいと言ってきた。3年契約できてとても良かった。

ボルドーは私が成長していくのに理想的なクラブだ。私はこの契約延長でここでもっと進歩することができるはずだ。今後4年間の契約を全うできることを願っているし、本当にここにいたいと思っている。人生の中で最も大事な事は幸せでいること、そしてジロンダンとともにいることだ、私はそれを知っている。

Abonnement

Abonnement(アボヌマン)とは年間シートのことです。
その値段が発表されました。
一番安いゴール裏は125ユーロ(2万円)、一番高いホームスタンド真ん中は890ユーロ(14万円)です。
僕がよく行くバックスタンドのコーナー寄り(Face lateral)は365ユーロ(6万円)でした。
Abonnementは基本的にリーグ戦が対象です。ただCLではチケットを半額でしかも優先的に買うことができました(間違えてabonnementの日にチケットを買いにいってしまったので覚えています)

昨季はリーグ全試合(19試合)+CL3試合、計22試合を観に行ったのですが、年間シートの情報を得られなくて買えませんでした。今後は昨期ほどいけないので引き続き普通にチケットを買おうと思っています。

年間シート買っちゃうと友達と一緒に観戦しにくくなっちゃうしね。

ブランの望む選手とは?

新監督ローラン・ブランは幹部に選手獲得の希望を明言した模様。
サイドの選手でなく、CB2人とスピードのあるFWに予算の1200万ユーロ(約20億円)を費やしたいとのこと。
これで噂のあったニースのヴァロールやナントのシニョリーノ獲得の可能性は低くなりました。

スピードのあるFWってどんな選手を連れてくるつもりなのでしょうか?
マルセイユのパジスはスピードがあるって感じじゃないし、今年ブレークしたロリアンのジニャックはどうやら来ないようだし、予想がつきません。

移籍ニュース (6/11)

シーズンも終わったことですし、そろそろ移籍関連の記事を紹介していきたいと思います。
移籍の話ではないけれど、まずはダビド・ジェマリが1年間の契約延長。
97年からボルドーに在籍するチュニジア代表です。
派手さはないもののSB、CBをこなす貴重なベテランが残ってくれました。

新監督決定後にもでている獲得の噂は以下の通り。
欲しいDFの話がまだ出てこないのが気になります。

ミカエル・パジス(マルセイユ/FW)
ジブリル・シセの動向にもよるが、すでにボルドーとマルセイユ間の交渉に入っているとのこと。

サヴィオ(レアル・ソシエダ/MF)
かつてレアル・マドリッドで活躍し、2002-3シーズンにはボルドーにも在籍した元ブラジル代表。リーガでの契約を終え、移籍金は発生しないものの、その年俸次第とのこと。

エティエン・ディド(レンヌ/MF)
もともとリカルドがフォローしていた選手だが、引き続きボルドー幹部が興味を示しているとのこと。本気度は不明。

マヴバ(ユベントス、フィオレンティーナ)、フォベール(ASローマ)、シャマク(トゥールーズ、プレミアリーグ)など放出の話は今のところ進展はないようです。

FC2 Blog Ranking

ローラン・ブラン "私はオファーを待っていた"

興味深いローラン・ブランのインタビューを見つけたので紹介します(一部省略)。
システムよりまず選手ありき、という感じでしょうか。


ローラン・ブランさん、あなたの引退(2003)からこのような監督のチャンスを待っていましたか?

Laurent BLANC(以下LB): 私は長い間、今回ボルドーから受けたようなオファーを待っていた。選手としてのキャリアを終えた時からサッカー界に残ることは決めていた。監督業はとても難しい仕事だが、どんなクラブでも引き受けたかったわけではない。最もふさわしいクラブに返事をしようと決心した。5つか6つの候補のなかでそれはボルドーだった。野心的な決断をしなければならなかったし、それはうぬぼれではない。もしここで監督になるチャンスがなかったなら、現実的に他の方向に進まなければならなかっただろう。


監督免許はあっても、経験が不足していることは障害にならなかったのですか?

LB: 4年の間に監督とクラブ経営者の資格試験を受けた。その間にオファーいくつか受けたが、いろいろな理由でそれを断った。私の経験不足に対する議論にには刺激を受けはじめていたよ。彼らの言うとおり私には経験がない。経験豊富な副監督のジャン・ルイ・ガセ(モンペリエやカーンなどの監督経験あり)とともにすすむ道を選んだ。


チームの選手編成に関する最重要事項はなんですか? 特にチームを出ようとしているマヴバやフォベールに関しては?

