2007-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38e journee, Toulouse - Bordeaux

Toulouse 3 - 1 Bordeaux
やっぱり・・・

トゥールーズ躍進の立役者、エルマンデルにハットを決められちゃいました。エルマンデルは年間通じて活躍しましたね、ボルドーにもこんな選手ほしいです。これでボルドー勝ち点57、得失点差で6位、トゥールーズは大逆転で3位となりCL出場権を得ました。

結局ボルドーには実力が足りませんでした。選手層の薄さ(特にDF)、決定力のなさ、CLレベルには達してないです。CL出場を逃したことである程度選手は流出するかもしれないけど、いい補強をして来季はリベンジしてほしいです。そしてUEFA Cupも上位までくいこんでもらいたいものです。
スポンサーサイト

マヴバ君、代表メンバー落ち

ユーロ2008予選(6月2日ウクライナ戦、6月6日グルジア戦)の代表メンバーが発表されました。
人材不足のSBにはSagnaが初選出。怪我がなければFaubertにもチャンスがあったと思います。
NasriやBenzemaなどの若手も引き続き選出されています。

Mavuba君は選出から漏れてしまいました。最近スタメン落ちしてたから仕方ないですね。
これで噂されている移籍の話が加速しないことを祈ります。
アーセナルには行かないとのことですが、今度はデシャン率いるユベントス入りの話が出ています。

またEspoir(フランスユース代表、2009ユーロ予選ルーマニア戦)にはMarangeが選出されました。

最終戦ピンチ

怪我人が続出しているようです。なんと7人!
エンリケ、フォベール、エナカルヒレ、ジュリエッティ、カベナギ、シド、ヴェンデル(風邪)

もしこの人達全員が最終節に出場できないとしたら、本気でDF足りません。
フェルナンドをCBでだすか、ダルシュビーユをSBで使うか(途中出場でSB入ったことあり)、
それとも若手を引っ張ってくるか。

厳しい布陣になりそうです。

37e journee, Le Mans - Bordeaux

Le Mans 1 - 1 Bordeaux

久々の試合出場となったペレアが後半23分に同点ゴールを決めてくれたようです。(アシストはヴェンデル)
それにしてもリカルド監督、いままでほとんど戦力外だったペレアをどうして先発出場させたのでしょう?グラスゴーレンジャースへの移籍が決まったダルシュビーユをベンチから外したのは理解できるけど、シャマクだってカベナギだっているわけだし。ネット上でペレアの起用理由を調べたけど見つかりませんでしたし、もちろんあたらないスタメン予想にも名前はありませんでした。よっぽど調子が良かったのでしょうね。試合を見てないからなんともいえないけど、リカルド監督の采配に拍手です。

ルマンの先制点はエナカルヒレのまずい守備からうまれたようです。フォベール、ジュリエッティを怪我で欠いて少しプレッシャーがかかっていたのでしょう。

われらがミクーは後半0分からの途中出場でした。前節で太ももを痛めていたから先発落ち、と好意的に解釈しときましょう。出来がどうだったのかが気になります。

気になるCL出場権争いですが、マルセイユがサンテティエンヌに勝ち、ランスがニースに引き分けたので、マルセイユの2位が確定しました。フランスカップ決勝で悔しい敗戦を喫したマルセイユでしたが、やはり実力は本物ですね。これでリベリも心置きなく移籍できるでしょう。
ボルドーはランスと勝ち点で並んでいるものの、得失点差で4位、すべては最終節、トゥールーズ戦にかかっています。
Allez Bordeaux!

36e journee, Bordeaux - Nantes

一時帰国で今、名古屋にいます。
時差ぼけが人よりきついほうで、結構つらいです。
さて、気をとりなおして観戦記をかくことにします。

nantes1

キックオフは夜8:30、まだ陽は落ちてません。目の前の親子、ナントサポーターでした。

スタメンはシャマク、ジュシーの2トップ、マヴバとフェルナンドのダブルボランチでミクーは左サイドに入りました。

前半早々からゲームは完全なボルドーペースで攻めたおしました。
ミクーは左サイドほったらかしでほぼトップ下状態。
それにしても今日のミクーは輝いていました。彼らしい好パスを連発してくれました。
そのミクーを陰で支えてたのはジュシーです。ミクーのカバーで左サイドに入ったり、ボランチの位置まで下がったりで、派手な活躍はなかったけれども勢力的に動きまわってくれました。
それに加えてアロンソは多分今まで見た中で最高の出来。フォベールとの右サイド俊足コンビで何度もチャンスを作りました。

こんなによかったのにどうして負けてしまっちゃったのでしょうか?

今節のダメダメ、その1
・ シャマク
フリーで抜け出してもなぜか減速してしまいます、この人。足元があまりいけてないのは分かってるんだけど、決定機を潰しすぎ、でした。

今節のダメダメ、その2
・ PK失敗
前半16分でしょうか、シャマクとアロンソが続けてGKに倒され、アロンソが得たPK。フェルナンドのキックは無情にもGKにはじかれてしまいました。
Nantes2

このときは、"今日は0-0という最悪の結果になるかも"なんて思っていました。当然負けるなんて露とも思ってませんでした。


今節のダメダメ、その3
・後半の選手交代
後半10分過ぎ、カベナギが監督に呼ばれ場内大声援。こりゃシャマクと交代かなと思ってたらなんとあんなによかったアロンソと交代。
今節は「とりあえずシャマクにロングボール」というボルドー得意(?)の戦法にこだわらなくてもよかったのに・・・。さらに楽しいプレーをしてくれていたミクーを下げてヴェンデル。
これで逆にリズムが悪くなり、結局”得意戦法”に頼らざるを得なくなってしまいました。


しかも後半28分フォベールが負傷退場。
そして足が完全に止まってしまった後半34分、ナントのもっさりしたカウンターにやられちゃいました。右サイドのジュリエッティがあっさり破られてセンタリングからオリシュに決められました。フォベールがいればこんなことにならなかったはずなのに・・・。

カベナギの幻のゴールなどもありましたが、結局0-1で終了。
ホイッスル時、一旦はブーイングでしたがホーム最終戦ということもあって、みんなスタンディンングオベージョン。マヴバ君はスタジアムを一周してくれました。来季も残ってね、マヴバ君!

これで4位、CL出場厳しいです。
一方勝ったナントも降格決定。
口惜しいです・・・

ホーム最終戦・・・

FC Girondins Bordeaux 0 - 1 FC Nantes

なにやっとんじゃあああああああ

詳しい観戦記はまた後日・・・

あさって出国

あさって出国します。

明日の夜、ホーム最終戦をスタジアム観戦する予定なので大忙しです。
観戦記は帰国後ゆっくり書くことになりそうです。
L'EQUIPE紙は空港で買えると思います。帰国後もL'EQUIPE紙を買えたらうれしいけど、大きな本屋さんでも売ってないかもしれませんね。

相手は43年振りの降格が決まりかけている名門ナント。
ちょっと無理矢理っぽいけど"大西洋ダービー"です。
ベンチ入りメンバーは
Le groupe : Rame, Valverde - Faubert, Enakarhire, Planus, Jurietti, Marange ? Alonso, Dalmat, Fernando, Mavuba, Micoud, Smicer, Wendel ? Cavenaghi, Chamakh, Darcheville, Jussie, Perea.
久しぶりにダルマとペレアが入りました。
ボルトンへの移籍が決まっているシドはやはりベンチ入りせず、前節同様CBの控えなしで望みます。
(当てにならない)スタメン予想にはシャマクとダルシュビーユの2トップをなっていますが、どうでしょうか? シャマクとカベナギで来るような気がします。
ジュシーは疲れがたまっているんでしょうね。前々節は足がつって途中交代してたし、前節はみてないけど酷評されていました。
一方ナントは退団表明したバルテズはもちろんいません。ル・マン戦で怪我したと報道されたシニョリーノはベンチ入りしてます。

4位のマルセイユが勢いにのっているだけに、明日勝ち点3がとれないようだとCL出場権(3位以内)はかなり難しくなります。
実力的に厳しいことは分かっているのでUEFA Cupでもいいけど、やっぱりCLに出て夢をみさせて欲しいものです。

松井はキツネ

Matsui, le renard
L'EQUIPE紙の小見出しです。
le renardはキツネとかキツネみたいにずる賢い男、っていう意味みたい。
得点を決めたし、いい意味で使われているはずなんだけどなんか不思議です。
採点は6点で「ずる賢くゴールした、とても攻撃的だった」と評されています。

Girondinsのほうはというと
         Jussie(3) Chamakh(5.5)
  Wendel(6)             Alonso(6)
     Micoud(6.5)    Fernando(5.5)
Jurietti(5.5)  Enakarhire(6)  Planus(7)  Faubert(6)
          Rame(5.5)
Rempladements:
68e: Jussie par DARCHEVILLE 73e: Wendel par MAVUBA 86e: Chamakh par OBERTAN

Micoud の評価も上々で安心しました。いいシュートを放ち、FKはバーを叩きました。

最後にマヴバ君のインタビューが載っていたので紹介します。
(相変わらずしょぼい和訳ですが・・)

引き分けで後悔しているかい?
ちょっとね。勝ててたと思うよ。いいシュートが2本あったしね。これでランスと勝ち点に並んだね。
今のボルドーは他のチームのことを考えずに、突き進まないといけない。気を緩めたら行けないし、残り3試合中2試合残っているアウェー(対ル・マン、トゥールーズ)も勝ちに行かないといけないと思う。

この数試合でのチームの変化についてどう思う?
今は週一度の試合しかなくてフィジカルの面でうまくいっている。このリズムでよくなってきている。

最近ベンチスタートだけどどうやってモチベーションを保ってるの?
スタメン選手の選択は監督がすることで、それには敬意を払っている。自分には何も言うことはないよ。僕たちは目標に向かっている集団だからね。
フランス代表として2試合を戦ったけど、常にボルドーとともに走ってきた。他のチームがもたもたしているのでまだ夢を見続けることができてるんだ。

ボルドーがCL出場権を確保することは君の将来に影響する?
そうだね。まだ自分の将来について幹部と話し合っていないけれど、CLに出場できるかどうかは重要な要素だね。

水曜日はホーム最終戦、相手は最下位のバルテズなきナントだけに勝ち点3は必須です。

35e journee, Rennes - Bordeaux

アウェーということでラジオ(そんなには分からない)&インターネットで経過チェックしました。
結果は予想通りの0 - 0でした。

これで7試合連続で無失点。
ランスが勝ったので得失点差で3位になったけど悪くないと思ってます。
ミクーもボランチで出場したし、いいFKを蹴ったみたいです。
なによりもラジオでいっぱいミクーの名前が出てきました!