LB: すべてのいい選手は歓迎だ。マヴバやフォベールはとてもよい選手だ。彼らがいればとても良いシーズンをおくるチャンスを得るだろう。まずは多くの選手が我々のチームに残留できるよう努力する、それが現在の心境だ。選手獲得も重要だが、チームを作り変えることはしたくない。成績をみればわかるようにボルドーはとてもいいチームで、その中にはもうすでに移籍を決めている選手(ダルシュビーユ、シド)、移籍元へ帰る選手(エナカルヒレ)、深刻な怪我を抱えている選手(エンリケ)がいる。これらのことを考えながら、チームのクオリティーを修正していくつもりだ。


ボルドーは守備的すぎるとの批判がありました。どのような戦術、システムをとるつもりですか?

LB: すべての戦術に対して心を開いている。厳しいシステムを敷かない監督になるつもりだ。私のキャリアの中で、クラブにきてまだ選手のことを知らないうちから“4-4-2か3-5-2で行く”と言った有名な監督達を知っている。しかし選手達がシステムと合わない能力を持っていたときには、そのような方法は失敗だった。私は試合の中で選手を良く理解し、オプション、選手の選択を変化できるようにしたい。そのうえで興味深い戦術を提案すること、それが重要で能率的だ。


どのような監督に影響され、インスピレーションを受けましたか?

LB: 自分にとって理想的な監督とは、各選手のベストを引き出すことのできる監督だ。そして良い監督はそれができて、さらに試合中やシーズン中における悪い時期を抜け出す能力を持っている。私はこの2つの能力を持っている監督を知っている、特にマルチェロ・リッピやサー・アレックス・ファーガソンがそうだ。


ボルドーに掲げられた目標はチャンピオンズリーグ出場です。就任1年目で達成できると思いますか?

LB: それを実現するのはとても難しいことだ。目標はそれだけではないし、またCL出場のことを考えると気が狂いそうだ、リヨンは必ず3位以内に入ってくるだろうからCLへの椅子は2つしかない。でも今はそのことに固執してはいない。最初の目標はまずチームについてもっとよく知ることだ。

デジカメ買いました

そういえば、一時帰国中にデジカメ買い替えました。
今まで使ってたデジカメの液晶が壊れたのです。
液晶がないほうが意外といい写真がとれたりするのですが、やっぱり不便なので。

新しいのはパナソニックの光学10倍レンズのやつです。
スタンドから選手の写真を撮ろうと思ったらやっぱこのくらいじゃないとね。
値段は42000円くらいだったかな、高性能の割にはそれほど高くなかったです。
というか知らない間にデジカメすごい進歩してるんですね、びっくりしました。

これで今までのようなしょぼしょぼの写真じゃなくて、美しいのを紹介できます。

新監督決定!

つい数時間前、新監督が決定しました。
元フランス代表DF、98年ワールドカップ優勝メンバーのLaurent Blanc(ローラン・ブラン)氏、41歳。
その手腕や戦術についてはまだ不明です。
デシャンの名前も挙がっていたようですが、契約金が高い、気むずかしいということで実現はなりませんでした。

ブランはボルドーをどんなチームにしてくれるのでしょうか?
監督が替わったことで移籍市場にも変化があるはず、これから要注目です。

リカルド監督モナコへ

移籍関連のフランス語記事を読んでいると、ただの噂なのか、ほとんど決まっているのか、それともすでに決まったことなのかなかなか判断がつきにくいのですが、リカルド監督の移籍は決まってしまったようです。
今日(6月6日)付けのネット記事によると
"リカルドは昨日の夜からもうジロンダンの監督ではなくなった。そして来季のモナコ行きはもう公然の秘密でもない・・・"

気になる後任は、いろいろな名前があがっています。有名どころではデシャンとかパパンとか。
それにしてもどうなってしまうのでしょうか?戦術もシステムはどう変わるのでしょうか?
ミクーやカベナギが輝けるようなチームになって欲しいです。


ボルドーに帰ってきました

一ヶ月弱の帰国を終え、やっとボルドーに帰ってきました。
ブログもさぼりがちになっていましたが、これからまた頑張って更新していきたいと思います。

CL出場権を逃したおかげで、いろいろ移籍の話が出ているみたいです。
シーズン中から噂のあったマヴバやフォベール、シャマクだけでなく、プラニュスやラメに移籍の話があります。そして最近になってリカルド監督モナコ行きという報道も出てきました。
獲得の話もいろいろですが、噂があがっている中で是非獲得して欲しい選手はナントのシニョリーノ選手でしょうか。堅実なDFラインの補強をしてもらいたいものです。

ランスからレンタルしていたジュシーの完全移籍が決まりました。あとFWで残るのが確実なのはカベナギだけ。ダルシュビーユはレンジャーズと4年契約、ペレアも出て行くでしょう。噂になっているロリアンのジニャックはなかな良い選手なので来てくれるとうれしいです。

連日のように移籍話は更新されているので、またこのブログで紹介していきます。

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。