後半はボルドーペースだったようですが何しろよく分からないので。明日テレビでダイジェスト見て、それから新聞を買いに行きます。
ミクーの評価、どうかなあ?
あとLe Mansの松井が久々の先発出場で得点をあげたみたいです。
またこのブログで松井の分もL'EQUIPE紙の採点を紹介しますね。

一時帰国します

仕事の関係で5月10日から約3週間ほど一時帰国します。
CL決勝だけは日本に帰っても気合いで起きて見るつもりだけど、UEFAカップ決勝とかフランスカップ決勝は見れません。
さらに日本の高校野球放送並みに1日中やってるフレンチオープンテニスも観れないなんて悲しすぎる、この時期には帰りたくなかった・・・。

ジロンダンのほうは出発前夜にホーム最終戦を観に行きます!!!(チケットはもう買っちゃいました)

さて明日のレンヌ戦のベンチ入りメンバー
Le groupe : Rame, Valverde - Enakarhire, Faubert, Jurietti, Marange, Planus -Alonso, Fernando, Mavuba, Micoud, Smicer, Wendel - Cavenaghi, Chamakh, Darcheville, Jussie, Obertan.
とあるサイトのスタメン予想
L’equipe probable : Rame - Faubert, Enakarhire, Planus, Jurietti - Alonso, Fernando, Mavuba, Wendel - Jussie, Chamakh
ミクーの名前がない・・・
確かにボランチにはマヴバを使った方が確実に勝ち点はとれるとは思うけど、左サイドで使うとかいろいろあるでしょ、リカルドさん!
ちなみにジェマリは前節のレッドで2試合出場停止処分だそうです。

バルテズ退団へ

「ファビアン・バルテズ退団へ」、最近テレビでもこの話題でもちきりです。

現在最下位、前節でホームでレンヌに2失点で敗戦を喫しL1残留が厳しくなったその夜、事件は起きました。バルテズが愛車ポルシェでスタジアムの駐車場から出ようとした際、セキュリティーが施されていたにもかかわらず一部のサポーター集団が入り込み、彼の車を遮って止めボンネットやルーフに乗ってポルシェを足でボコボコにしました。彼も車を出て応戦したようですが、助手席には誰か家族が乗っておりかなり怖がっていたみたいです。
この時点でRudi Roussillion会長のコメントが公表されました。かなり動揺し、傷ついていたというバステズはすでに家族とともにナントを去ったとのこと。
その後、電話インタビューで自身や家族の安全が確保出来ないことを理由に「もうナントには戻らない」と語りました。

確かにナントは失点が多かったですが、もちろんこれは彼だけの責任ではないですし、バルテズは何度もスーパーセーブを見せてきました。このような形でチームを去らなければならなくなったのは悲しいことです。


Lens戦の採点(L'EQUIPE紙)を載せておきます。
        Chamakh(7) Jussie(7)
 Wendel(6.5)               Alonso(non note)
       Micoud(5.5)  Fernando(5.5)

Jurietti(6)    Planus(6)  Jemmali(non note)   Faubert(7.5)
           Rame(6)

Remplacement:
42e: Alonso par Enakarhire(5.5) 59e: Micoud par Mavuba 69e: Jussie par Darcheville

リカルド監督コメント
「よく組織され、素晴らしいプレーを見せた最高の勝利だ。なんて安定したチームなんだ! 後半はより守備的にならざるを得なかったが、われわれは興味深いプレーをみせることができた。この勝利はとても大きい。負けていたら我々は終わっていた。だからこの結果にはとても満足しているが、単にCL出場権争いに残っただけにすぎない。ランスの場合は我々と違って、今回負けたからといって脱落したわけではない。」

Faubertの7.5点はうれしいですね。試合展開上ほとんどオーバーラップできなかったので、守備だけでこの評価をいただきました。
次節はアウェーでやっかいな相手、レンヌです。
勝ち点1でいいから稼いで欲しいです。(勝ちなんかしたらお祭り騒ぎです)

«  | HOME |  »

プロフィール

ken

Author:ken
FC Girondins de Bordeauxをこよなく愛しています。
ボルドー応援記だけでなく、自分のフランス語勉強を兼ねてジロンダンのニュースや選手のインタビューなども紹介しています。
一部不適当な翻訳があるかと思いますがご了承下さいませ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。